「雅竹」のおむすび篭

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「雅竹」のおむすび篭

雅竹の竹細工0820-008
↑ 大分県の竹細工工房「雅竹」のおむすび篭です~。

もともと李先生はこのような竹細工が好きだったのですが…。先月末にダムル工房に修行にいらした新潟のIma氏がこの工房のお弁当箱をお土産に買ってきてくれたことがキッカケになり、話が始まります。

雅竹の竹細工0820-009
雅竹の竹細工0820-010
↑ 竹の皮におにぎりを巻いて持ち歩くようです~。

そのお弁当箱のなかに作品紹介のリーフレットが入っていたらしく、それでこの「おむすび篭」を知って、ひと目惚れしたんだとか…。その後、この「雅竹」工房が日本の何処にあるのかを調べてみると、大分県ということが分かり、大分のhyanri氏に購入をお願いします。

雅竹の竹細工0820-013
↑ 竹の皮も一緒に販売していたので購入をお願いしました。

こちらとしては、あまり何も考えず大分県の工房なら、大分県のお店で簡単に買えるだろう??と安易な考えからの依頼だったのですが、購入は難航を極め、最終的にはhyanri氏たちに工房まで出向かせてしまったようで…(汗)。本当に申し訳ありません…。

購入の詳しい経緯については、hyanri氏のブログにあるので是非ご覧ください~。
↓  ↓  ↓  ここをクリック!!
hyanri氏のブログ「別府の竹細工」

ついでに運び屋として巻き込まれたsono氏も同行したようです~(苦笑)
↓  ↓  ↓  ここをクリック!!
sono氏ブログ「大分グルメ&ショップ情報」

雅竹の竹細工0820-011
雅竹の竹細工0820-012
↑ 結ぶとこんな感じ…。うん、確かに可愛い!!

今回、修行&買出しのためソウルにやって来たsono氏に運び屋をお願いし、海を超えて無事到着~!!皆さん、色々ご協力有難うございます~。

雅竹の竹細工0820-006
↑ さらにsono氏はお土産として備長炭ボールなどというものも持ってきてくれました!!

これ、竹細工の中に備長炭が入っているんですけど、振ると鈴のような爽やかな音が鳴るのです!!備長炭がこれほど涼やかな音色を出すとは…、幽は全く知りませんでした。この炭をどうやって竹ボールに入れたのかなぁ~??

雅竹の竹細工0820-007
↑ 用途としては写真のように部屋に飾り、消臭剤やインテリアとして使うそうです~。

sono氏~、繊細でかさ張る荷物を持って、はるばるソウルまで来てくれてご苦労さまでしたぁ~。

雅竹の竹細工0820-014
↑ 一緒に持ってきてくれた工房のカタログには、実に様々な竹細工が載っていて見ているだけで飽きない…と、李先生が大喜びしています~。通販が基本の工房らしいので、是非関心のある方は訪問してみてください。

↓  ↓  ↓ こちらをクリック!!
「雅竹」のホームページ

雅竹の竹細工0820-005
↑ 先週のshiba氏に引き続き、今週はsono氏がダムル工房に訪問です~。到着するやいなや、荷物をほどくより先に工房での修行とは…(苦笑)。はぁぁ~、本当に皆さん、熱心だ…。

幽も仕事帰りに合流したところ、李先生とsono氏は以前このブログにも書いたことがある「ナジュコムタン」のお店で夕食を食べることにしたとかで、皆でLet's Go!!

雅竹の竹細工0820-004
↑ 店内のようす~。

雅竹の竹細工0820-001
↑ こちらは看板メニューのコムタン!!sono氏~、しっかり食べて1週間、頑張って下さい~。

雅竹の竹細工0820-002
雅竹の竹細工0820-003
↑ 幽はコムタンではなく、トガニタン~!!これも久しぶりだぁ~、嬉しいな!!

ソウルでは相変わらずぐずついた天気が続いていますが、夏ももうちょっと!!体調をしっかり管理していきましょう~!!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/08/20 10:47 ] 韓国料理 韓国グルメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。