踏十里古美術商街へ

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

踏十里古美術商街へ

踏十里古美術商街007
↑ 踏十里古美術商街の5棟です~。こちらは中国古美術のエリアみたいだねぇ~。

世間は立秋を迎えたそうですが、まだまだ暑さが続きますねぇ~。けれどもこの猛暑のなか、兵庫のmori氏に連れられて、やって来ました踏十里古美術商街~!!

踏十里古美術商街001
↑ 先ずは地下鉄5号線の踏十里駅、1番出口で降りてください。

幽が以前ここへ来たのは、まだ韓国へ留学する前の1996年の夏でした。確か知り合いが韓国観光公社の旅行ツアー企画公募で最優秀賞をもらった…とのことで、どんなツアーかな???と思って参加したんだっけ…。

懐かしいなぁ~。あの頃はまさかソウルで自分が生活することになるなんて、爪の先ほども思ってなかったっけ…(←遠い目…)。

踏十里古美術商街002
↑ すぐにこんな看板が見えるので迷うことはありません~

踏十里古美術商街003
↑ 目を転じるとすぐに窓戸などが建物の外に所狭しと並べられています~。

その時はマイクロバスでこの古美術商街に乗りつけ、色々骨董品を見てまわり、周りに煽られ華角細工の定規を買ったんだった…。当時でも結構なお値段だったのに、きっと実家の何処かに眠っていて全然活用されてない!!いやはや、道具が泣くね~、モッタイナイ…。

踏十里古美術商街004
↑ 5棟は中国古美術エリアのようで、外にはこんなに大きな陶磁器も…。

しっかし今回地下鉄で16年ぶりにまたやって来ることになるとはなぁ~、自分でも驚きデス…。

んで…、何でこんなマニアックなところを??ってな感じですが、ここは2012年3月10日、NHKのBSプレミアムで放映された『恋する雑貨~ソウルで素敵を探す~』の中で、野村佑香さんが訪問されたってことで、現在日本人にとても人気のスポットになってるんですってぇ~。ふぅ~ん…、へぇぇぇ~。

↓  ↓  ↓  ここをクリック!!
『恋する雑貨』スタッフブログ

何しろ16年ぶりなので、1棟~6棟までズラァ~ッと並ぶ何処にチョガッポなどが売っているのか検討もつきません。とりあえず一番近くにあった5棟に入ってお店の人に「チョガッポとか買いたいけど何棟に行けばいいですか??」って聞きました。

踏十里古美術商街005
踏十里古美術商街006
↑ ここは5棟の中です~。中国古美術がいっぱい~!!この鳥かご可愛いな~。

そしたら相当数の日本人がここへやって来ているらしく、全員チョガッポなどの布物目当てが大半を占めるため、お店の人も慣れたものです…。すぐに「そういうのは、ここじゃなくて2棟に行けばあるよ。」と教えてくれました。…というわけで2棟へGO~!!

踏十里古美術商街008
↑ 炎天下のなか歩くこと100M??すぐに2棟へ到着~。外観の写真を撮っていると、これまた皆が「チョガッポ買いに来たの??それはここだよ。中にいっぱいあるよ。」と教えてくれます…。どんだけ来てるんだ??日本人…(笑)。

踏十里古美術商街009
↑ 2棟の中に入ります~。お??5棟とちょっと売ってるものの種類が違うね??

踏十里古美術商街015
踏十里古美術商街016
踏十里古美術商街017
踏十里古美術商街018
↑ ふむふむ…。廊下に並べられているのも5棟と違って生活用品って感じかな??

けれども2棟に入ったら入ったで、何処がNHKの訪問した店か全く分かりません。とりあえず適当に店の人らしき人たちに聞くと「そこは155号だけど、うちにもチョガッポあるよ。見ていって…。」と勧誘されます。折角なので他のお店も訪問します~。

踏十里古美術商街010
踏十里古美術商街011
踏十里古美術商街013
踏十里古美術商街014
↑ ここは100号の「ナムガン(남강)」というお店です~。ここにもチョガッポ、沢山ありましたよぉ~。

踏十里古美術商街019
↑ 次も155号を探してウロウロ見物していたら、「うちもそこと同じところから仕入れているんだから、商品は同じだよ??見ていってよ。」と言われて、またフラフラと寄り道します~(笑)。ちなみにここは159号の「ソンファル(송화루)」という店です~。

踏十里古美術商街021
踏十里古美術商街020
踏十里古美術商街022
踏十里古美術商街025
踏十里古美術商街026
↑ うん、ここもさっきのお店とほぼ同じ品揃えですが、ディスプレイが素敵…。チョガッポも沢山あります。値段も全く同じで大きな作品は1枚6~7万ウォン。仁寺洞と比べると7~8分の1の値段なんだよねぇ~。ビックリ…。

それで何故こんなに安いのか??と聞くと、もともとこの棟で並べられているチョガッポ作品は全て中国から仕入れているものなんだとか。けれども作っているのは中国人が委託した北朝鮮の女性たちで、非常に手間賃が安いからこの値段に出来るんですってぇ~。知らなかったなぁ~。

踏十里古美術商街027
↑ でもよく見てみると縫い目が本当に雑…。これは展示会には出せないレベルだね…。それでも逆に普段使いならこれくらいの方が思い切って使えるからいいかもね…。

だって素晴らしい作品に醤油こぼしたり、コチュジャンこぼしたりなんて、もったいなくてできないじゃないデスカ…。手間隙を考えず、日常使いでチョガッポらしさを堪能するにはこれぐらい雑なほうがいいかもしれない~(笑)。

踏十里古美術商街023
踏十里古美術商街024
↑ Jun氏はここで結構素敵な色使いのコースター1枚3000ウォンをお土産用で10枚購入です~。この種類は仁寺洞では見なかったとかで、嬉しい~っとのこと。いいもの、見つかってヨカッタね…。

踏十里古美術商街028
↑ さて、いよいよお目当てのNHK出演の店、155号の「香美堂(향미당)」に到着~!!これまで他の店には人っ子ひとりいなかったのに、このお店だけ既に3組の日本人女性たちがお買い物にいそしんでおりました…(爆)!!NHKの効果はやはり、スゴスギマス…。恐るべし!!

踏十里古美術商街029
踏十里古美術商街030
踏十里古美術商街031
踏十里古美術商街032
踏十里古美術商街033
踏十里古美術商街034
踏十里古美術商街035
踏十里古美術商街036
踏十里古美術商街037
↑ 店内の様子~。うん、確かにチョガッポ商品は他の店と大差ないね。それなのに日本人全員、この店だけに集まって来るとは…。何故??ま、値段も商品も全く同じなら「NHKで放映してきた店に行って来たよ!」って話のネタになるからかな???

でも私たちより先に来ていた日本人の方々の購買意欲は素晴らしいもので、大体一人20~40万ウォンも色々お買い上げしてたんだよね…。この店、他の店に妬まれたりしないのかな??っと老婆心ながらちょっと心配してしまいました。

けれどもこういう同質商品の密集商店街では、ない商品や売り切れ商品があったりすると周辺の店から買って持ってくるから、お互い持ちつ持たれつ…でいいのかなぁ~???

踏十里古美術商街039
↑ mori氏も普段使いのチョガッポを購入したいとのことで、色々商品を物色します~。

踏十里古美術商街040
踏十里古美術商街041
↑ 値段がお手ごろなので、どうしても縫い目が粗すぎたり、汚れや穴が開いていたりするので、厳しい目で商品を厳選していきます~。う~ん、さすがデス!!

踏十里古美術商街042
↑ ちなみに番組に出演された店主にNHK出演の経緯を聞くと、昔からこの店は良心的な値段で商売していたこともあり、日本の雑誌に色々紹介されていたんですって…。それを見た番組スタッフからある日突然連絡が来て、お店を撮影させてくれないか??ってオファーが来たんだとか…。

踏十里古美術商街043
踏十里古美術商街044
↑ 定番の白の次は色物も1枚欲しいな~。

踏十里古美術商街045
踏十里古美術商街046
踏十里古美術商街047
踏十里古美術商街048
↑ やっぱりこういうカラフルなのも欠かせません。こういうところにいると、あれもこれも欲しくなって困ってしまいますね…。

踏十里古美術商街049
↑ NHKに出演してから、日本人の訪問客がひっきりなしに来るので、今年は夏休みも早々に終えて仕事漬けの毎日なんだそうです。嬉しい悲鳴をあげているとのこと…。

撮影した時はここまで日本人がやって来るとは思わなかったんですって!!店主も日本人のチョガッポ人気に驚いていました。今年はほとんど休みなしで営業することになってちょっと大変らしいけれど、売り上げが伸びて嬉しいそうです。

16年ぶりの踏十里古美術商街訪問は、あらためてNHKの影響力の大きさを再認識することになりましたぁ~。でもとても面白い体験でしたヨ!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。