料理教室レポート(1日目)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート(1日目)

料理教室20120806-001
↑ 幽です~!!ソウルも連日新記録更新の猛暑の中、ダムル工房には日本人の生徒さんが続々来韓しています~。最近はチョガッポはもちろん、料理教室を希望される生徒さんも増えてきて、またまた料理教室レポートです。

今回の料理教室は、兵庫で韓国料理を教えているというMori氏と、偶然同じ時期にチョガッポ修行に来ていた鳥取のJun氏が飛び入り参加で加わりましたぁ~。

Mori氏は韓国料理教室で教えていることもあって、色々習いたいと希望…。あれこれ料理を厳選した結果、6種類を2回に分けて教えてもらうことに…。ちなみに他の日にも別の料理学校に通う予定とのことで、約1週間の滞在期間は、それはそれは大変な過密スケジュールです!!スゴ過ぎマス…。

ちなみに1日目のメニューは…。夏らしい料理がいい…とのことで、ピョンス、ビビムククス、チヂミというリクエストでしたぁ~。

料理教室20120806-002
料理教室20120806-006
↑ 今回も少人数クラスなので、先ずはまったりと料理の説明をし、早速料理実習を始めます~。李先生が野菜の扱い方の説明もしています~。

料理教室20120806-003
料理教室20120806-004
料理教室20120806-005
↑ 先ずは各種材料を綺麗に洗って下準備です~。

料理教室20120806-007
↑ ピョンスから始めるとのことで、皮を作るために小麦粉を篩にかけます~。

料理教室20120806-008
↑ 次はピョンスの具を作ります~。Jun氏も日本でお料理教室に通っているだけあって、手つきいいですねぇ~。

料理教室20120806-010
料理教室20120806-012
↑ 材料を細かく切って、牛肉のひき肉と混ぜ合わせます~

料理教室20120806-013
↑ よぉ~っく、混ぜます~。

料理教室20120806-014
↑ ひき肉の下準備完成~。

料理教室20120806-015
↑ 日本のお料理教室では「適当量」ではいけないらしく、mori氏から正確な分量についての質問が入ります~。李先生曰く、韓国料理は中々細部まで計量化するのがとても難しい~とのこと(苦笑)。

料理教室20120806-009
料理教室20120806-016
料理教室20120806-017
↑ 次は千切りしたエホバクに塩を振りかけておき、布巾でギュッと水分を搾り出します~。すごい力仕事です~。

料理教室20120806-011
↑ 生シイタケも千切りして、下味を付けます~

料理教室20120806-018
料理教室20120806-020
↑ それらを全部フライパンで炒めて、ピョンスの具が完成です。冷まして荒熱を取りましょう~

料理教室20120806-019
↑ 熱心にメモを取るMori氏~。真剣デス…。

料理教室20120806-021
↑ 次はピョンスの皮を作ります~

料理教室20120806-022
料理教室20120806-023
↑ ピョンスの形は特徴ある四角形です~

料理教室20120806-024
↑ 荒熱を取ったピョンスの具を全部混ぜ合わせます~

料理教室20120806-025
↑ 四角いピョンスの皮に具を詰め込んでいきます~

料理教室20120806-026
料理教室20120806-027
料理教室20120806-028
↑ セッセ、セッセと手を動かして~

料理教室20120806-034
↑ 可愛い形のピョンスが完成~

料理教室20120806-030
↑ 既に具は火が通っているので、皮だけを蒸し器で蒸します~。鍋で茹でても美味しいです。茹でピョンスの方が柔らかい触感になるとのこと~

料理教室20120806-036
料理教室20120806-037
↑ 沸騰して充分に熱せられるまでピョンスを入れては駄目です~

料理教室20120806-031
料理教室20120806-032
料理教室20120806-033
料理教室20120806-029
↑ 次はモドゥムジョン(色々な煎)です~。材料を下準備します。

Mori氏のリクエストは「チヂミ」で、私たち日本人だと、チヂミと言えばお好み焼きの薄いバージョンを思い浮かべますが、チヂミとは「ジョン」の方言なんだとか…。その上、ああいう平たいジョンは市場やお祭りなど、人が多く集まる場合に手間を省くためにああいう形になっただけで、手間ひまを惜しまない宮中料理では「ジョン」はお好み焼きのような形は作らないんだそうです…。

料理教室20120806-035
料理教室20120806-038
↑ 各野菜にピョンスの時も使ったひき肉を詰めていきます~

料理教室20120806-039
料理教室20120806-040
↑ 鉄板にサラダ油を引いて焼きます~。

料理教室20120806-041
料理教室20120806-043
料理教室20120806-042
↑ 色々な種類のジョンをどんどん焼いて~

料理教室20120806-044
↑ モドゥムジョンの完成です~

料理教室20120806-048
↑ 最後にククスを茹でて~、ビビムククスの準備です~

料理教室20120806-045
↑ タレは醤油ベースのユクス~。現在のようにコチュジャンを入れるのは最近になってからの話だそうで、宮中料理ではやはりコチュジャンベースのビビムククスは作らないんだとか…。

料理教室20120806-049
↑ ピョンスも上手く蒸せましたぁ~。ピョンスは夏のマンドゥなので冷やして頂いてください~。

料理教室20120806-050
↑ ジョンも皿に綺麗に盛り付けて~

料理教室20120806-047
↑ 料理が全部完成です~

料理教室20120806-046
↑ ちなみにピョンスは冷たいユクスに入れて、スープ料理として食べても美味しいです~。幽は事情があって2種類しかご相伴に預かれませんでしたが、とても美味しかったです。Mori氏、Jun氏、ご馳走さまでした。

しっかし、ピョンスやジョンは思ったより手間がかかり、予定時間をかなりオーバーしてしまいましたねぇ~(苦笑)。

2日目は本場のキムチ3種類を作ります~。お楽しみに~。

暑い中、汗をかきかきジョンを沢山焼いたので、結構大変でした…ヨネ??キムチ作りも中々体力勝負らしいので、体力を温存しなくちゃ!!デスネ…。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
はじめまして
尹と申します
いつもブログ楽しく読ませて頂いています
今日はお教室の申し込み方を知りたくて、書き込みをさせてもらいました。

一般の者でも参加は可能ですか
どんな教室があるのかも知りたいと思います
出来れば時間があるときに、ブログにまとめていただけたら嬉しいのですが

よろしくお願いしますです!
[ 2012/08/24 02:26 ] [ 編集 ]
はじめまして。
>ユンユンさん

はじめまして。

もちろん一般の方、旅行者の方、短期・長期、どなたでも参加OKです。

各教室への申し込みはこのコメント欄を通じて行っています。この下に「管理者だけに表示を許可する」という欄があると思いますが、ここに必ずチェックを入れてメルアドと希望の教室を明記の上、送信してください。

追ってこちらからご連絡します。

それから、今度ダムル工房の各種教室についての概要を記事にしますね~。ネタの提案、どうも有難うございます(笑)。
[ 2012/08/24 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。