韓国文化体験教室②

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国文化体験教室②

韓国文化体験0702-01
↑ 今回は前より人数が増えて11名の学生さんと1名の助教さんで12名の訪問です!!今回は11名全員が中国人でした。

本日は建国大学語学堂の留学生たちが韓国文化体験教室にやってきました。前回(韓国文化体験教室①)の時した約束どおりに、今回は自宅の方に招いてチャプチェやトッポッキなどの簡単な韓国料理を振る舞いました。留学生たちは、いつも食べている料理よりも辛くないのに美味しい…と言って、喜んでくれたので、とても嬉しかったです。

韓国文化体験0702-02
↑ 今回は男性の参加者も沢山いました~

韓国文化体験0702-03韓国文化体験0702-04
↑ 皆、楽しそうに沢山食べてくれました~

韓国文化体験0702-08
↑ かなりの大人数だったため、応援を頼みました。手伝ってくれてどうも有難う~

食事の後は、いよいよ手まりを作ります。皆、最初は慣れないようでしたが、しばらくするとすぐにコツを飲み込んだようです。

韓国文化体験0702-05
韓国文化体験0702-06
↑ 男の子も女の子も一生懸命です。皆20代でこれから韓国の大学や大学院に進学する予定なんだそうです。今日、建国大学のデザイン科に見事合格した人もいたそうです。

韓国文化体験0702-07
↑ 男の子もかなり手先が器用です。「このてまりをどうするの?」と聞いたら、「彼女にプレゼントしようかな?」ですって…。ほほえましいですね。

韓国文化体験0702-09
韓国文化体験0702-11
↑ 色々なことを話ながらも集中してやっています。語学堂5級の上級クラスなので、韓国語はとても上手で意思疎通に何の問題もありませんでした。ちなみにクラスに日本人はどのくらいいるのか?と訊ねてみたところ、1~6級まで1クラス15名で2クラスずつあり、そのうちどのクラスにも大体1~3人ほどいるそうです。中国人はどのクラスも半分以上いるそうですが…(苦笑)。

韓国文化体験0702-12
↑ 上手にできましたね!!

韓国文化体験0702-14
↑ 前回も生徒たちを引率してくれた助教さんが…

韓国文化体験0702-13
↑ 大きなスイカを2個も差し入れてくれました!!

韓国文化体験0702-15
韓国文化体験0702-16
↑ せっかくの差し入れなので、皆で食べました。甘くてとても美味しいスイカでしたよ。

韓国文化体験0702-17
↑ ラストスパートです~。皆、お喋りも段々少なくなりましたが…

韓国文化体験0702-20
↑ 見事、全員完成です!!いかがですか??とても上手にできていますよね??

韓国文化体験0702-18
韓国文化体験0702-19
↑ この後は学生たちとの撮影会のように…

今回も留学生たちが楽しい思い出を作れるようにと思いながらやっていましたが、皆、帰り際口々に「とっても楽しかった!!」と言ってくれたのでホッとしました。これから韓国で進学していく学生さんたちですが、頑張って夢をかなえて欲しいと思います。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/07/02 10:49 ] 韓国文化体験教室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。