白キムチ(백김치)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白キムチ(백김치)

白キムチ01
白キムチ02

先日料理教室でコッチョリを作るついでに、息子の知り合いの農家からキムチの塩漬けを30㌔ほど購入しました。料理教室でコッチョリを作り、さらにポッサムキムチを作ってもまだ残りましたので、主人や母が好きな白キムチも作ることにしました。

白キムチ03

白キムチは簡単にいえば、唐辛子を全く入れないキムチです。見た目は水キムチ(물김치)と似ていますが、水キムチは季節を問わず、あまり発酵させず、スープも一緒に楽しむキムチであるのに対して、白キムチは普通のキムチ同様きちんと発酵させています。

白キムチ04
白キムチ05
白キムチ06
白キムチ07
白キムチ08
白キムチ09
白キムチ10
↑ 作り方もほぼキムチと同様です。塩漬けした白菜以外の野菜、人参、大根、ニンニク、栗、しいたけ、梨、リンゴ、ナツメ、ショウガ、ネギなどの野菜全てを千切りにします。

白キムチ12
↑ そして塩や砂糖を味見しながら混ぜ合わせます。

白キムチ11
↑ 味を調えたら、松の実やゴマ、糸唐辛子などを適宜入れていきます。

白キムチ13
白キムチ14
↑ 塩漬けの白菜に他の野菜を巻いていき、重ねます。最後に塩水を入れて完成です。

白キムチ15
白キムチ16

大体2~3週間ほど漬け込んだものが一番美味しいです。宮中料理では前菜などで食べられることが多く、さっぱりした味なので、これから蒸し暑い夏に好まれる一品です。是非一度作ってみて下さい。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。