ポジャギと伝統料理の文化散策

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポジャギ展示会『四季~華が咲く~』

展示会情報20131029
↑ ポジャギ展示会『四季~華が咲く~』ポスター(←クリックで拡大)

大変ご無沙汰しております。

李先生のお弟子さんの1人、パクウンギョン(박은경)氏が所属する手工芸団体がポジャギ展示会をすることになりましたので、告知させて頂きます。

現在、彼女が活動しているサークル、オセクヌリ(오색누리:五色世界)2回目の展示会となるとのこと。

場所はこのブログ記事で何度もご紹介したことがある仁寺洞の耕仁美術館、第6展示場となります。

開催時期にこちら方面へ行かれる予定の方は、是非足をお運び下さい!!


<ポジャギ展示会情報>

オセクヌリ(오색누리)2回目展示会
『四季~華が咲く(꽃이 피다)~』

日時: 2013年11月13日(水)~11月19日(火)
時間: 10:00~18:00
場所: 仁寺洞 耕仁美術館(경인미술관) 第6展示場
(←クリック!!)


また、李先生とダムル工房所属の生徒さん数名が出品している日本手工芸指導協会の展示会も、明後日10月31日(木)から始まります。

こちらも可能な方は是非行ってみて下さい!!

展示会情報20131029-002
↑ 一般財団法人日本手工芸指導協会
「平成25年手工芸作品展」ポスター(←クリックで拡大)

ポジャギ作品だけが展示されるわけではありませんが、多彩な分野の手工芸作品に出会える展示会です。

『平成25年公募展 手工芸作品展』
日時: 2013年10月31日(水)~11月6日(水)
時間: 9:30~17:30
場所: 
東京都美術館 公募棟2階第3展示室
Google map: 東京都美術館の位置

韓国・ソウルでは日に日に秋が深まり、日本もようやく秋めいて来たそうですね??

「芸術の秋」にふさわしく、様々な展示会が各地で開かれています。

展示会は何時も一期一会の生モノですから、幽も関心ある展示会には時間が許す限り足を運びたいと思っています!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/10/29 10:05 ] 告知関係 | TB(-) | CM(9)

お知らせ

時間差記事の穴埋めがまだ終わらないのに、またまたゴーストライター「幽」の一身上の都合で、しばらくブログ記事のアップをお休みさせて頂きます。

本当にごめんなさい!!!

李先生やダムル工房の記事を楽しみにして下さっている方に、大変申し訳なく思っております。

出来るだけ早く再開するように努力しますが、その時までしばしお時間を頂けたらと思います。

ちなみに完全に幽側のみの都合であるため、ダムル工房は通常通りに運営しております。

教室などのお問い合わせ、ご連絡方法などは全く変わりません。
(但しネット環境の変化によって、今までよりは少々レスポンスが遅れるかもしれません。)

それでは日に日に寒さが深まり、寒い寒い冬がやって来ますが、何とか乗り切って行きましょう!!

またお会いできる日まで、しばしの間、さようなら~!!!

~~~\(^0^)/~~~
[ 2013/10/07 10:15 ] 告知関係 | TB(-) | CM(0)

工房ランチいろいろ!!

工房ランチ20131004-007
↑ ダムル工房ランチの定番と言えば、延氏がたまに作って来てくれる野菜たっぷりの家庭料理のお弁当。

工房ランチ20131004-008
↑ 今年の夏は例年にない蒸し暑さのため、食欲が落ちた時は珍しくビビン素麺ということもありました。

工房ランチ20131004-001
工房ランチ20131004-002
工房ランチ20131004-003
↑ 幽の誕生日の時は韓国バースデーには欠かせないミオクッ(미역국:ワカメスープ)まで!!

何時も有難うございまぁ~っっす!!

工房ランチ20131004-004
↑ バースデーケーキは李先生から頂き…

工房ランチ20131004-006
↑ 日本からプレゼントまで頂いてしまいました!!わざわざ有難う!!幽の生活を何とも良く把握したラインナップですよねぇ~(笑)。

工房ランチ20131004-005
↑ 普段脇役に徹した人生なので、たまに輪の中心で祝ってもらうと妙に照レマス…。

あまり顔に出ませんが、感謝しています!!

工房ランチ20131004-009
工房ランチ20131004-010
↑ そして最近になり、工房ランチに料理研究家のたまご新村A氏の差し入れも加わることに!!

新村A氏のブログはコチラ
↓  ↓  ↓
韓国のおいしいごはん

工房ランチ20131004-011
工房ランチ20131004-012
↑ この日は李先生、延氏、新村A氏3名の差し入れが重なり、偶然居合わせたharu氏と幽は豪華さに思わず感嘆の声を挙げてしまいました。

3名とも本当に美味しかったです。ご馳走サマでした!!

工房ランチ20131004-013
工房ランチ20131004-014
↑ 食事だけではありませんよ!!水原K氏はバターも生クリームも使わないのにフワッフワッなシフォンケーキを焼いて下さいマシタ!!

秋夕連休の時、皆に刺激され一念発起、フライパンまで新調して作ったパンケーキがトラウマになりそうな味を醸し出す…。

ある意味天才的な(?)才能を持つと言えなくもない幽から見ると、まるで神技のようなお味でした…。

工房ランチ20131004-015
工房ランチ20131004-016
工房ランチ20131004-017
↑ もちろん自前弁当ばかりでなく、出前大国ソウルのこと、昼食を出前で済ますことも多いです。

今年の幽は冷麺ブームで、冷麺ばっかり食べてたなぁ~。ダムル工房に出前チラシがある店だけでも3軒あり、それぞれ麺やスープが微妙に違うので飽きないんです。

もう涼しくなったので、出前での冷麺はなくなってしまって超残念…。

工房ランチ20131004-018
工房ランチ20131004-019
工房ランチ20131004-020
↑ 猛暑中はずっと出前でしたが、涼しくなって来たこともあり、最近は少しずつランチに外へ出かけるようにもなっています。

ダムル工房の定番食堂はご存知、「チョンジュ食堂(전주해장국)」!!

移り変わりの激しい大学路食堂の中で、安くて美味しいメニューを出してくれる、知る人ぞ知る大学路の人気店です。

スンドゥブとピョヘジャンクッがここの鉄板メニュー。

工房ランチ20131004-021
工房ランチ20131004-022
↑ 最近の李先生、お気に入り店として浮上しているのが、この「ナクサンコル(낙산골)」。

キムチアルパッが李先生のお薦めなんだとか…。あ、左上のタッパーウェアは新村A氏の差し入れですから、お間違いなく!!

工房ランチ20131004-023
工房ランチ20131004-024
↑ ナクサンコルに隣接する「スシヒョン(수시현)」へ行くこともあります。

ここのアルパッも中々美味しかったです。

工房ランチ20131004-025
工房ランチ20131004-026
↑ 「ナクサンキル(낙산길)」のお薦めはキムチチゲだとか…。

写真がありませんが、ここはパンチャンの量が非常に充実したお店です。

あとここに中華料理「万里城(만리성)」、家庭式食堂「ホンガネ(홍가네)」、魚料理「コサムイ(고삼이)」、慶尚郷土料理「チャッコル(잣골)」を追加すれば、ダムル工房ランチは大体網羅しているんじゃないかなぁ~??

大学路には食堂が多すぎて、何処へ行ったらいいのか皆目検討も付かない!!という人は参考にしてみてください(笑)。

李先生はお味には中々厳しい方なので、大ハズレはないと思いますヨ???



<ポジャギ展示会情報>

一般財団法人日本手工芸指導協会(←クリック!!)の公募展が2013年も行われます。

2013年日本手工芸指導協会公募展ポスター
↑ 今年も李先生をはじめとして、ダムル工房の生徒さん達が数名出品予定です。

ポジャギ作品だけが展示されるわけではありませんが、もしこの時期に上野方面に行かれるような方は、日本手工芸指導協会の公募展にも是非足をお運びください!!

『平成25年公募展 手工芸作品展』
日時: 2013年10月31日(水)~11月6日(水)
場所: 
東京都美術館 公募棟2階第3展示室
Google map: 東京都美術館の位置

東京都美術館はパンダで有名な上野動物園の真向かいにある大正時代から続く由緒ある美術館です。

アメ横などの東京では数少なくなってしまった在来市場などもあり、見所いっぱいの観光地でもあります!!

最近では「エキュート上野」グルメスポットも出来たそうで、ここには幽も行ってみたいなぁ~(笑)。

上野観光のついでに東京都美術館に行ってもいいですよね??

さらに2013年10月11日(金)~14日(月)まで、ダムル工房sono氏の秋の個人展もありますよ。
sono個人展001
sono個人展002
↑ 詳しくはコチラ(←sono氏ブログへ移動)をご覧下さい!!

この時期に北九州方面に行かれる予定がある方は、是非訪問してみて下さいねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/10/04 10:49 ] 韓国料理 韓国グルメ | TB(-) | CM(0)

はじめまして、いらっしゃい~!!

はじめまして20131003-003
↑ 幽がブログ休載していた間もダムル工房には多くの訪問者の方がいらして下さいました。

中にはブログを通じてダムル工房の存在を知り、訪問して下さった方もいらっしゃるようで、ブログ休載中も温かい応援の言葉を頂きマシタ!!本当に有難う御座います!!m(_ _)m

休載中、訪問者様のほとんどと幽は会うことが出来ませんでしたが、たまに工房に顔を出した時、偶然居合わせ写真を撮らせて頂いた方々を、今日はまとめてご紹介したいと思います。

先ずは常連生徒さんの鳥取Jun氏。

はじめまして20131003-001
はじめまして20131003-002
↑ 2年ぶりのダムル工房訪問で、随分前から会うのを楽しみにしていたのですが、幽側で突然事情が変わりほとんどお話出来ませんでしたね。

滞在中に30種の伝統紋様を完成させたとのこと。李先生同様に額装すると聞きました。

完成品が届いたらまた連絡します!!来年こそは絶対に何処か遊びに行きましょう!!

はじめまして20131003-004
はじめまして20131003-005
↑ はじめましての方も沢山いらっしゃいます。

こちらは徳島M氏。最近はソウルで牛乳パックを見るたびにフッ…とお顔を思い出すようになってしまいました(笑)。

はじめまして20131003-006
↑ 一重技法の亜字窓紋を学びたいと1週間の休暇をとってわざわざ訪問されたとのこと…。

はじめまして20131003-007
はじめまして20131003-008
↑ 2日間で随分大きくなりましたよね??

はじめまして20131003-009
↑ あれから忙しい中、作品づくりは進んでいるのでしょうか??

また何時かお会いできることを楽しみにしております。

はじめまして20131003-010
↑ もちろん、日本から越境組の生徒さんだけではありません。

ソウル在住組の生徒さんも随分増えました。誰かが帰国しても、また新しく誰かがやって来て下さるものなのですね??

ちなみにこちらは日本人駐在員が多く在住する二村洞にお住まいのY氏。

はじめまして20131003-020
↑ こちらも駐在員組の2人、F氏とK氏。ソウル第一の企業サムソン電子の本社があることで有名な京畿道水原市から~。

何時もおふたりで仲良く通っていらっしゃっるようです。

はじめまして20131003-011
↑ 最近ヘビロテで工房に通っている新村にお住まいのA氏もハジメマシテ…。

新村も日本人が多く、日本関係の施設が密集しているところです。あぁ~、一度噂の「BOOKOFF」へ行ってみたい…。

はじめまして20131003-012
はじめまして20131003-013
↑ 実は新村A氏もブログをやっております。

リンクも「韓国料理研究家のたまご」(←実際のブログ名は「韓国のおいしいごはん」デス!!)」と書いて貼ってあります。是非ご覧下さい~~。

はじめまして20131003-014
↑ まだ工房に通い始めて2ヶ月ほどなのですが、かなり頻繁に通っておられるようで、もうこのような大作に挑戦デス!!

スッゴォ~ッイ!!!

はじめまして20131003-015
はじめまして20131003-016
↑ 色の組み合わせがゴージャスな雰囲気を醸しだしていて、素晴らしい!!

裏地の色もいいですよねぇ~。

はじめまして20131003-017
↑ また別の機会にご紹介させて頂きますが、彼女はポジャギだけでなく国家資格になる調理師免許の取得も目指して修行中なんですって!!

李先生が所属する宮中飲食研究院の正規入門コースにも通ったりして、新村A氏が差し入れしてくれる料理は手が込んでいて李先生も絶賛しています。

幽とは同郷人として、またローカルネタに付き合って下さい!!

皆さん、末永く宜しくお願いします~!!

はじめまして20131003-018
↑ 最後に奈良T氏~。ポジャギ歴は長いのに基礎からしっかりと学ぼうという姿勢に感銘を受けました!!

やっぱり何事も基本をしっかりしないと後が続かないものなのですね??勉強になります。

はじめまして20131003-019
↑ 最後に奈良T氏、新村A氏、李先生と記念撮影!!

実はここで紹介した以上の生徒さんが新しくダムル工房の仲間入りをして下さっています。

何時かお目にかかれるのを楽しみにしています!!



<ポジャギ展示会情報>

一般財団法人日本手工芸指導協会(←クリック!!)の公募展が2013年も行われます。

2013年日本手工芸指導協会公募展ポスター
↑ 今年も李先生をはじめとして、ダムル工房の生徒さん達が数名出品予定です。

ポジャギ作品だけが展示されるわけではありませんが、もしこの時期に上野方面に行かれるような方は、日本手工芸指導協会の公募展にも是非足をお運びください!!

『平成25年公募展 手工芸作品展』
日時: 2013年10月31日(水)~11月6日(水)
場所: 
東京都美術館 公募棟2階第3展示室
Google map: 東京都美術館の位置

東京都美術館はパンダで有名な上野動物園の真向かいにある大正時代から続く由緒ある美術館です。

アメ横などの東京では数少なくなってしまった在来市場などもあり、見所いっぱいの観光地でもあります!!

最近では「エキュート上野」グルメスポットも出来たそうで、ここには幽も行ってみたいなぁ~(笑)。

上野観光のついでに東京都美術館に行ってもいいですよね??

さらに2013年10月11日(金)~14日(月)まで、ダムル工房sono氏の秋の個人展もありますよ。
sono個人展001
sono個人展002
↑ 詳しくはコチラ(←sono氏ブログへ移動)をご覧下さい!!

この時期に北九州方面に行かれる予定がある方は、是非訪問してみて下さいねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/10/03 10:29 ] 雑談(その他) ある日の工房風景 | TB(-) | CM(0)

可愛いミニ韓服

ミニ韓服20131002-001
↑ 久々に所用があってダムル工房へ出向くと、こんなに可愛いミニ韓服セットを製作中!!

ミニ韓服20131002-002
↑ 作っていたのは、東京からお越しの常連生徒さん、IY氏。

教えていたのは、これまた久しぶりのソン先生~。ブログ上ではつい最近の登場ですが、実際には2ヶ月ぶりくらいデスネ…。

ミニ韓服20131002-003
ミニ韓服20131002-004
↑ ソン先生は難しい部分は「こうして、こうしてぇ~」と説明しながら、どんどん完成させていっちゃうところは相変わらずみたい…(笑)。

ミニ韓服20131002-005
ミニ韓服20131002-006
↑ 東京IY氏はダムル工房に飾ってあるミニチョゴリの額縁を見て、前からずっと作りたい!!と言っていたのですが、やはり男女セットで完成させるとなると5~6日間は必要。

ようやく今回、まとまった時間を作ることが出来て、ミニ韓服セットを習うことになったんです。

ミニ韓服20131002-007
↑ 男の子と女の子のチョゴリ。セクトン部分も全部一から作っているんですよ!!

ミニ韓服20131002-008
ミニ韓服20131002-009
↑ 幽が顔出した日は、講習が始まってから4日目。

2人で男の子用の衣装を作っている日でしたぁ~。

ミニ韓服20131002-010
↑ 男の子用ズボン、いわゆるパジ。

ミニ韓服20131002-011
↑ そこにチョゴリを着せて~

ミニ韓服20131002-012
↑ マゴジャを重ねれば完成!!わ!!か~わ~い~い~~!!

やぁ~、ミニチュア物って見てるだけでもテンション上がりマスね!!!

ミニ韓服20131002-013
↑ ちなみに作り方は完全に人間用の韓服と同じなんですって…。

ミニ韓服20131002-014
ミニ韓服20131002-015
↑ 人間用韓服の型紙をそのままそっくり、今回は8分の1の大きさで正確に縮小しただけなんだとか…。

ミニ韓服20131002-016
↑ 男の子が完成したら、次は女の子用チマチョゴリ。

ミニ韓服20131002-018
ミニ韓服20131002-017
↑ チマも見えない部分まで忠実に再現してあります。

ミニ韓服20131002-019
ミニ韓服20131002-020
↑ チマとチョゴリを合わせて、チマチョゴリ。こっちも可愛い!!

ミニ韓服20131002-021
↑ 見えない裏地だって、本物と同じようにちゃんと付いてますよ。

ミニ韓服20131002-022
↑ 本当に可愛いミニ韓服セットが出来ました!!

東京IY氏はこれを人形に着せるか、工房にあるように額装するか、まだ決めていないらしいですが、これを1週間で作ってしまうなんて、スゴイ!!

本当に1週間、お疲れサマでした。とても良い目の保養になりました!!



<ポジャギ展示会情報>

一般財団法人日本手工芸指導協会(←クリック!!)の公募展が2013年も行われます。

2013年日本手工芸指導協会公募展ポスター
↑ 今年も李先生をはじめとして、ダムル工房の生徒さん達が数名出品予定です。

ポジャギ作品だけが展示されるわけではありませんが、もしこの時期に上野方面に行かれるような方は、日本手工芸指導協会の公募展にも是非足をお運びください!!

『平成25年公募展 手工芸作品展』
日時: 2013年10月31日(水)~11月6日(水)
場所: 
東京都美術館 公募棟2階第3展示室
Google map: 東京都美術館の位置

東京都美術館はパンダで有名な上野動物園の真向かいにある大正時代から続く由緒ある美術館です。

アメ横などの東京では数少なくなってしまった在来市場などもあり、見所いっぱいの観光地でもあります!!

最近では「エキュート上野」グルメスポットも出来たそうで、ここには幽も行ってみたいなぁ~(笑)。

上野観光のついでに東京都美術館に行ってもいいですよね??

さらに2013年10月11日(金)~14日(月)まで、ダムル工房sono氏の秋の個人展もありますよ。
sono個人展001
sono個人展002
↑ 詳しくはコチラ(←sono氏ブログへ移動)をご覧下さい!!

この時期に北九州方面に行かれる予定がある方は、是非訪問してみて下さいねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/10/02 10:05 ] ポジャギ | TB(-) | CM(0)

料理教室レポート

料理教室20131001-001
↑ 7月初旬の話からイキナリ1ヶ月半話がぶっ飛び、8月中旬の料理教室レポ!!(←だってその間、工房行ってないからネタがナイんだもん…。爆)

有り難いことに、全く写真が存在しない約1ヶ月半の間も多くの方が工房に訪問してくれたようです。

お会い出来なかった皆様、ダムル工房への訪問、本当に有難うゴザイマシタ!!m(_ _)m

さて…、料理教室レポに戻ります~。リクエストメニューはサムパッ(쌈밥)、コッチョリ(겉절이)、ノクトゥジョン(녹두전)の3種類。

料理教室20131001-002
↑ 今回の料理教室の参加者は、ナント!!愛媛K家ご一行様4名です!!

これまで母娘参加や姉妹参加はありましたが、ご一家総出の参加は初めてデス!!!

夏休み家族旅行でソウルにいらしたんですって!!

料理教室20131001-003
↑ 愛媛名物という「幻の天狗黒茶」に、伊予柑そうめんですか??

さすがミカン大好き、愛媛名物って感じですね??有難う御座います!!

料理教室20131001-004
料理教室20131001-005
料理教室20131001-006
↑ 簡単に本日のメニュー、3品についての説明を終えると、すぐに実習に入ります。先ずは即席キムチ、コッチョリ(겉절이)から始めます!!

家族皆でひたすら野菜を千切りにしていきます~。

実はこのご家族、お姉ちゃんを筆頭に家族全員で韓国語を勉強しているんですって!!本当に仲良し家族さんですねぇ~。微笑ましい!!

料理教室20131001-007
料理教室20131001-008
料理教室20131001-009
↑ 家族でひたすら千切りにした細切り大根にヤンニョムを加え…

料理教室20131001-010
料理教室20131001-011
↑ あとはニラと白菜を細く裂いたものを加えて、ただただ混ぜるだけ!!

料理教室20131001-012
料理教室20131001-013
↑ 弟くんに家でもお手伝いよくするの??って聞いたら、「あんまりしない…」との返事でしたが、料理教室では一生懸命参加してくれています。

手つきがいいので、将来有望デスヨ!!

このコッチョリはお好みに合わせて、唐辛子の量を増やしたり、お酢を加えて食べても美味しいんですって!!

料理教室20131001-014
↑ 次はノクトジョン。こちらの料理も中に入れる野菜をひたすら細かく切っていきます。

お父さんにも「普段から料理をされるんですか??」と聞いたところ、こちらもあんまりしないのだとか…。

けれども普段料理をしない男性陣も一緒になって料理をすることで、素敵な旅の思い出になりますよね!?

料理教室20131001-015
料理教室20131001-016
料理教室20131001-017
↑ とにかく中身の野菜を切って切って混ぜ合わせマス~。

料理教室20131001-018
料理教室20131001-019
↑ そしてミキサーで砕いた緑豆にぶち込んで…

料理教室20131001-020
料理教室20131001-021
↑ あとはせっせと混ぜたら、ノクトジョンのタネが完成デス!!

お姉ちゃんはお母さんに似たのか、お料理に関心が高いんだそうです。手つきもすっごく慣れています。

料理教室20131001-022
料理教室20131001-023
↑ あとは鉄板で焦んがり焼いたら~

料理教室20131001-024
↑ ノクトジョンも完成デス!!

料理教室20131001-025
↑ 3品目のリクエストはサムパッですが、ご存知のようにサムパッは各種青菜や茹でたキャベツ、昆布などにご飯やキムチ、ちょっと豪華になると焼肉などを巻いて食べる料理…。

調理というより、ただの茹でた野菜と生野菜を準備するだけなんですよねぇ~。

なので料理教室でリクエストされるのは、本当に珍しい…。

不思議だなぁ~っと思っていたら、何と愛媛K氏は愛媛県で野菜ソムリエとしてご活躍されている料理教室の先生だったんです!!なるほどぉ~。

右側に「シニア野菜ソムリエcopain」としてリンクを貼っておきましたので、是非こちらのブログもご覧になって下さいネ!!

料理教室20131001-026
料理教室20131001-027
↑ サムパッは料理のしようがないので、李先生は野菜につけて食べると美味しい「炒め味噌(뽁음장)」を伝授することに…。

韓国味噌に各種刻み野菜と手作りコチュジャンを入れて~

料理教室20131001-028
↑ ごま油で炒めたら完成デス!!

お姉ちゃんは韓国語を勉強し始めて、2ヶ月になるそうです!!修学旅行で韓国に来て、韓国語に興味を持ったんですって!!

まだまだ若いから飲み込みが早いので、きっとすぐに幽なんか足元にも及ばないくらい上達すると思いますよ!!勉強頑張ってネ!!

料理教室20131001-029
料理教室20131001-024
料理教室20131001-030
↑ これでリクエスト3品が全て揃いました!!さぁ~、いよいよ試食デス!!

料理教室20131001-031
↑ けれども野菜ばかりではちょっと淋しい…とのことで、李先生が片隅でコッソリ作っていたプルコギも出て来ました!!やったぁ~、肉だぁ~!!

料理教室20131001-032
↑ 試食会にはポジャギ教室を受講中だった鳥取Jun氏と千葉Y氏も一緒デス!!

料理教室20131001-033
↑ 皆で「イタダキマッ~~ッッス!!!」

料理教室20131001-034
↑ ご家族揃って作られた料理のお味はいかがですか???

家族揃って、こういう夏の思い出を作るのって本当に素敵ですよねぇ~。

料理教室20131001-036
↑ 食後のデザートは李先生お手製の五味子茶。蒸し暑い夏にはこの苦酸味が効いた味がいいんですよね。

料理教室20131001-037
↑ 最後は参加者全員で記念撮影!!

来年の夏、また遊びに来て下さいね!!その時にはお姉ちゃんの韓国語がビックリするくらい上達していて、幽の通訳なんか必要ないかも??

期待して待ってまぁ~っっす!!




<ポジャギ展示会情報>

一般財団法人日本手工芸指導協会(←クリック!!)の公募展が2013年も行われます。

2013年日本手工芸指導協会公募展ポスター
↑ 今年も李先生をはじめとして、ダムル工房の生徒さん達が数名出品予定です。

ポジャギ作品だけが展示されるわけではありませんが、もしこの時期に上野方面に行かれるような方は、日本手工芸指導協会の公募展にも是非足をお運びください!!

『平成25年公募展 手工芸作品展』
日時: 2013年10月31日(水)~11月6日(水)
場所: 
東京都美術館 公募棟2階第3展示室
Google map: 東京都美術館の位置

東京都美術館はパンダで有名な上野動物園の真向かいにある大正時代から続く由緒ある美術館です。

アメ横などの東京では数少なくなってしまった在来市場などもあり、見所いっぱいの観光地でもあります!!

最近では「エキュート上野」グルメスポットも出来たそうで、ここには幽も行ってみたいなぁ~(笑)。

上野観光のついでに東京都美術館に行ってもいいですよね??

さらに2013年10月11日(金)~14日(月)まで、ダムル工房sono氏の秋の個人展もありますよ。
sono個人展001
sono個人展002
↑ 詳しくはコチラ(←sono氏ブログへ移動)をご覧下さい!!

この時期に北九州方面に行かれる予定がある方は、是非訪問してみて下さいねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/10/01 10:34 ] 韓国料理 料理教室レポート | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。