ウズベキスタン料理

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウズベキスタン料理

ウズベキスタン料理01
↑ ウズベキスタン食堂『サマルカンド』

家族で食事に行きました。何処へ行くか悩んだ末、2年ほど前に行き中々美味しかったウズベキスタン料理『サマルカンド』にまた行ってみようということになりました。

ウズベキスタン料理02
↑ 中央アジア横丁の入口

この店は東大門市場のメインストリートから一筋奥に入った光熙洞にあります。この地域は約10年程前からモンゴル、ウズベキスタン、ロシア出身の人々が集まる地域となり、別名「中央アジア村」と呼ばれる横丁にあります。

ウズベキスタン料理03
↑ ひとつ横道にそれるだけで、至る所にキリル文字の看板が溢れます。

この店はウズベキスタンから移民した主人が、同郷の人々に故郷の味を楽しんでもらいたいとのことから、2003年にオープンしました。オープン当初は小さな食堂だったのですが、最近テレビで紹介されたこともあり、同じ横丁に店舗を拡大して少々広くなりました。

ウズベキスタン料理04
↑ 狭い横丁に数件のウズベキスタン料理店が密集しています。

けれどもリーズナブルな値段で、本場のウズベキスタン料理が楽しめるところです。この日も私たち以外の客は全てウズベキスタン出身の人々で賑わっており、ソウルにいながら異国情緒を満喫できました。

ウズベキスタン料理05
↑ 外に置かれたショーウィンドウには、ウズベキスタンの主食「ナン」とデザートのウズベキスタンクッキーが置かれています。

ウズベキスタン料理の特徴は、シルクロードの内陸国のため基本的に肉料理がメインとなります。そして宗教上の理由から羊肉と牛肉料理が中心です。主食はナンと呼ばれるパンになります。肉は全てハラスのお祈りがされているものを使用しているとのことで、イスラム教の信者も安心して食べられるようになっています。

ウズベキスタン料理06
↑ ナンは直径30cm以上ある大きなパンです。

一般的に私たちが「ナン」という言葉を聞くと、薄いクレープのような生地で作られたものを想像します。もちろんそういうナンもありますが、ウズベキスタンのナンは、地方によって色々な形態があるとのこと。ちなみにサマルカンドのナンは直径30センチ以上あるであろう大きなパンのようなものになります。味は硬目の素朴なパンを想像してもらえると一番近いと思われます。

ウズベキスタン料理07
↑ もちろんインド料理に近い薄型のナンもあります。何でもウズベキスタンの西へ行けば行くほど硬く薄いナンになるのだそうです。

ウズベキスタン料理08
↑ 店内には見事なウズベキスタン刺繍の作品が掛けられています。素晴らしい手仕事です。

ウズベキスタン料理09
↑ ウズベキスタン料理は脂っこいものが多いので、チャイを一緒に飲むといいそうです。

ウズベキスタン料理10
↑ 店員さんも全員ウズベキスタン人です。

ウズベキスタン料理19
↑ 前菜は店頭にあったナンを細かく切ったものと、人参の和え物。本場ではナンはこのように細かく切られることはなく、4分の1程にカットされて出てくるそうです。

ウズベキスタン料理11
↑ いよいよ料理です。先ずは骨付き羊肉の香草焼き~

ウズベキスタン料理12
↑ 続いて羊肉のミンチと米で作られたロールキャベツ~。スパイスが違うためかとても珍しい味に…。でも美味しいです。

ウズベキスタン料理13
↑ 羊肉の唐揚げ~。次男はこれが一番美味しかったとのこと。

ウズベキスタン料理14
↑ いよいよメインの羊肉の串焼き~。スパイスが効いているため羊肉の臭みが気になりません~

ウズベキスタン料理15
↑ 最後に牛肉のひき肉を串焼きにしたもの~。これもスパイスが…。ナツメグ??オレガノ??柔らかくて美味しいです。

ウズベキスタン料理16
↑ デザートはヨーグルト。とても酸っぱくてヨーグルトソースなど料理に使った方が美味しいのではないかと思いました。

ウズベキスタン料理17
↑ お土産に店頭にあったウズベキスタンクッキーを買いました。柔らかいスコーンのようなクッキーで、中に棗か何かのペーストが入っています。これは甘くて美味しいです。濃い目に入れたストレートチャイと食べるのが本場流だそうです。

ウズベキスタン料理18
↑ 残ったナンもお土産でもらって来ました。けれどもそのまま食べるには硬いので、さらに細かく切ってスープのクルトンや、サラダにかけて食べようかと思っています。


以上、ソウルにある小さなウズベキスタンでした。外国旅行の雰囲気が手軽に味わえることもあり、満足できました。地下鉄2号線「東大門文化歴史公園駅」から徒歩10分あれば行ける距離なので、韓国料理に飽きたらソウルでウズベキスタン料理はいかがでしょうか?

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/06/08 10:15 ] 韓国料理 韓国グルメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。