FC2ブログ

ポジャギと伝統料理の文化散策

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)
-別アーカイブ  [ 2013-05- ] 

料理教室レポート(おまけ)

先生の日20130516-001
↑ 昨日も暑かったデスネ!!

昨日は宮中飲食研究院春季展示会で朝から晩まで色々なことがありましたが、とても楽しい1日でした。

詳しいことはまた次回レポートします。お楽しみに!!

ところで昨日5月15日(水)は「両親の日(어버이날)」に続き、「先生の日(스승의날)」。

ダムル工房にもカーネーションが届きました!!どうも有難うございます。

料理教室レポート(その1)20130506-001
↑ さて長く続いた料理教室レポートですが、本日でラストです。

こうしてノクトゥジョン(녹두전)、オジンオシッケ(어징어식해)、コチュジャン(고추장)2種のリクエスト料理を全て完成させたのですが…。

さらにオマケの料理教室が続きマス!!李先生、出血大サービスですね??

料理教室レポート(おまけ)20130509-001
↑ 先ずはコチュジャン作りに使った麦芽(엿기름)の残りカスですが、さらにそこに水を加えて麦芽汁を絞り出し…

料理教室レポート(おまけ)20130509-002
↑ オジンオシッケ(어징어식해)を作った時に残った白飯に入れます。

手作りシッケ
↑ そして5~6時間、炊飯器の電源を入れたまま放置すれば、今度は韓国米ジュースのシッケ(식혜)になりまぁ~っす!!

韓食レストランのデザートで出るような透明なシッケが作りたかったら、炊飯器で5~6時間放置させて、発酵が進んだ上澄み液とお米を分離させ、お米は水洗いします。

そして上澄み液には水飴や砂糖、生姜などを加えて再度煮立たせ、水洗いしたお米と合わせて容器に入れれば出来上がり。

でも李先生は別に家庭で食べるならお米を水洗いする必要ないし、砂糖を使うのが嫌いなので砂糖も入れないとのこと。

白く濁ったシッケの方がお米の栄養分が取れるだけでなく、米の自然な甘みも感じられるんだとか…。

それでも甘味が足りないと思ったら、飲む時に蜂蜜などを加えて飲めば充分美味しい…といいます。

実際、幽も李先生お手製のシッケを飲んだことありますけど、外で飲むシッケよりさっぱりとした甘さでとても美味しいんですよ。

料理教室レポート(おまけ)20130509-004
料理教室レポート(おまけ)20130509-003
↑ さらに李先生のオマケ料理教室は続きます。

お次は次男が化学調味料アレルギーを持っているため、李先生は絶対にタシダ(다시다:日本の本だしみたいなの)を使わないんだとか…。

それでも何とか美味しい調味料を…とのことで、作っているのがこのマッソグム(맛소금:美味しい塩)。

料理教室レポート(その3)20130508-020
↑ このような天然アラ塩に~

料理教室レポート(おまけ)20130509-005
↑ 栄養価たっぷりの昆布の根元と…

料理教室レポート(おまけ)20130509-007
↑ 煮干しを合わせて鍋でグツグツ煮立たせ、水分を蒸発させるまで煮詰めれば、化学調味料に頼らなくてもとっても美味しいお塩ができるとのこと。

料理教室レポート(おまけ)20130509-006
↑ 下関L先生も「何でもひと手間かけることで美味しくなるんですね??私も作ってみます。」と、熱心にメモしていらっしゃいました。

料理教室レポート(おまけ)20130509-008
↑ さらにお料理教室は続きます…。

今回は3種類の料理のうち、2種類までもが数ヶ月待たないと食べられません。

料理教室レポート(その1)20130506-019
↑ 食べられるのはこのノクトゥジョンだけ!!

料理教室レポート(おまけ)20130509-009
↑ なのでノクトゥジョンとオジンオシッケに使って余った切干大根に…

料理教室レポート(おまけ)20130509-010
料理教室レポート(その1)20130506-008
料理教室レポート(おまけ)20130509-011
↑ 同じくノクトゥジョンに入れたパマヌルを細かく切ったものを加えます。

料理教室レポート(おまけ)20130509-012
料理教室レポート(おまけ)20130509-013
↑ そして唐辛子、ごま油、醤油、ニンニク、生姜などなどのヤンニョムを加えて混ぜ合わせると、あっという間に切干大根のコッチョリが完成です。

料理教室レポート(おまけ)20130509-014
↑ さらにミッパンチャンや作り置きのマンドゥを使ったマンドゥクッまで、ササッと作って昼食の時間になります。

料理教室レポート(おまけ)20130509-015
↑ 下関L先生、料理教室お疲れサマ~!!

料理教室レポート(おまけ)20130509-016
↑ 確かに餅粉入りのノクトゥジョンは、広蔵市場で食べるものより、ずっと柔らかくフワッとした食感!!

食べなれた料理でもちょっとした工夫で新鮮に感じるものなんですね??

料理教室レポート(おまけ)20130509-017
↑ 最後はお二人で「キムチ」!!

下関L先生は韓国料理だけでなく、フランス料理やデザートなどとても手広く活躍されています。

関心がおありの方は、是非「料理サロン~Slon de Lee~」までお問い合わせ下さいネ!!



李先生や下関L先生も学んだ宮中飲食研究院の春季展示会は本日が最終日デス!!

見応えのある展示会でしたよぉ~。是非ご覧下さい!!

↓  ↓  ↓


<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント