ポジャギと伝統料理の文化散策

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心あたりのある方は…

7月21日(月)の午後6時ごろにダムル工房にご連絡を下さったOYさまへ。

申し訳ありませんが、コメント欄にメールアドレスが添付、あるいは記載されておりません。

そのためお返事を差し上げたいのですが、送ることができません。

再度コメント欄の「管理人のみ閲覧する」にチェックを入れて頂いたうえで、メールアドレスを明記して送信されるか、下記に記載したダムル工房連絡用メールに宛てて、ご自分のメールアドレスからもう一度送付して下さるようにお願いします。

あるいは右下欄にある「ダムル工房お問い合わせ」に、お名前、メールアドレス、件名、本文などを記入されたうえで送信をして頂いてもこちらに届くようになっています。

どの方法で連絡をして頂いても構いません。

お問い合わせの内容は、こちらに伝わっております。ですからメールの内容はひと言「〇〇です。メールアドレスを送信します」だけで結構です。

ダムル工房のメールアドレスは…


damurukobo.pojagi0309@gmail.com

どうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m

なお連絡がつき次第、こちらの告知は削除させて頂きますので、ご安心下さい。
スポンサーサイト
[ 2014/07/22 11:46 ] 告知関係 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。