ムウオガリチゲ(무우오가리찌게)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ムウオガリチゲ(무우오가리찌게)

オガリチゲ04
↑ ムウオガリチゲ(切干大根スープ)

オガリ(오가리)とは大根(무우)やホバク(호박:韓国ズッキーニ)などを切り、乾燥させたものをいいます。つまり日本の切干大根です。韓国では白菜キムチを大量につくるキムジャン(김장)などの時期に、大根をキムチとキムチの間に挟み発酵に利用します。そしてキムチを取り出したあとに、残った大根を切干大根にして保存します。

オガリチゲ01
↑ このようなキムチの間に挟んでいた大根を利用して切干大根を作ります~。

大根は対外へ活性酸素を除去してくれる作用があり、動脈硬化を防いでくれるそうです。そのうえビタミンBやCなどの栄養素も豊富でカロリーも少ないため肥満防止にも効果がある野菜です。この大根を干すことで、栄養素がさらに凝縮され生食より沢山摂取することも可能になるのです。今回は昨年の冬につくっておいた切干大根でスープを作ってみました。簡単で栄養価も高いので是非一度作ってみてください。

オガリチゲ02
↑ オガリチゲの材料~

ムウオガリチゲ
オガリチゲ05
[材料] 切干大根、豚のカルビ、ネギ、にんにく、コチュジャン、焼酎、醤油
[作り方] ①切干大根はキムチを作った時に、間に挟んでおいたものを取り出し、一度冷凍してから乾燥させます。これを水にもどすと穴があるす入り大根になります。
②豚カルビにこの切干大根とコチュジャンを入れて、その他の薬味を入れるだけで完成です。肉の臭みを取るために焼酎や清酒を入れるとより美味しくなります。
オガリチゲ03
↑ 材料を入れて煮るだけの簡単料理~

(幽のつぶやき)
何だか荷物整理を全身筋肉痛になりながら行っている間に、もう8月なんですね!!随分お待たせしまして、大変申し訳ありませんでした!!また心機一転して再開していきたいと思います。

しかぁ~っっっし!!最近のソウルは連日30度を超え、とても蒸し暑い…。ちょっと前までは気温が上がってもカラッとした乾いた暑さだったので、木陰に入ればとても爽やか…だった筈なのに???真夏でもカフェの木陰のテラス席などでパッピンスなんかも楽しめた筈なのに???最近はとてもテラス席なんぞでお茶しよう…という気になれませんね…。

オガリチゲ06
↑ Ima氏~、1週間お疲れ様~!!

オガリチゲ07
↑ 引越し作業直前、最後にお会いした時はポソンを作ってましたねぇ~。完成しましたか??

ちなみに突然の引越し騒動でバタバタしている間に、新潟のIma氏が帰国されました!!この後も8月のダムル工房は毎年日本人生徒さんが日本の色々な地域から訪問予定です。韓国は秋夕の大型連休まで、あまり8月はがっつり「お休み!」というイメージがないためなのか、毎年この時期の日本人生徒さんの訪韓ラッシュに驚いています。


オガリチゲ09
↑ 引越し作業中、全身筋肉痛になっているころ、福岡ぱらんまだんのSka氏もソウルへ~。李先生の旦那さまと一緒にソウル郊外のトボン山へ登山に行ったそうです。山頂は下界と違いとても涼しくて快適だったんですって…。いいなぁ~。

オガリチゲ10
オガリチゲ08
↑ ちなみに登山後、旦那さんに誘われ李先生のお宅にもご訪問~。メニューは開城マンドゥやマンゴシュリンプサラダなどでしたぁ~。幽までお土産もらったのに、大量の荷物整理に追われ、時間が取れずにすみませんでした…。次回こそ是非何処かご一緒しましょう!!


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
幽さん、暑い中での作業お疲れさまでした。大変でしたね・・・
あまり無理をされませんように!

先生のお料理、いつも美味しそうです
私に少しでも料理の才能があったら教えて頂きたいのですが・・・皆無ですので、目で楽しませていただきます^^;

そろそろ10月の予定を考えようかと思っています
秋夕の終わった第2週ごろにしようかと思っていますが、ご都合はいかがでしょうか?




[ 2012/08/01 20:40 ] [ 編集 ]
大丈夫だそうデス~
>きんさんへ

有難うございます~。お久しぶりです~!!李先生に確認したところ、OKだそうですよ。今年は10月の第1週目が秋夕ですか…。

お待ちしている…とのことです。ちなみにダムル工房は朝10時から午後6時頃まで何時でも訪問可能ですが、万一のこともあるので、訪問日が確定したらまた教えてくださいね。

この頃はきっともう少し涼しくなっているんでしょうね…。
[ 2012/08/02 02:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。