ノクトゥチヂミ(緑豆チヂミ)

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノクトゥチヂミ(緑豆チヂミ)

ノクトチヂミ01

ノクトゥチヂミ(녹두지짐)は韓国ではピンデトック(빈대떡)と呼ぶのが標準です。他にもピンジャトック(빙자떡)と呼ばれることもあります。

ピンデトックは祭祀床(제사상;法事料理)や交子床(교자상;季節行事の料理)などで、炒めた牛肉を高く積み上げる時、下に敷き詰めるために作られていました。そしてその残りを貧しい人たちに振舞っていたことから、貧しい人が食べる料理と考えられてきました。しかし今ではひとつの料理として独立し、美味しい料理という位置を獲得しています。

祭祀床
↑祭祀床(NAVER画像出典)

最近でも雨の降る日に東大門市場に行けば、マッコリを飲みながらピンデトックを楽しむ人たちが沢山います。
(幽談;韓国人は雨が降るとピンデトックを作り、マッコリを飲む風習が残っています。昔の農村社会からの慣習ですが、現代人でも雨が降ると「今日はピンデトックを食べなくては…」という気持ちになるそうです。)

韓国の歌でも「お金がないなら、家に帰ってピンデトックでも食べて…」と歌われるほどですが、今では緑豆が非常に高価になってしまい、とても安い料理とは言えません。特別な日という雰囲気を出すために、必ず出される料理のひとつに変わってしまいました。

また地方ごとに名称が違います。黄海道(황해도)では「マップチ(막붙이)、平安道(평안도)ではノクトゥチヂミ(녹두지짐)と呼ばれます。

それでは、我が家のノクトゥチヂミの作り方を紹介します。

ノクトチヂミ02
(ノクトゥチヂミの作り方)
材料;緑豆、焼いたキムチ、牛肉のミンチ、コサリ(韓国ワラビ)、トラジ(韓国桔梗)、ねぎ、ニンニク、塩少々

1) 緑豆を水でふやかして、挽きます。
2) 炒めたキムチと全ての材料を細かく切って、緑豆を挽いたものと混ぜます。
3) 油をひいたフライパンに、お好みの大きさで両面を焼けば出来上がりです。

各家庭で作り方は違いますが、我が家ではこのように作ります。しかし実際の平安道地方のノクトゥチヂミは緑豆だけを挽いて、祭祀床に出しています。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると嬉しいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
思い出しますね~
夏に先生一家とバカンスに行ったときにも
わざわざ緑豆を持参して一晩ふやかしてから
ノクトゥチヂミを作って食べたのを覚えています。
(私も焼くのを少しだけ手伝った記憶が・・)
あれがこれですよね?違ったかな?
もちろんおいしくて沢山食べてしまいましたね、私。
ありがとうございました。

ここにもニンニクが入っているのは知りませんでした。
勉強になります。敷き物とか飾り方も勉強になります。
そして日本語でごめんなさい。翻訳よろしくね。
[ 2012/02/12 20:10 ] [ 編集 ]
あれ??そんなことあったっけ??
いつのバカンスかなぁ~??

私が行ってない時のことかな??あの、染色ツアーが主目的だったはずなのに、他の準備は万端でありながら(食事とか酒とか…)、肝心な染色用の布を忘れて行った時のこと(笑)???

李先生、旅行にも緑豆持ってってそんなことしてんだねぇ~。

sono氏が韓国語、読めるのは分かっているから、後で直接返事があるかもしれないよ??ではでは…。
[ 2012/02/12 20:20 ] [ 編集 ]
おいおい・・・
去年の夏の慶州北道のバカンスだよ~
台所でふやかした緑豆の汁があふれたを見て
「こんなんわざわざバカンスに持ってくるなんて・・」
と、料理オンチな私は思ったよ。
で、みんなで一緒に食べたやーん!!
[ 2012/02/12 20:52 ] [ 編集 ]
あ~、あったあった!!
あぁ~、あったねぇ~。言われて思い出したよ(笑)。若い(?)女が3人も揃っていた割には役立たずで、李先生一人が大車輪の活躍だったっけ…(苦笑)。

そうそう、あれがピンデットクです。

sono氏は何だかんだ言って、ピンデットク一杯焼いてたもんねぇ~。私は何か別のことして大した手伝いもせず遊んでいたような…。

本当はこういう絶好な機会に料理でも習って、女子力アップさせないといけないのに、何故か食べる専門だよね…。私ら…。

いつか一緒に李先生に料理の弟子入りでもして、宮廷料理でも作れるような日本の水刺官ユニットでも作る??(笑)
[ 2012/02/12 21:30 ] [ 編集 ]
지난 여름
안녕 하세요
여전히 씩씩한것 같습니다
전시회 끝나고 나서 많이 피곤 하였을거 같은데-----
작년에 경상북도 로 여행갔을때 만들었던 녹두 지짐의 양념에 마늘을 넣지 않았나요?
생각이안나는데요 우리 음식에는 항상 마늘과 파.는 늘 따라 다닙니다
올 여름에도 여행을 가도록 노력 해 봅시다
시간이 될지
So no da상은 손이 굉장히 빠른것 같아요
감사 합니다
[ 2012/02/14 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。