『伝統文化の香り』出演

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『伝統文化の香り』出演

テレビ01
テレビ02
↑ 韓国TBS『伝統文化の香り(전통문화의 향기)』
「閨房の美しさ、手まりとポジャギ」
(규방의 아름다운 멋, 색실공과 조각보)

本日はゴーストライターが出ばって記事を書いてます(笑)。

韓国TBS放送で2009年2月25日に放送された『伝統文化の香り(전통문화의 향기)』No.46に李賢淑先生が出演されました。もう4年前の話になるのですねぇ~。月日が経つのは早いものです。

テレビ04
テレビ05

放送は韓国語ですが、李先生の手まり作品やポジャギ作品が多数紹介されているので、ポジャギを勉強されている方には参考になるのでは…と思い掲載することにしました。

このシリーズは全52話で、韓国伝統建築や伝統工芸にスポットを当てた約10分程度のミニ番組です。他にも韓服やメドゥプ、民俗人形、刺繍、民画などなど伝統工芸に関心がある人ならば見ごたえがある番組です。幽も他の番組を色々見ています。

韓国放送界のスゴイところは、例え見たいテレビ番組を逃しても、次の日にはその放送局の番組サイトで見れてしまうところです。確かにテレビに比べれば小さい画面ではありますが…。日本でも早くこういうシステムになってくれれば、ソウルにいても日本の番組が見れるのになぁ~。無理かな、やっぱり…。

他の番組にも関心がある人は、下のサイトに接続し[다시보기]の欄にある[VOD]をクリックすれば見ることができます。ちなみに李先生は46話に出演です。

↓   ↓   ↓ (こちらをクリック!!)
韓国TBS放送『伝統文化の香り』

放送局によっては、会員にならないと見られない場合もありますが、この韓国TBSは会員にならなくても見られるようになっています。

テレビ03

李先生に当日の撮影秘話を聞いてみたところ…。
「10分のミニ番組なのに撮影には8時間もかかった。撮影のキッカケは番組制作者が駱山公園(낙산공원)の城壁についての番組を作るためにやって来た時、ダムル工房を偶然見つけたかららしい。4年前は一番太っていた時なので、今観るとちょっと恥ずかしい…。」とのことです(笑)。

10分くらいの番組なので、是非見てみてください。

↓  ↓  ↓ (こちらをクリック!!)
[広告] VPS


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/02/14 10:38 ] ポジャギ | TB(0) | CM(3)
shiva
ゴーストさん
ステキな番組の紹介、ありがとうございますv-238
私はMacユーザーなので、番組のサイトのタシポギは
見られませんでしたけど、FC2でアップしてくださった
先生の分だけは見られました。

ああ、他の回も見たい〜(T_T)
妹のWinを借りようかな。

手毬、きれいだけど難しそうです〜(笑)。
[ 2012/02/17 03:07 ] [ 編集 ]
よかったです!
Macだと見られないんですね…。韓国ってWinの普及率がほぼ100%だったらしくて、基本的にMacユーザーのことを考えていないことが多いんですよ…。

ipadやiphoneが普及したことによって、韓国人にも大分認知されるようになったのですが、以前のものはほぼ全滅です…。

他の放送番組も素敵なものが一杯あるので、是非Winをお借りして時間がある時、見てみて下さいね。

私も手まり、見ていて素敵だなぁ~って思っているんですが、どうも完全な数学の世界らしくて…。数学オンチの私には手が出せません(涙)。

日本の加賀てまりの第一人者である高原皣子さんの著作で読んだことがあるのですが、数学者が手まり製作の計算式をみてその幾何学計算の高度さに驚いたのだとか…。

私はこのエピソード見て、手まりを諦めました(笑)。
[ 2012/02/17 03:23 ] [ 編集 ]
数学の世界Σ( ̄□ ̄)!
手毬って数学の世界なんですかΣ( ̄□ ̄)!
じゃ、私もダメです(笑)。
家庭科もダメだけど(★☆)\(^◇^)

そう、韓国サイトはMacに冷たいですよね〜。
何度も残念な思いをしています。
[ 2012/02/18 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。