チョガッポの皿

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チョガッポの皿

チョガッポの皿製作001
↑ 鳥取のJun氏がチョガッポ模様の韓紙工芸皿を製作しました!!すっごく幽の好きな色合いで、素敵な作品ですね!!

チョガッポの皿製作003
↑ 先ずは糊を作ります~

チョガッポの皿製作002
↑ 糊は既に練られた糊もあるのですが、Jun氏が今回使ったものは粉状の澱粉糊で、水に溶かして使います。はじめはダマになって使いにくいように思うかもしれませんが、時間が経つとダマが消えていきます。この糊は液状のより長く保存できるので、いいですよ。

チョガッポの皿製作004
チョガッポの皿製作007
↑ チョガッポを貼り付ける面だけにペジョプを付けます。

チョガッポの皿製作005
↑ 次は皿を組み立てます~

チョガッポの皿製作006
チョガッポの皿製作008
↑ Jun氏があらかじめ作って来ていたモシのチョガッポです。

チョガッポの皿製作009
↑ 組み立てたらチョガッポを貼る部分にまた糊を塗ります。

チョガッポの皿製作010
↑ 底にしっかりとチョガッポを貼り付けます。

チョガッポの皿製作011
↑ 貼ったらヘラでしっかりと付けてください。

チョガッポの皿製作012
チョガッポの皿製作013
↑ 次は皿の周囲に色韓紙を付けていきます~

チョガッポの皿製作016
チョガッポの皿製作017
↑ 内側からしてください。

チョガッポの皿製作014
チョガッポの皿製作018
チョガッポの皿製作020
↑ 李先生はもうひとつの皿のお手伝い~

チョガッポの皿製作019
↑ チョガッポのお皿が1つ完成です~。あとは1日ほど乾かして、よく乾燥させたら上からニスを塗ります。

チョガッポの皿製作021
↑ もうひとつも同じ手順で~

チョガッポの皿製作022
↑ 2個とも素敵に完成です!!いやぁ~、この色本当にいいですね!!

チョガッポの皿製作023
↑ ところで話が変わるのですが、Jun氏は今回、飛び入り参加で料理教室だったのでエプロンを持っておらず、李先生から借りていました。

実はこのエプロン、宮中料理研究院のエプロンなんですが、胸のマークが素敵…とJun氏が褒めていたところ、李先生がデザインしたことが判明!!

チョガッポの皿製作024
↑ いやぁ~、見慣れたエプロンだったのですが、まさか李先生がデザインしていたとは…。幽も全然知らなかったのでビックリ…。

ついでに宮中料理研究院のHPにアクセスすると、一番トップページにチョガッポみたいなものが出てくるのですが、これをデザインしたのも李先生だったんだとか…。

いやぁ~、驚きました。宮中料理研究院のHPは中々ためになることも書いてありますので、是非アクセスしてみてくださいねぇ~。

↓  ↓  ↓ ここをクリック!!
韓国宮中飲食研究院HP(韓国語)

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。