ダムル工房ツアーレポート2日目(その2)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダムル工房ツアーレポート2日目(その2)

工房ツアー062202-04
↑ メインイベントの陶芸体験を終えた後は郊外の山中にある食堂に向かいます~。でもその前にこの地域一帯の陶芸品を一同に集めている「金海粉青陶芸館」を訪問することに…。

工房ツアー062202-01
工房ツアー062202-02
↑ 野外展示には登り窯もありました…。

工房ツアー062202-03
↑ 陶芸館の中に入っていくと~

工房ツアー062202-11
↑ 玄関にこんなに大きな壷が!!

工房ツアー062202-05
↑ ロビーにもデカイ茶碗!!陶芸教室の直後ですから、余計にこの大きさの作品を作ることの大変さが分かりますよねぇ~。ところで、この2人の姿を見ていると、つい「〇玉お〇じ」を連想してしまうぅ~(笑)。

工房ツアー062202-08
↑ 李先生も夫婦で「キムチ~」

工房ツアー062202-07
↑ この壷も大きい!!スゴイなぁ~。どうやって作るんだろ??

工房ツアー062202-06
工房ツアー062202-16
↑ 1階はこの地方の陶芸作品が展示されています~。

工房ツアー062202-09
工房ツアー062202-10
↑ 2階は即売店となっていて、この地域の作家さんの作品を購入できるようになっています~。

工房ツアー062202-12
↑ 次は粉青陶芸館のすぐ隣にそびえたつ「クレイアート金海」を訪問~

工房ツアー062202-15
↑ 先ずは高台にそびえる現代美術館から~

工房ツアー062202-13
工房ツアー062202-14
↑ 2012年3月24日~8月12日まで「気韻生動」展が開かれています。韓国の現代アート作家たちが躍動感溢れる立体展示作品を披露していて、なかなか見ごたえがありました。

工房ツアー062202-17
↑ 次は眼下に広がるクレイアート本館へ~

工房ツアー062202-20
↑ 近くから見るとこうなっています~。現在は韓屋模型の展示で、ソウルの北村マウルとか、李先生所属の宮中料理研究院の精巧な模型があって、すっごく面白かったデス!!写真撮影禁止なのが、本当に残念!!この作家さんたちの図録とか作品集があったら是非欲しいなぁ~。ソウルでもこの企画展、やってくれないかなぁ~??そしたら絶対もう一度見にいくのに…。

↓  ↓  ↓ ここをクリック!!
企画展「コンテンポラリー韓屋」紹介ブログ  

工房ツアー062202-18
工房ツアー062202-19
↑ 併設のギャラリーショップで、李先生がお土産を買ってくれましたぁ~。どうも有難うございます!!

工房ツアー062202-28
↑ 色々周っていたら、あっという間に時間が過ぎて、ちょっと遅い昼食に…。金海郊外の山中にある食堂に向かいます~。周りはうっそうとした竹やぶで囲まれた「こんなところに本当に食堂が??」と思う辺鄙な山中に…

工房ツアー062202-22
↑ 本当にポツンと一軒の食堂が!!ここ、絶対車ないとお客さん、来れないよ??

工房ツアー062202-21
↑ 時間も時間だからか、私たちだけの貸切り状態~。室内でも食事できますが…

工房ツアー062202-23
↑ 折角なので、野外で食事をすることに~。涼しい風が吹いてとても気持ちがよい場所です~。

工房ツアー062202-24
工房ツアー062202-25
↑ メインの鶏肉の竹蒸し!!すごく竹の風味があって美味しいんですけど、写真だと今イチ美味しさが伝わらないのが残念デス…

工房ツアー062202-26
↑ 野性味溢れる豪快な鳥料理~

工房ツアー062202-27
↑ 最後には竹ご飯まで~。もうお腹いっぱい食べてしまいました…。

工房ツアー062202-29
工房ツアー062202-30
↑ 食後、ここで飼育している放し飼いの鶏を発見!!ちょっと、檻から出てるんですけど??それにしてもデカイ…。襲われたらかなりの打撃を受けそうな、丈夫な足、鋭い爪もお持ちで…。おそるおそる一枚パチリ…。

工房ツアー062202-31
↑ 満腹のお腹を抱えて、今日は私たちと同じ韓屋に泊まるという李先生たちのチェックインをしよう…ということになり、一旦宿に向かいます~。李先生たちの部屋は女性の空間・アンバンの棟になりました…。

工房ツアー062202-32
↑ 世が世ならこの部屋は女主人の私的空間ということになります。

工房ツアー062202-33
↑ 女性の公的空間・アンバンチェでは何やら行事?が行われており、沢山の人が…。

工房ツアー062202-34
工房ツアー062202-35
↑ さらにサランバンとアンバンの連絡通路では、KBS撮影隊が撮影中でした…。韓服と燕尾服の俳優さんがいたので、朝鮮王朝末期~大韓帝国あたりの時代設定のドラマかなぁ~??しばし邪魔にならないように、撮影を見学します…。

工房ツアー062202-36
↑ まだ陽も高く、お腹も一杯なので、ちょっと運動がてら金海市街地を散策します~。

工房ツアー062202-37
↑ すぐ近くに古墳公園があります。ここら一帯は墓地だったようです。

工房ツアー062202-38
工房ツアー062202-39
↑ ふと見ると、古墳の発掘調査が行われていました。暑い中ご苦労さま~

工房ツアー062202-43
工房ツアー062202-40
↑ 古墳の丘を下りると、そこには等身台よりも大きいブロンズ像の大群が…。伽耶軍を再現したものらしいのですが、それにしても何とデカイ…。これ以外にも道のあちこちに様々なモニュメントが一杯あります…。昨日も思ったけど、金海市は本当に予算が潤沢なんだなぁ~。

工房ツアー062202-42
工房ツアー062202-41
↑ 乗ることができる騎馬まで準備されています~。記念に1枚~。

工房ツアー062202-44
↑ 銅像群のすぐ下には小さな川も流れています~。

工房ツアー062202-45
↑ 市街地散策をするうちに夜も更けてきて、お腹はすいていないけど、とりあえず夜市で賑わう中心街へ行くことに~

工房ツアー062202-48
工房ツアー062202-49
↑ 夕食どうしようかぁ~と話ながら、夜市をブラブラしていますが、お腹が減ってないので中々メニューが決まりません。

工房ツアー062202-47
↑ 普段なら大好きなホットバーですが、今は食指も動かない~

工房ツアー062202-46
↑ おぉ~、食用カエルだ!!うわぁ~、グロイな…。売ってるってことは食べる人がいるってことだよね??う~ん、食べたくはないけど、どんな食堂で調理しているのかな??

工房ツアー062202-50
工房ツアー062202-51
↑ 結局、食事ではなく飲もう…ということになり、焼き鳥の店に~。店に入ってしまってから昼食も鶏肉だったことに気が付き(爆)、鶏肉以外のメニューを探すハメに…。結局コルベンイとえのきのベーコン巻きを頼んだけど、やっぱりあまり箸が進まず、コルベンイはテイクアウトすることに…。お昼ごはんのボリュームがありすぎたからね~。

9時ごろにはまだ若干飲みたらなさそうなご主人を説得し、韓屋に帰宅~。

私たち3人はそのまま昨日もお世話になったカフェに行って、ネットでメールチェックをしたりしていましたが、さすがに疲れてきて寝ることに~。

もう次の日が工房ツアー最終日。楽しい時間は過ぎるのも早いですね~。(3日目に続く…)

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。