ダムル工房ツアーレポート2日目(その1)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダムル工房ツアーレポート2日目(その1)

工房ツアー0622-02
↑ 2日目の朝です~!!天気もよく朝からご機嫌ですねぇ~。前日、友人宅に宿泊していた李先生夫妻のお迎え後、これから朝ごはんを食べに出発~。

工房ツアー0622-01
工房ツアー0622-11
↑ 何でもこの日は金海の市が立つ日らしく、私たちの宿・伽耶苑の門前でも朝早くから市の準備をしていました!!

工房ツアー0622-03
工房ツアー0622-04
工房ツアー0622-05
工房ツアー追加写真0622-01
↑ 朝食は、これも旦那さんが観光案内の方から聞いておいてくれたお店でした。この店は市場で働く人たちに提供する朝ごはんが美味しい店ってことで地元民に愛されているんですって!!確かにパンチャンはどれも美味しいものでしたね~。

工房ツアー0622-06
工房ツアー0622-08
工房ツアー0622-07
↑ 朝食後、朝市で賑わう市場をあれこれ見学しながら、伽耶苑へ一度戻ります~。途中、豆腐や蕎麦ムクを売っている屋台のおじさんに「夜にまた来るね!!」と言ったら、シッケをご馳走してくれました!!さっぱりしてて美味しい~!!

工房ツアー0622-12
↑ 朝食後はいよいよダムル工房ツアーのメインイベント!!今年のテーマは陶芸体験~。

工房ツアー0622-10
↑ こちらの「キルチョン陶芸院」という工房にお願いしました~。

工房ツアー0622-17
工房ツアー追加写真0622-02
↑ 先ずは表の作品ギャラリーのほうへ通されました。本日の陶芸体験の先生であるイ・ハンギル先生の作品がズラッ~と並べられていて壮観!!

工房ツアー0622-16
↑ これ可愛い!!一人用の湯のみと急須がセットになっているんです~。

工房ツアー0622-13
工房ツアー追加写真0622-03
↑ イ・ハンギル先生がご自分の作品で、手ずからお茶を振舞いながら、金海陶芸村の由来などを話してくれました。何でもこの地は鉄分の多い、独特の土が採れることから昔から陶芸が盛んだったそうなんです。

工房ツアー0622-14
工房ツアー0622-15
↑ イ・ハンギル先生と記念撮影~

工房ツアー0622-18
↑ イ・ハンギル先生の略歴。素晴らしい受賞歴をお持ちデス…。

工房ツアー0622-19
工房ツアー0622-20
↑ 美味しいお茶とお話の後は、工房の案内です。ここは窯に入れる前の乾燥部屋~。皆さん、熱心に先生の話に耳を傾けています~。

工房ツアー0622-09
↑ 工房の案内の後は裏口の体験室にまわり、いよいよ陶芸体験の始まりです~。

工房ツアー0622-21
↑ 先ずは手びねり作品から始めます~。イ・ハンギル先生が作り方を説明してます。

工房ツアー0622-22
↑ 土について~。あまり水を使うと窯に入れたとき、割れてしまったりするんだとか…。ちょっと乾いていて、作りにくいかもしれないけれど、それくらいの方がしっかりと焼けた陶磁器ができるんだそうです。

工房ツアー0622-23
工房ツアー0622-24
↑ さて、何をつくろうかなぁ~。とりあえず土を練り練り…。

工房ツアー0622-25
工房ツアー0622-26
工房ツアー0622-27
↑ 次はろくろ作品に挑戦です~。経験者のY氏は手馴れていますね!!先生の助けを借りつつ、素敵な器が完成しました!!

工房ツアー0622-28
工房ツアー0622-29
工房ツアー0622-32
↑ 次は初挑戦のM氏~。最初はちょっと腰が引けていたけれど上手にできました!!

工房ツアー0622-30
工房ツアー0622-31
↑ 次は「手びねり作品だけでいい~」という幽の代わりに、工芸家魂が刺激されたのか、李先生もろくろ作品に挑戦です!!やっぱり何だかんだいって李先生は何か作るの好きですよね~。

工房ツアー0622-33
工房ツアー0622-34
↑ 釘でろくろ作品にダムル工房の名前を刻んでいます。

工房ツアー0622-37
工房ツアー0622-38
↑ そして急に工房で使いたい器を思い出したとかで、猛然と手びねり作品も作り始めています!!完成品はかなり大きな器です。工房の道具入れにでも使うのかな??

工房ツアー0622-35
↑ 経験者のY氏は皆に先駆けて手びねり作品も完成です~。お皿と箸置きですって!!ちなみにこの後は、作品作りが遅れがちな幽の小皿作りを手伝ってもらいました~。Y氏、どうも有難う~!!!

工房ツアー0622-36
工房ツアー0622-39
↑ ここの土は少々固めのため、初心者が扱うには少々難しい土だと思います。でも最終的にはM氏も素敵な器を完成させました。サラダ入れに使うんだそうです~。

工房ツアー0622-40
↑ 以上、ダムル工房ツアーのメインイベント、陶芸体験教室のレポートでした!!

後は乾燥させて、釉薬をかけ、窯に入れて焼き上げます~。完成は2週間後だそうです。どんな釉薬がかけられて、どんな作品が出来上がるか、とても楽しみですね!!幽の小皿もちゃんと焼きあがるかなぁ~、ドキドキ…。

さて、この後は野趣溢れる昼食を食べに出かけます~。続きはまた明日!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。