ダムル工房ツアーレポート最終日

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダムル工房ツアーレポート最終日

工房ツアー最終日-01
↑ いよいよ工房ツアー3日目の最終日~。本日の朝食は韓屋の真横にある伝統茶の店。ここは初日から幽たちも気になっていた店だったけど、まさか朝食を提供しているとは!!

工房ツアー最終日-02
工房ツアー最終日-05
↑ 店内はこじんまりしているけれど、清潔で落ち着いた雰囲気です~。手造りの柚子茶や人参茶などもあります~

工房ツアー最終日-03
↑ テラスには店主手造りの野菜や調味料も置いてあります。

工房ツアー最終日-04
↑ これ、写真では分かりにくいかもしれませんが、壁に垂直にかかっているんです!!面白いアイディア!!

工房ツアー最終日-07
工房ツアー最終日-08
↑ さて伝統茶店で食べられる朝ご飯は~??何と手間がかかりそうな蓮の葉飯です!!朝から豪勢だなぁ~。おかずも様々な山菜で作られ、それぞれ風味が違って美味しい…。何より朝からキムチがない、赤くない食事っていうのが新鮮!!

工房ツアー最終日-06
↑ いただきまぁ~っす!!

工房ツアー最終日-09
工房ツアー最終日-11
↑ 食後はまったりと柿の葉茶~。さっぱりしていてこれも中々イケます~

工房ツアー最終日-10
↑ 2階も見学させてもらったら、何と窓の外は幽たちが泊まった部屋が見える!!正面左側の部屋で2日間お世話になりましたぁ~。

工房ツアー最終日-12
↑ さて食後は荷物をまとめてソウルへ出発~。でもその前に昨日粉青陶芸館で、今日は陶器市がたつよ…と聞いていたので、ちょっと見学に~。でも暑さのため、あまり出店者が集まらず(爆)…。閑散とした陶器市にちょっとがっかり…。

工房ツアー最終日-13
工房ツアー最終日-14
↑ 気を取り直して、隣の陶芸工房を見学してみたり~

工房ツアー最終日-15
↑ そして旦那さんが幽たちが到着する1週間前から滞在していた友人の別荘へ行きます。幽たちも水道工事さえ予定通りに済んでいたなら、本来はここで宿泊する予定でした…。

工房ツアー最終日-21
↑ 田舎なのでひろ~い庭があります…

工房ツアー最終日-22
↑ 庭の片隅には小さな畑も…

工房ツアー最終日-16
↑ サンチュとか唐辛子などを作っているそうです。ご主人も月に何度か訪問して畑仕事を手伝っているそうデス~

工房ツアー最終日-23
↑ 鶏も飼育していました。ここの鶏も大きいデスネ…。まさに別荘で田舎生活満喫って感じなんだなぁ~

工房ツアー最終日-31
↑ ちなみに室内は、ちょっと暗いけどこんな感じです。2階の部屋も似たようなものらしいです。

工房ツアー最終日-17
工房ツアー最終日-18
↑ 別荘のご友人がトマトとアイスを差し入れ…。アイスはソウルと一緒だけど、トマトはソウルで売っているのと違って、真っ赤に熟していて美味しそう~。昨日も市場の野菜みて思ったけど、この地方のトマトって本当に真っ赤に売れていて美味しそうなんだよなぁ~

工房ツアー最終日-19
↑ 歓談しているうちに塀一枚を挟んだ隣りが陶芸工房だとかで、訪問してみようということになり…。すぐお隣りいえども、ぐるっとまわって玄関へ~

工房ツアー最終日-26
↑ 60~70年代の映画に出てきそうな民家の一室がギャラリーになっているのです~。入口も頭を打ちそうな狭さです!!昔の人は体が小さかったんだなぁ~。

工房ツアー最終日-25
工房ツアー最終日-28
↑ 部屋の中には所狭しと作品が!!

工房ツアー最終日-27
↑ しばし陶芸家さん、キムジョンテ氏とまったり歓談していると~

工房ツアー最終日-30
↑ 奥さんがスイカを持ってきてくれました!!さっきトマトとアイスでお腹一杯だったけど、今年初めてのスイカだったので、つい手がのびる~。ここのスイカも甘くて美味しいですねぇ~。

工房ツアー最終日-29
工房ツアー最終日-32
↑ 李先生はビールジョッキが気に入って、家族全員分をご購入~

工房ツアー最終日-34
↑ M氏はひとつひとつ顔が違う豚の置物が可愛いということで、これをお土産に…

工房ツアー最終日-33
↑ Y氏と幽も一輪挿しとアロマポットを購入~。素敵な作品なのに、仁寺洞で買うよりずっとお徳な値段だったんで、つい買ってしまいましたぁ~。

工房ツアー最終日-24
工房ツアー最終日-20
↑ 最後に陶芸家さんと記念撮影~

工房ツアー最終日-35
↑ つい居心地がよくて長居をしてしまい、慌ててソウルへ向かって出発です!!行きと同様、約5時間の道程となります~。ここは漆西サービスエリア~。

工房ツアー最終日-36
↑ ここでタイヤの異変を発見!!タイヤ交換のため30分ほどかかるとのことで、サービスエリアでちょっと遅い昼食を食べることに…。

工房ツアー最終日-41
工房ツアー最終日-42
↑ サービスエリアなので大したものは何もなく、結局ジャジャン麺に…。お味も…、ま、こんなもんデショ…。

工房ツアー最終日-37
↑ 行きも停まった尚州サービスエリア~。チャメを押してますねぇ~。

工房ツアー最終日-39
工房ツアー最終日-38
↑ 行きよりも大量のチャメが売られています!!やっぱりソウルへ向かっているからでしょうねぇ~。

工房ツアー最終日-40
↑ お次は昨年のツアーで途中下車した聞慶セジェのサービスエリア~。

工房ツアー最終日-43
工房ツアー最終日-44
↑ そうだった…、確かに聞慶市の特産品は五味子とリンゴだったっけ…。

工房ツアー最終日-46
↑ どんどんソウルに向かって北上します~。ここは忠州サービスエリア~。

工房ツアー最終日-47
↑ 朝、伝統茶店で購入していた手造り冷凍トマトジュースもようやくこの頃飲めるように~。日本のトマトジュースと違ってさっぱりした甘さで、すっごく美味しかったぁ~。これ自分でも作ってみたいなぁ~。

工房ツアー最終日-45
↑ あまり可愛くないポケモンのバッタもんもいたので、特別出演~

工房ツアー最終日-48
↑ とうとう驪州サービスエリアまで来ました!!ここまでこればソウルまで1時間です~。

工房ツアー最終日-52
↑ 李先生~、長時間運転お疲れさまぁ~。あともう少しでソウル到着ですよぉ~。ヨジュに来ると急に車量が増えて、人々の服装も年齢層も随分変わってきます…。

工房ツアー最終日-50
工房ツアー最終日-49
↑ ちなみに李先生が飲んでいるコーラがロンドンオリンピック用になってました。そういえばもうすぐオリンピック開催ですねぇ~。

工房ツアー最終日-51
↑ ソウル人が「ヨジュ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「ヨジュ米」…。米の産地だから、サービスエリアにも当然のように米の自動販売機が…。

工房ツアー最終日-53
↑ テトラポットの植物も稲ですねぇ~。

そして心配していた渋滞に巻き込まれることなく、ソウル入り!!ソウルに入ると車内で拍手が起きました。本当に李先生、運転大変でしたね。お疲れさまです~。

途中、漢江を渡る時に少々渋滞に巻き込まれましたが、無事午後7時半ころ、まだ明るいうちに解散することができました!!事故も怪我もなく、無事に帰って来れたことが何よりですね!!

以上、2012年のダムル工房ツアーレポートでした!!1週間にわたる長文レポートのご購読、ありがとうございました!!来週からは通常営業に戻りますよぉ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。