ポジャギと伝統料理の文化散策

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宮中飲食研究院・春期展示会(試演編)

春期展示会04(試演編)20130531-007
↑ 宮中飲食研究院の展示会はまだまだ続きます。

観覧し終わった人たちが書籍を見てますね。

春期展示会04(試演編)20130531-002
春期展示会04(試演編)20130531-001
↑ その傍らではこれから始まる九節板の試演・試食会の準備が始まっています。

春期展示会04(試演編)20130531-004
春期展示会04(試演編)20130531-003
↑ 材料や調味料も準備万端!!

春期展示会04(試演編)20130531-005
春期展示会04(試演編)20130531-006
↑ 参加者に振舞うお菓子の準備も万端!!

春期展示会04(試演編)20130531-008
↑ 韓福麗院長のお出ましです~。

春期展示会04(試演編)20130531-010
↑ 先ずは九節板についての説明から始まります。

九節板の記録が初めて確認されるのは1930年以降で意外に新しい料理であるとか、陰陽五行説に従って作られている料理であるなど説明されてました。

春期展示会04(試演編)20130531-009
↑ この試演会にはKBSだけでなく、多くの報道陣も詰め掛けていました。

春期展示会04(試演編)20130531-011
↑ そして試演が始まります。

春期展示会04(試演編)20130531-012
↑ haru氏も真剣に聞いています。

春期展示会04(試演編)20130531-013
春期展示会04(試演編)20130531-014
↑ 九節板の完成です!!下の写真の餃子床(만두상)の真ん中にあるのが九節板です。

春期展示会04(試演編)20130531-015
春期展示会04(試演編)20130531-016
↑ 九節板が完成すると、参加者全員に九節板が振舞われます!!

九節板は料理そのものがすごく美味しいというよりは、目で見て楽しむ料理だと思っていましたが、昼すぎだったからなのか、今回のは思ったより美味しかった!!

春期展示会04(試演編)20130531-017
↑ 韓福麗院長もお疲れさまでしたぁ~。

春期展示会04(試演編)20130531-018
↑ 試演・試食会が終了すると、haru氏は全書籍が本日20%オフになると聞いて、一番手前の『朝鮮王朝の宮中飲食』を購入します。

春期展示会04(試演編)20130531-019
↑ そして中々ない機会なので、韓福麗院長にサインをもらうことにしました!!

春期展示会04(試演編)20130531-020
↑ ついでに記念撮影も!!有難うございまぁ~っす!!

こうして宮中飲食研究院・春期展示会を充分に満喫した後は…

春期展示会04(試演編)20130531-021
春期展示会04(試演編)20130531-022
↑ 昼食の時間も過ぎて来たけれど、李先生は相変わらず忙しそうだったので、haru氏と2人で宮中飲食研究院の近くにある「北村麺屋(북촌면옥)」へ行くことにことにしました!!

春期展示会04(試演編)20130531-023
春期展示会04(試演編)20130531-024
↑ ここは冷麺が有名なんですって…。

わぁ~、幽にとって今年初めての冷麺だ!!これから暑くなると、冷麺が美味しいんですよねぇ~。

今年の初物・冷麺を堪能までできて、この日はとても楽しい一日でした。

※ポジャギ展のご案内

ダムル工房の生徒さん、鹿児島K氏がこの度展示会をされることになりました!!

可能な方は是非足をお運び下さいね!!

<ポジャギ展in鹿児島>
チョガッポ展速報2013060105-0001
期間:2013年6月1日(土)~5日(水)
時間:10:00~16:00
場所:鹿児島市小野2丁目
(自宅の為メールでお問い合わせ下さい)
問い合わせ:上栗政代(かみくりまさよ)
massa5-pa10.ma1@ezweb.ne.jp

<体験教室>
チョガッポ展速報2013060105-0002 
期間中に携帯ストラップを作る体験教室をします。

所要時間:1時間~1時間半程度 
参加費:500円(材料費込み)
申し込み:ご希望の方はメールでお申し込み下さい。
(お名前、連絡先、希望日時をお知らせ下さい)

<教室のご案内>
6月から始まります!!(日時等ご相談下さい)
※詳細はお尋ね下さい。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

宮中飲食研究院・春期展示会(展示編)

春期展示会03(展示編)20130530-001
↑ さぁ~、いよいよ宮中飲食研究院・春期展示会『宮中飲食―疎通の道を開く―(궁중음식-소통의 길을 열다-)』が始まります。

先ずは司会の挨拶から…

春期展示会03(展示編)20130530-002
↑ 続いてテープカットに入ります。

春期展示会03(展示編)20130530-003
↑ テープカット!!

春期展示会03(展示編)20130530-004
↑ テープを回収している李先生~。

春期展示会03(展示編)20130530-006
春期展示会03(展示編)20130530-005
↑ 韓福麗院長が招待客の方々に第1展示場~第6展示場まで解説して行きます。

春期展示会03(展示編)20130530-007
↑ こちらは第1展示場「酒食是義の料理(주식시의 음식)」のブース。

『酒食是義』とは1800年代に書かれた大田地方の同春堂恩津宋氏の一族に代々伝わる書物のこと。料理や生活の知恵を子孫に伝えようとして記録された、今でいう生活ハウトゥー本みたいなものですね。

春期展示会03(展示編)20130530-008
春期展示会03(展示編)20130530-009
春期展示会03(展示編)20130530-010
↑ この史料に記録されている料理の中で、現代でも手に入りやすい材料などで作られた料理を30品目ほど再現したとのこと。

人が多すぎて全部の写真は撮れませんでした…。

春期展示会03(展示編)20130530-012
春期展示会03(展示編)20130530-013
春期展示会03(展示編)20130530-014
春期展示会03(展示編)20130530-015
春期展示会03(展示編)20130530-011
↑ 続いてこちらは第2展示場「歴史の中の宮中料理(역사속의 궁중음식)」。

ここでは時代によって大きく異なった宮中料理を20個選出し、各時代ごとに並べその変化が人目で見られるところ。

春期展示会03(展示編)20130530-016
春期展示会03(展示編)20130530-017
春期展示会03(展示編)20130530-018
春期展示会03(展示編)20130530-019
↑ こちらも第2展示場の料理たち。

そしてあまりの人手で写真が撮れなかった第3展示場「正祖(1795)と高宋・純宋(1900代初)時期の膳(정조와 고종/순종 시기의 상차림)」を経由して…

春期展示会03(展示編)20130530-020
↑ この狭い階段を上がる途中に、第4展示場の映像ブースがあります。

映像ブースでは宮中飲食研究院がかかわった番組をノンストップで放映し続けます。

そして階段を登りきると…

春期展示会03(展示編)20130530-021
春期展示会03(展示編)20130530-022
春期展示会01(準備編)20130528-014
春期展示会01(準備編)20130528-013
↑ 第5展示場「過去と現在の北韓家庭料理(과거와 현재의 북한 가정음식)」にやって来ます。

李先生の作品があるのもここです。

春期展示会01(準備編)20130528-005
↑ そして李先生のチョガッポ作品が飾られている受付を通り過ぎたら、階下に下りて中庭へ…

春期展示会03(展示編)20130530-024
春期展示会03(展示編)20130530-023
↑ 階下の中庭では、午前11時と午後3時に行われる九節板の試演・試食会場や書籍販売ブースがあります。

春期展示会03(展示編)20130530-025
↑ 李先生は本日入り口の案内係担当なんですって…。

春期展示会03(展示編)20130530-026
↑ そこにharu氏がやって来ました!!

春期展示会03(展示編)20130530-031
↑ この日は「先生の日(스승의 날)」だったので、ワインを持って来てくれたそうです。

重かったでしょうに、どうも有難うございます。

春期展示会03(展示編)20130530-027
春期展示会03(展示編)20130530-028
↑ 李先生の作品の前で記念撮影。

春期展示会03(展示編)20130530-029
↑ ついでに尚宮役の人たちとも記念撮影!!

春期展示会03(展示編)20130530-030
↑ 帰り際にはヨモギ餅とカンジョンがお土産として頂けました!!

宮中飲食研究院は北村といえども、それほど便利な場所にあるわけではありません。それでも続々と見学者がやって来ています。

長くなって来たので、明日に続きます。

※ポジャギ展のご案内

ダムル工房の生徒さん、鹿児島K氏がこの度展示会をされることになりました!!

可能な方は是非足をお運び下さいね!!

<ポジャギ展in鹿児島>
チョガッポ展速報2013060105-0001
期間:2013年6月1日(土)~5日(水)
時間:10:00~16:00
場所:鹿児島市小野2丁目
(自宅の為メールでお問い合わせ下さい)
問い合わせ:上栗政代(かみくりまさよ)
massa5-pa10.ma1@ezweb.ne.jp

<体験教室>
チョガッポ展速報2013060105-0002 
期間中に携帯ストラップを作る体験教室をします。

所要時間:1時間~1時間半程度 
参加費:500円(材料費込み)
申し込み:ご希望の方はメールでお申し込み下さい。
(お名前、連絡先、希望日時をお知らせ下さい)

<教室のご案内>
6月から始まります!!(日時等ご相談下さい)
※詳細はお尋ね下さい。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

宮中飲食研究院・春期展示会(準備編②)

春期展示会02(準備編)20130529-001
↑ 展示会の準備が続いています。

春期展示会02(準備編)20130529-002
↑ こちらでは1階の第1展示場~第3展示場に並べる料理の準備中です。

後で展示会冊子を作成するので、料理準備と並行して撮影も行われています。

春期展示会02(準備編)20130529-003
春期展示会02(準備編)20130529-004
春期展示会02(準備編)20130529-005
↑ 教室の至るところに宮中料理が置かれています。こんなに沢山の料理を一度に見るなんて中々ないなぁ~。

春期展示会02(準備編)20130529-006
春期展示会02(準備編)20130529-007
↑ こちらでも韓福麗院長に出来たものから盛り付けの最終チェックを受けています。

春期展示会02(準備編)20130529-008
春期展示会02(準備編)20130529-009
↑ 院長のチェックを受けた後は、階下の展示場へ持って行き並べます。

春期展示会02(準備編)20130529-010
↑ ふと階下を見下ろすと…

春期展示会02(準備編)20130529-011
↑ 本日撮影予定のKBS放送局のスタッフがやって来ました!!

春期展示会02(準備編)20130529-012
↑ 彼らは先ず準備が整っていた第6展示場の撮影から始めます。

春期展示会02(準備編)20130529-013
↑ 第6展示場には正祖(←韓国ドラマ「イサン」の主人公ですよ~っ)が1795年閏2月13日に華城行宮し、母・恵慶宮の還暦祝いの宴を奉寿堂で行った時の料理を再現したものが展示されています。

春期展示会02(準備編)20130529-015
↑ あ、ソン先生が作ったお人形も健在ですねぇ~。

春期展示会02(準備編)20130529-014
↑ こちらは恵慶宮の進御饌案(還暦祝い当日に食べる食膳のこと)。

合わせて70種類もの還暦祝いの料理(회갑연:還甲宴)が準備された、とても豪華な宴だったそうです。

春期展示会02(準備編)20130529-016
↑ まだまだ準備は続きます。こちらは高宋・純宋の水刺床を準備しているグループ。

春期展示会02(準備編)20130529-017
春期展示会02(準備編)20130529-018
↑ 作った料理を階下に運び、第3展示場に並べます。

高宋・純宋ともに日本統治時代の王様ですが、豪華な食事ですねぇ~。

春期展示会02(準備編)20130529-019
春期展示会02(準備編)20130529-020
↑ こちらでは宮中飲食研究院で発刊している書籍の即売会準備をしています。

春期展示会02(準備編)20130529-021
↑ こちらは昨日もご紹介した李先生のチョガッポ作品ですが…

春期展示会02(準備編)20130529-022
↑ アイロンをかけてもらえなかった…とかで、少しでも皺をとるためキリフキで水をかけ…

春期展示会02(準備編)20130529-023
↑ 叩いて皺を伸ばしています。李先生「アイロン、持ってくれば良かった!!」

春期展示会02(準備編)20130529-024
↑ こちらは九節板の試演&試食会が行われる場所なのですが…

春期展示会02(準備編)20130529-025
↑ 上に布を掛けて日陰を作りました!!いいアイディアですねぇ~。

春期展示会02(準備編)20130529-027
↑ こちらは第2展示場「歴史の中の宮中飲食(역사 속의 궁중음식)」。ここでは1つの料理が過去~現在までにどのように変化してきたのかを見せてくれる場所です。

女官役の人たちの着替えも終わり、料理もおおかた出揃って来ましたねぇ~。

春期展示会02(準備編)20130529-028
春期展示会02(準備編)20130529-029
↑ オープニングで行うテープカットの準備も万端!!

春期展示会02(準備編)20130529-030
↑ 李先生も案内所の準備を終えて、いよいよオープニング・セレモニーが始まります!!

※ポジャギ展のご案内

ダムル工房の生徒さん、鹿児島K氏がこの度展示会をされることになりました!!

可能な方は是非足をお運び下さいね!!

<ポジャギ展in鹿児島>
チョガッポ展速報2013060105-0001
期間:2013年6月1日(土)~5日(水)
時間:10:00~16:00
場所:鹿児島市小野2丁目
(自宅の為メールでお問い合わせ下さい)
問い合わせ:上栗政代(かみくりまさよ)
massa5-pa10.ma1@ezweb.ne.jp

<体験教室>
チョガッポ展速報2013060105-0002 
期間中に携帯ストラップを作る体験教室をします。

所要時間:1時間~1時間半程度 
参加費:500円(材料費込み)
申し込み:ご希望の方はメールでお申し込み下さい。
(お名前、連絡先、希望日時をお知らせ下さい)

<教室のご案内>
6月から始まります!!(日時等ご相談下さい)
※詳細はお尋ね下さい。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

宮中飲食研究院・春期展示会(準備編①)

春期展示会01(準備編)20130528-001
春期展示会01(準備編)20130528-002
↑ 本日は宮中飲食研究院の春期展示会当日です。

現在、午前7時!!普段なら閉まっている筈の研究院の門も既に開いてます!!

机も垂れ幕ももう準備してるんだ??

春期展示会01(準備編)20130528-003
↑ 研究院の門をくぐると…。あぁ~、李先生のチョガッポ作品がかかってる!!

普段の研究院より素敵な感じになってますね??

春期展示会01(準備編)20130528-004
↑ そう思って写真を撮っていたら、2階から李先生が「幽~、こっち、こっち!!」と手を振って呼んでます。

春期展示会01(準備編)20130528-005
↑ 勝手知ったる2階へ上がると、あぁ~、ここにも李先生のチョガッポ作品が!!

普段のそっけない受付もチョガッポひとつで随分素敵になるんですね??

春期展示会01(準備編)20130528-006
↑ 李先生を始めとした研究員さんたちは皆慌しく料理の展示準備中…。

あ、あれ??李先生、パーマしてる!!化粧してる!!いつの間にぃぃ~????

昨日髪が随分伸びたので、数年ぶりにパーマをかけたんだとか…。本人曰く「ベートーヴェンみたいになっちゃった…」とのこと(笑)。

うわぁ~、パーマの李先生なんて何年ぶりだろ??

春期展示会01(準備編)20130528-008
春期展示会01(準備編)20130528-007
↑ 李先生がいる場所は『過去と現在の北韓家庭料理(과거와 현재의 북한 가정음식)』ブースです。

2000年に行われた韓朝頂上会談以降、解禁になった北朝鮮の料理本を研究し、過去から現在までの北韓料理を飯床形式で紹介する場所です。

春期展示会01(準備編)20130528-009
春期展示会01(準備編)20130528-010
春期展示会01(準備編)20130528-011
春期展示会01(準備編)20130528-012
春期展示会01(準備編)20130528-013
春期展示会01(準備編)20130528-014
春期展示会01(準備編)20130528-015
↑ 皆さん手際よく準備していきます。これら全部、北韓の飯床なんですよぉ~。

春期展示会01(準備編)20130528-016
↑ 皆で慌しく準備していると、韓福麗院長がやって来ます。

春期展示会01(準備編)20130528-017
↑ そして各料理の見栄えがよくなるように、アドバイスや最終チェックをして下さいました。

春期展示会01(準備編)20130528-018
春期展示会01(準備編)20130528-019
↑ こちらはH氏作『粥膳(죽상차림)』。

春期展示会01(準備編)20130528-020
春期展示会01(準備編)20130528-021
↑ K氏作『北韓式味噌汁膳(된장찌개밥상)』。

春期展示会01(準備編)20130528-022
春期展示会01(準備編)20130528-023
↑ そしてこちらが李先生作『温飯膳(온반상)』です~。

春期展示会01(準備編)20130528-024
↑ 先ずこちらは「平壌温飯(평양온반)」。

鶏肉を茹でて細かく割きヤンニョムで味付けしたものと、緑豆だけで作ったジョン、キノコの煮付けなどを温かいご飯の上に乗せ、鶏ベースのスープをかける汁膳です。

春期展示会01(準備編)20130528-025
↑ 「つるにんじん炒め(더덕볶음)」

つるにんじん(더덕)を叩いて繊維を柔らかくした後、塩揉みしておきます。あとは下味を付けた牛肉の千切りと一緒にごま油で炒めるだけ。

春期展示会01(準備編)20130528-027
↑ 「鶏肉揚げ団子(닭고기 완자튀기)」

茹でた鶏肉をすり潰し、澱粉と混ぜ合わせて油で揚げたものです。

春期展示会01(準備編)20130528-028
↑ 「イカナゴの佃煮(까나리자반)」

乾燥したイカナゴをたっぷりの油で炒めておきます。その後フライパンに醤油、砂糖、蜂蜜などをいれ、よく混ぜ合わせたところにイカナゴを入れ再度炒めます。最後に胡麻をかけたら出来上がり。

春期展示会01(準備編)20130528-026
↑ 「包キムチ(보김치)」

いわゆるポッサムキムチです。たっぷりの海産物、棗、松の実、栗、キノコ、唐辛子、銀杏などなど、たっぷりの具材を詰めて白菜の塩漬けで巻いたキムチです。

春期展示会01(準備編)20130528-029
↑ まだまだ準備は続きます。

宮中女官の衣装も運び込まれて来ています。

春期展示会01(準備編)20130528-030
↑ 午前10時の開会式に向けて、研究院中が慌しいデス。

他のブースでも色々準備中なのですが、長くなって来たので、明日に続きます。

※ポジャギ展のご案内

ダムル工房の生徒さん、鹿児島K氏がこの度展示会をされることになりました!!

可能な方は是非足をお運び下さいね!!

<ポジャギ展in鹿児島>
チョガッポ展速報2013060105-0001
期間:2013年6月1日(土)~5日(水)
時間:10:00~16:00
場所:鹿児島市小野2丁目
(自宅の為メールでお問い合わせ下さい)
問い合わせ:上栗政代(かみくりまさよ)
massa5-pa10.ma1@ezweb.ne.jp

<体験教室>
チョガッポ展速報2013060105-0002 
期間中に携帯ストラップを作る体験教室をします。

所要時間:1時間~1時間半程度 
参加費:500円(材料費込み)
申し込み:ご希望の方はメールでお申し込み下さい。
(お名前、連絡先、希望日時をお知らせ下さい)

<教室のご案内>
6月から始まります!!(日時等ご相談下さい)
※詳細はお尋ね下さい。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

おかえりなさぁ~っい!!

おかえりなさい20130327-001
おかえりなさい20130327-002
↑ 部屋でお仕事していると、李先生からの電話が…

「主人と2人で食事に来たら、パンチャンが多すぎて食べ切れない。来れるなら、すぐ来て!!」とのこと。

丁度そろそろ昼食どうしようかなぁ~っと思っていたので、有り難く駆けつけます。

おかえりなさい20130327-003
おかえりなさい20130327-004
おかえりなさい20130327-005
↑ キムチチゲを2人前頼んだだけらしいのに、すごい量!!なんで!?

特に一番下の豚の炒め物は主人がオーダーを間違えたとかで、最近ここの常連になっている李先生にサービスしてくれたんだとか…。

そりゃ、2人でこの量は無理ですよね??

おかえりなさい20130327-006
↑ 偶然とはいえ、有り難く昼食を頂いた後、久しぶりに工房を訪ねて食後のコーヒーを飲んでいると…

懐かしい面々が続々と集まって来て、久しぶりのダムル工房満員御礼!!

おかえりなさい20130327-007
↑ haru氏は1ヶ月程日本へ帰省していたので、本当に久しぶり。おかえりなさぁ~っい!!待ってたよぉ~!!

城北洞K氏は一時期結納品の準備で毎日のように通って来ていましたが、最近は見かけないなぁ~っと思っていました。

何と本日は李先生に結婚式の招待状を持って来たのだそうです。

おかえりなさい20130327-008
↑ haru氏、有難うございます。

おかえりなさい20130327-009
おかえりなさい20130327-010
↑ 日本帰省中はポジャギをする時間がなかったそうで、全く進んでない…とのこと。

でも作り始めからずっと見ている幽には随分ヌビが進んだなぁ~っと思いますよ??

おかえりなさい20130327-011
↑ 現在李先生が作成中のチョガッポ作品はこちら。

透け感のあるホッポ作品ですね??材質はオクサのようです。

これから暑くなるソウルでは涼しげでいいですねぇ~。

おかえりなさい20130327-012
おかえりなさい20130327-013
↑ そしてこちらも随分久しぶり!!韓国在住組のM氏。

出産予定日は3週間を切り、お腹も随分大きくなっていて驚きました。

本日は子供が産まれたら忙しくてポジャギなんてできなくなるだろうから…と作りかけの作品を完成しにやって来たそうです。

おかえりなさい20130327-014
↑ 韓国在住M氏「子どもが産まれると、しばらくの間はポジャギだけでなく色々なことができなくなるって聞いてるから、今のうちにやりたいこと色々やっておかないとネ…。」

確かに子どもの手が離れるまでの数年間は、ママは付きっきりなんでしょうねぇ~。

おかえりなさい20130327-015
↑ あと数週間でお母さんになるのかぁ~。初産+外国での出産なので色々不安なこともあるんでしょうね…。

お体に気をつけて元気な子を産んでくださいね!!


※ポジャギ展のご案内

ダムル工房の生徒さん、鹿児島K氏がこの度展示会をされることになりました!!

可能な方は是非足をお運び下さいね!!

<ポジャギ展in鹿児島>
チョガッポ展速報2013060105-0001
期間:2013年6月1日(土)~5日(水)
時間:10:00~16:00
場所:鹿児島市小野2丁目
(自宅の為メールでお問い合わせ下さい)
問い合わせ:上栗政代(かみくりまさよ)
massa5-pa10.ma1@ezweb.ne.jp

<体験教室>
チョガッポ展速報2013060105-0002 
期間中に携帯ストラップを作る体験教室をします。

所要時間:1時間~1時間半程度 
参加費:500円(材料費込み)
申し込み:ご希望の方はメールでお申し込み下さい。
(お名前、連絡先、希望日時をお知らせ下さい)

<教室のご案内>
6月から始まります!!(日時等ご相談下さい)
※詳細はお尋ね下さい。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

外国人韓国料理教室レポ(おまけ②)

外国人料理教室レポ20130524-001
↑ 李先生に「今日宮中飲食研究院行くけど、外国人クラスがあるから見てみる??」と言われ、軽い気持ちで一緒にやって来ただけだったのに…。

何故か昼食を研究生の方々と作るという(ま、幽は皿洗いだけだけどね!!)、食べる専門の幽にとっては少々変わった体験をさせて頂いてオリマス…。

コネスト地図の宮中飲食研究院のコメント欄に、一般人には関係ない団体…とか、薄い反応…とか結構なこと書かれているのを見てちょっと笑えたので、折角の機会に日本人の方にもこの団体のことをお伝えするのも悪くないかな??と思って書いています…。

でも確かに最近ここの記事ばっかり…(苦笑)。次には展示会レポも控えてるんだよなぁ~(汗)。

最近の李先生はここの活動がかなり増えているのでご容赦下さいネ!!

さて話を本題に戻し、昨日の続きです。

外国人クラスと同じメニューを作っていたのですが、豆腐が余ってしまったらしく長持ちしないのでさらに一品作っています。

豆腐をゴマ油で焼いて、こんがりしてきたら~

外国人料理教室レポ20130524-002
↑ 作っておいたヤンニョムを~

外国人料理教室レポ20130524-004
外国人料理教室レポ20130524-003
↑ 豆腐に塗り塗り…。ちなみにヤンニョムは醤油、ごま油、唐辛子、ニンニク、しょうが、ネギをパパッと混ぜるだけ~。

外国人料理教室レポ20130524-005
外国人料理教室レポ20130524-006
↑ ヤンニョムを塗った後は軽く両面を焼くだけで完成です。

ごま油がよく効き、表面がパリッとしていて中々美味しいおかずですよ。

人が作っているのを見てるだけだと料理って簡単そうなんだけどなぁ~。

外国人料理教室レポ20130524-007
↑ さらに残った材料を全部細かくしてチヂミも作るようです。

外国人料理教室レポ20130524-008
↑ 外国人クラスが終了した通訳補助さんもやって来ました。

この方はフランスでも料理修行をされたことがあるプロの料理人さんなんですって…。

李先生はチヂミを空中でひっくり返すコツを聞いていましたが、「最終的には練習あるのみデスネ!!」と至極当然の答え…(苦笑)。

外国人料理教室レポ20130524-009
↑ 写真はないけど、李先生が空中で見事ひっくり返すことに成功したチヂミも完成。

外国人料理教室レポ20130524-010
外国人料理教室レポ20130524-011
↑ 作った料理を机に並べて試食デス!!

外国人料理教室レポ20130524-012
↑ 1週間前の外国人クラスで作ったオイキムチも出て来ました。

お味は当然プロ集団だから、不味いはずはなく…。

料理できないくせに、舌ばっかり肥えちゃって贅沢な悩みを抱える幽でした…。


お知らせ20130506-004

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。

宮中飲食研究院韓国語HP
 ↓  ↓  ↓
http://www.food.co.kr/
(お問い合わせ番号:+82-2-744-9092)


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

外国人韓国料理教室レポ(おまけ①)

外国人料理教室レポ20130523-001
↑ 先日行われた展示会の話し合いのために、多くの幹部が集まった日でしたが…。

終わってそのまま帰るのかな??と思っていたら、「英語クラスの材料があるので、これで昼食を作りましょう」となりイキナリ調理実習が始まります。

外国人料理教室レポ20130523-002
↑ そっかぁ~、料理人のプロが集まると昼食も自作となるのか…。

材料はもちろん当日の英語クラスと同じメニュー。

外国人料理教室レポ20130523-003
↑ 李先生は青唐辛子にひき肉を詰めています。

今回は会員15名ほどが集まっているようですが、誰が何作るとかほとんど相談することもなくササッ…っと分担して作っています。

外国人料理教室レポ20130523-004
↑ 小麦粉付けて~

外国人料理教室レポ20130523-005
↑ 溶き玉子に浸します。

外国人料理教室レポ20130523-006
外国人料理教室レポ20130523-007
↑ フライパンに油を引いて焼いたら出来上がり。

外国人料理教室レポ20130523-008
↑ エホバクと青唐辛子のジョンです。

李先生に「会合ごとに調理実習なんてしてるんですか??」と聞いてみると、普段はやらない…とのこと。

今回は遠方からの会員も含めて幹部たちが本格的に展示会内容について相談するために集まったからとのこと。

外国人料理教室レポ20130523-009
外国人料理教室レポ20130523-010
↑ こちらでは白身魚をした処理し、小麦粉をマブシています。

外国人料理教室レポ20130523-011
外国人料理教室レポ20130523-012
↑ こちらも同様にフライパンで焼けば…

外国人料理教室レポ20130523-013
↑ 白身魚のジョンも完成しました。これ淡白な味わいの魚だけど、美味しいんですよねぇ~。

外国人料理教室レポ20130523-014
外国人料理教室レポ20130523-015
外国人料理教室レポ20130523-016
↑ こちらではテンジャンチゲの準備中。余った材料を適当な大きさに切って…

外国人料理教室レポ20130523-017
↑ 鍋にぶち込んで煮込んだら出来上がり。韓国味噌は日本のと違ってグツグツ煮たてるんですよねぇ~。

同じ味噌汁でも随分違うものですね??

ちなみに普段は李先生をほとんど手伝うこともなく、いつも「た~べ~る~だ~け~」の幽ですが(苦笑)、さすがにここでは写真撮りまくるだけでは何となく居心地悪い…。

なので写真を撮りながら、あちこちで出てくる洗い物を回収して皿洗いをしましたよ!!エッヘン!!(←手伝いなんて当たり前??)

ひたすら食器を回収する幽に「料理しないの??」と聞かれましたが、プロ集団の前で包丁握るほど心臓強くないもんね!!

長くなって来たので続きは明日…。


お知らせ20130506-004

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。

宮中飲食研究院韓国語HP
 ↓  ↓  ↓
http://www.food.co.kr/
(お問い合わせ番号:+82-2-744-9092)


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

外国人韓国料理教室レポ(実習編)

外国人料理教室レポ20120522-002
↑ さて10時が近づいてくると、外国人生徒たちが続々と集まって来ます。

16名中10名ほどが白人系のようでしたが、残り6名ほどはアジア系の生徒さん。

名札から判断しただけでしたが、日本人らしき生徒さんは3人程いるようです。

中々国際色豊かだなぁ~。でも英語クラスだからなのか、若干欧米系の方々が多い??

受付で渡されたエプロンや名札を付けて準備すると、先ずは料理講師の韓国語説明を男性通訳の方が逐次通訳していきます。

そのため韓国語のみの正規クラスより説明に若干時間がかかるそうですが、ゆっくり丁寧に授業は進みます。

外国人料理教室レポ20120522-003
↑ 講義しながら完成させた料理が並べられマシタ。

見学をしていて面白かったのは、白人系の人はその場で分からないことをどんどん質問していくことデス。

それに対してアジア系の人は最後までジィ~ッと静かに講義を聴いていました。

こういう所にもお国柄って出るんですねぇ~。

外国人料理教室レポ20120522-004
外国人料理教室レポ20120522-005
↑ こちらが完成品。上の写真がテンジャンチゲ。下の写真がエホバク、青唐辛子、白身魚のジョンです。

外国人料理教室レポ20120522-006
↑ ひととおり生徒たちが完成品の写真を撮り終えると、いよいよ調理実習に入ります!!

外国人料理教室レポ20120522-007
↑ こちらのテーブルはアジア系の人が多いグループ構成ですね。

レシピを読み返しながら、分担して料理をし始めます。

外国人料理教室レポ20120522-008
↑ こちらはヨーロッパ系の生徒が多いテーブル。

青唐辛子はヨーロッパの方では余り使わない食材なのかなぁ~。下処理のやり方が難しいようで、もう一人の補助通訳の女性に質問しています。

外国人料理教室レポ20120522-010
外国人料理教室レポ20120522-009
↑ こちらのテーブルは、白身魚の処理が難しいらしく戸惑っていたので、もう一度講師がデモンストレーションしてみせてくれます。

外国人料理教室レポ20120522-011
↑ ひとつひとつ丁寧に教えてくれるので、和気藹々と調理していました。

外国人料理教室レポ20120522-013
外国人料理教室レポ20120522-014
↑ どのテーブルでも皆、白身魚の処理が難しかったようですねぇ~。

外国人料理教室レポ20120522-012
↑ それ以外はとまどうこともなく、各テーブル間で雑談しながらの実習です。

外国人料理教室レポ20120522-020
外国人料理教室レポ20120522-015
↑ ジョンを焼いています。

この辺で李先生たちの話し合いが終わり、呼び出されてしまったため、見学はここまで…。

あとは3品の料理が全て完成したら、16名全員で大きな食卓を囲み試食するそうです。

そして後片付けをして終了とのこと。

色々な国の方と韓国料理を学びながら交流できる、中々面白そうな教室です。

関心のある方は是非一度参加してみて下さいネ!!

お知らせ20130506-004

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。

宮中飲食研究院韓国語HP
 ↓  ↓  ↓
http://www.food.co.kr/
(お問い合わせ番号:+82-2-744-9092)


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

外国人韓国料理教室レポ(準備編)

外国人料理教室レポ20120521-001
↑ 昨日告知させて頂いた<宮中飲食研究院・外国人文化体験クラス>に、偶然潜入することができたのでレポさせて頂きます。

中々面白い教室だったので、幽もいつか参加してみようかなぁ~♪♪♪

外国人料理教室レポ20120521-002
↑ 当日は土曜日8時ごろ。李先生は先週行われた宮中飲食研究院の展示会について、幹部打合せがあり早朝から出勤デス…。

まだ朝早いのに多くの関係者がいて、既に英語の掲示も出されていました。

外国人料理教室レポ20120521-003
↑ 外国人のための宮中飲食体験講座は2階で行われるようです。

外国人料理教室レポ20120521-004
↑ 当日参加予定の生徒たちの名札や英語レシピ、エプロンなどが入り口に準備されています。

外国人料理教室レポ20120521-005
↑ 中では教室準備で皆慌しい。李先生も幹部が全員集まるまでは手伝うことに…。

李先生は宮中飲食研究院の総務任期中は、この外国人クラスは担当しないとのこと。ダムル工房との両立ができなくなるからだそうです。

2年の任期を終えた後は、担当することになるんですって…。

外国人料理教室レポ20120521-006
外国人料理教室レポ20120521-007
↑ こちらでは本日使用する調味料の準備中。

今回の参加者は16名なんだそうで、4グループ編成となります。

外国人料理教室レポ20120521-008
↑ 今日のメニューはエホバクジョン(애호박전:韓国ズッキーニのジョン)、プッコチュジョン(풋고추전:青唐辛子のジョン)、センソンジョン(생선전:白身魚のジョン)、テンジャンチゲ(된장찌개:韓国味噌汁)だそうな…。

外国人料理教室レポ20120521-009
外国人料理教室レポ20120521-010
↑ こちらの研究員さんたちは、材料の下準備中のよう…。

外国人料理教室レポ20120521-011
外国人料理教室レポ20120521-012
↑ 李先生は調味料の準備をしています。

外国人料理教室レポ20120521-013
外国人料理教室レポ20120521-014
↑ 1グループごとに使う材料を厳密に量ってトレイにのせます。

外国人料理教室レポ20120521-015
外国人料理教室レポ20120521-016
↑ 本日のメイン通訳は男性研究員の方が担当するそうです。

生徒たちが少しでも分かりやすいように、調味料や材料全てに英語表記を施しています。

結構細かいところまで配慮しているんですねぇ~。

外国人料理教室レポ20120521-017
↑ さ、準備完了です!!

あとは外国人生徒さんたちをお迎えするだけですね!!

長くなったので、実習編は明日に続きます。

お知らせ20130506-004

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。

宮中飲食研究院韓国語HP
 ↓  ↓  ↓
http://www.food.co.kr/
(お問い合わせ番号:+82-2-744-9092)


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

外国人文化体験プログラムのご案内

お知らせ20130520-003

<宮中飲食研究院・外国人文化体験プログラムのご案内>

宮中飲食研究院では2013年4月から毎週土曜日に「外国人のための韓国料理体験講座」を行っています。

韓国料理や宮中飲食について関心がある方は是非ご参加下さい。

お知らせ20130520-004

<宮中飲食研究院・英語クラスの概要>

日時:毎週土曜日 午前10時~午後1時

参加費:1名 40,000ウォン

説明言語: 英語と韓国語 ※韓国人講師1名に英語の逐次通訳
(通訳はメインと補助で2名程います。)

事前予約が必要です。

希望日時の1週間前までに予約してください。

料理は毎週違うメニューを3品ほど作ります。

エプロン(要返却)や英語レシピが準備されており、1時間程英語逐次通訳で料理の作り方を講義、その後幾つかのグループに分かれて調理実習を行います。

1名様から参加可能です。

ご予約・さらに詳細な内容については宮中飲食研究院にてお尋ね下さい。(お問い合わせ番号:+82-2-744-9092)

お知らせ20130506-004

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。

宮中飲食研究院韓国語HP(一部日本語有り)
 ↓  ↓  ↓
http://www.food.co.kr/
(お問い合わせ番号:+82-2-744-9092)


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

てまり補修中

てまりキット修正中20130517-003
↑ 本日5月17日は旧暦4月8日にあたり、韓国では「釈迦誕生日:석가탄신일」!!

韓国の数少ない公休日となります!!それも今年は韓国で滅多にない金~日まで3連休!!

ヤッホィ~!!!!何シヨ…、何シヨ…??

てまりキット修正中20130517-002
↑ 韓国仏教界で蓮の花は「汚れのない清潔・純潔」のシンボルとされているので、仏像の前にお供えされています。

蓮の花って近くで見ると、結構大きくて迫力ありますね??

てまりキット修正中20130517-001
↑ 1ヶ月ほど前から、ソウルの街ではこの日のため、あちこちで提灯が飾られとっても華やかになるんですよ!!

そりゃ、クリスマスに比べれば地味ですが、それでも色とりどりの提灯で飾られる街を歩くとちょっとウキウキしてしまいます…。

てまりキット修正中20130517-004
↑ さて…話を工房に戻して。工房に顔を出すと珍しくてまり作業をしている李先生と延氏。

てまりキット修正中20130517-005
↑ そういえば、このブログではほとんどてまり記事がありませんね??

けれども最近のダムル工房は4月のドキュメンタリー放映後に視聴者の方から数名連絡があったりして、韓国人のてまり生徒さんが増えたんですよねぇ~。

なのでここのところ李先生の日常は、若干てまり教室の方が多いんだとか…。

単に幽が顔出す時に、李先生がてまりしてないダケ…のことなんですよネ!!!

てまりキット修正中20130517-006
↑ でもいつもポジャギの延氏がてまり作業をするのは、本当に珍しい…。

何でも最近忙しくなってきた李先生のアシスタントも兼ねて、てまりも新しく始めたんですって!!

てまりキット修正中20130517-008
↑ ちなみに現在は、4月から新しく招聘された中学校のてまりキットの補修中なんだとか。

女子中学校のチョガッポ教室とは別に、今度は共学中学校でてまり教室の要請を受けたのです。

てまりキット修正中20130517-009
↑ こちらは4月末に、第1回目の授業2時間で実際に男子学生が刺繍した手まり。

学生数は26名で、そのうち男子学生が17名なんだとか…。李先生にしては珍しく男子が多い教室だったそうです。

てまりキット修正中20130517-010
↑ こちらが延氏作の完成型。

てまりはまだ初歩の延氏ですが、手工芸歴長いだけあって初歩者とは思えない出来栄えですね??

てまりキット修正中20130517-011
↑ 今回の出張教室は全5回。1回2時間でてまり1個を完成させなければなりません。

てまりキット修正中20130517-007
↑ 全10時間で手工芸経験ゼロの中学生たちがてまりを完成させるのは中々難しい…。

なので毎回の授業後、作品を回収して刺繍の修正や難しいところを補修したりしているのだそうです。

てまりキット修正中20130517-012
↑ 延氏もその作業の手伝いをしているのですが、てまりは面白いですか??と聞いてみると…。

「チョガッポやヌビとは違うから、最初はちょっととまどうこともあるけど、新鮮で面白い。」とのこと。

てまりキット修正中20130517-013
↑ けれども分割式などの計算が出てくると、長らく計算なんかしたことなかったのでちょっと戸惑うこともあるそうです。

李先生「最近は電卓とかあるんだから、それを使えばいいじゃん。簡単だよ。」

…とはいいますが、幽は延氏の気持ち分かるけどなぁ~。もう分割式の数字が出た途端に及び腰になるんですよね(苦笑)!!

てまりは日本でもボケ防止に最適!!と言われているそうなので、もうちょっと年とったら挑戦してもいいかもしれナイケド…。

巾着づくし!!(その1)20130419-012
↑ さ、頭の体操もしたことですし(幽は何もしていませんが…)、お次は脳に栄養補給!!

今回はてまり補修作業が忙しいので、外に食べにいく時間がありません。

なので最近新しく出前メニューに加わった、大学路老舗の焼き魚店「コサムイ(고삼이)」で注文です。

てまりキット修正中20130517-014
↑ 李先生と延氏はアルパッ(알밥:とびこ飯)にしました。

てまりキット修正中20130517-015
↑ 幽はどっちにしようか迷いましたが、コンビジチゲ(콩비지찌개:おからスープ)にすることに…。

たまにこの優しい味を食べたくなるんですよねぇ~。

でも2人が食べているアルパッも最近食べてないから、次はそれにしてみようかな??

その後、幽はお仕事に行きましたが、2人のてまり作業は続きます。

お疲れさまぁ~、頑張って下さいネ!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/05/17 10:07 ] 手まり | TB(0) | CM(0)

料理教室レポート(おまけ)

先生の日20130516-001
↑ 昨日も暑かったデスネ!!

昨日は宮中飲食研究院春季展示会で朝から晩まで色々なことがありましたが、とても楽しい1日でした。

詳しいことはまた次回レポートします。お楽しみに!!

ところで昨日5月15日(水)は「両親の日(어버이날)」に続き、「先生の日(스승의날)」。

ダムル工房にもカーネーションが届きました!!どうも有難うございます。

料理教室レポート(その1)20130506-001
↑ さて長く続いた料理教室レポートですが、本日でラストです。

こうしてノクトゥジョン(녹두전)、オジンオシッケ(어징어식해)、コチュジャン(고추장)2種のリクエスト料理を全て完成させたのですが…。

さらにオマケの料理教室が続きマス!!李先生、出血大サービスですね??

料理教室レポート(おまけ)20130509-001
↑ 先ずはコチュジャン作りに使った麦芽(엿기름)の残りカスですが、さらにそこに水を加えて麦芽汁を絞り出し…

料理教室レポート(おまけ)20130509-002
↑ オジンオシッケ(어징어식해)を作った時に残った白飯に入れます。

手作りシッケ
↑ そして5~6時間、炊飯器の電源を入れたまま放置すれば、今度は韓国米ジュースのシッケ(식혜)になりまぁ~っす!!

韓食レストランのデザートで出るような透明なシッケが作りたかったら、炊飯器で5~6時間放置させて、発酵が進んだ上澄み液とお米を分離させ、お米は水洗いします。

そして上澄み液には水飴や砂糖、生姜などを加えて再度煮立たせ、水洗いしたお米と合わせて容器に入れれば出来上がり。

でも李先生は別に家庭で食べるならお米を水洗いする必要ないし、砂糖を使うのが嫌いなので砂糖も入れないとのこと。

白く濁ったシッケの方がお米の栄養分が取れるだけでなく、米の自然な甘みも感じられるんだとか…。

それでも甘味が足りないと思ったら、飲む時に蜂蜜などを加えて飲めば充分美味しい…といいます。

実際、幽も李先生お手製のシッケを飲んだことありますけど、外で飲むシッケよりさっぱりとした甘さでとても美味しいんですよ。

料理教室レポート(おまけ)20130509-004
料理教室レポート(おまけ)20130509-003
↑ さらに李先生のオマケ料理教室は続きます。

お次は次男が化学調味料アレルギーを持っているため、李先生は絶対にタシダ(다시다:日本の本だしみたいなの)を使わないんだとか…。

それでも何とか美味しい調味料を…とのことで、作っているのがこのマッソグム(맛소금:美味しい塩)。

料理教室レポート(その3)20130508-020
↑ このような天然アラ塩に~

料理教室レポート(おまけ)20130509-005
↑ 栄養価たっぷりの昆布の根元と…

料理教室レポート(おまけ)20130509-007
↑ 煮干しを合わせて鍋でグツグツ煮立たせ、水分を蒸発させるまで煮詰めれば、化学調味料に頼らなくてもとっても美味しいお塩ができるとのこと。

料理教室レポート(おまけ)20130509-006
↑ 下関L先生も「何でもひと手間かけることで美味しくなるんですね??私も作ってみます。」と、熱心にメモしていらっしゃいました。

料理教室レポート(おまけ)20130509-008
↑ さらにお料理教室は続きます…。

今回は3種類の料理のうち、2種類までもが数ヶ月待たないと食べられません。

料理教室レポート(その1)20130506-019
↑ 食べられるのはこのノクトゥジョンだけ!!

料理教室レポート(おまけ)20130509-009
↑ なのでノクトゥジョンとオジンオシッケに使って余った切干大根に…

料理教室レポート(おまけ)20130509-010
料理教室レポート(その1)20130506-008
料理教室レポート(おまけ)20130509-011
↑ 同じくノクトゥジョンに入れたパマヌルを細かく切ったものを加えます。

料理教室レポート(おまけ)20130509-012
料理教室レポート(おまけ)20130509-013
↑ そして唐辛子、ごま油、醤油、ニンニク、生姜などなどのヤンニョムを加えて混ぜ合わせると、あっという間に切干大根のコッチョリが完成です。

料理教室レポート(おまけ)20130509-014
↑ さらにミッパンチャンや作り置きのマンドゥを使ったマンドゥクッまで、ササッと作って昼食の時間になります。

料理教室レポート(おまけ)20130509-015
↑ 下関L先生、料理教室お疲れサマ~!!

料理教室レポート(おまけ)20130509-016
↑ 確かに餅粉入りのノクトゥジョンは、広蔵市場で食べるものより、ずっと柔らかくフワッとした食感!!

食べなれた料理でもちょっとした工夫で新鮮に感じるものなんですね??

料理教室レポート(おまけ)20130509-017
↑ 最後はお二人で「キムチ」!!

下関L先生は韓国料理だけでなく、フランス料理やデザートなどとても手広く活躍されています。

関心がおありの方は、是非「料理サロン~Slon de Lee~」までお問い合わせ下さいネ!!



李先生や下関L先生も学んだ宮中飲食研究院の春季展示会は本日が最終日デス!!

見応えのある展示会でしたよぉ~。是非ご覧下さい!!

↓  ↓  ↓


<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

料理教室レポート(その3)

料理教室レポート(その3)20130508-001
料理教室レポート(その3)20130508-002
↑ お次は本日のメイン!?コチュジャン2種類です。

上の写真がマクジャン(막장)、下の写真がコチュジャン(고추장)となります。

もちろん下関L先生はお祖母さま直伝の全羅南道コチュジャンを使って料理教室をされているそうですが、コチュジャンなどの醤類は地域や家庭ごとに作り方が違うのです。

なので他地域の作り方も勉強してみたかったんだとか!!ス、スゴイ!!

料理教室レポート(その3)20130508-003
料理教室レポート(その3)20130508-004
↑ 先ずは両方とも麦芽(엿기름)を前日から水に浸しておきます。

料理教室レポート(その3)20130508-005
料理教室レポート(その3)20130508-006
↑ 浸しておいた麦芽を篩で漉すと、このように麦芽汁が絞れます。

料理教室レポート(その3)20130508-007
↑ そこに餅粉(찹쌀가루)を加え、よく混ぜ合わせ~

料理教室レポート(その3)20130508-009
料理教室レポート(その3)20130508-010
↑ 中火で30分くらい煮詰めます。

料理教室レポート(その3)20130508-008
↑ 下関L先生の家ではもち米を蒸して行う全羅南道式なのでコチュジャン作りはとっても大変なんだとか…。

でも李先生の方法だとお料理教室でも気軽にコチュジャンが作れますね??と熱心にメモメモ…。

李先生「確かに蒸して作るのも美味しいけど、こうして餅粉を煮詰めて作ったものも市販のコチュジャンとは比べ物にならないくらい美味しいのよ。何より気軽に作れるから、この方法も試してみてね。」

料理教室レポート(その3)20130508-011
料理教室レポート(その3)20130508-012
↑ 先ずはマクジャンから行きます~。

唐辛子粉とメジュカル(메주가루:豆麹粉)を準備します。

料理教室レポート(その3)20130508-013
料理教室レポート(その3)20130508-014
↑ 唐辛子粉3に対して、メジュカル4程度、つまり気持ちメジュカル多目にして下さい。

料理教室レポート(その3)20130508-015
料理教室レポート(その3)20130508-016
↑ それをよく混ぜ合わせます。

料理教室レポート(その3)20130508-017
↑ すると先ほど中火で30分ほど煮立てた麦芽汁と餅粉がこのようになってきたら~

料理教室レポート(その3)20130508-018
料理教室レポート(その3)20130508-019
↑ メジュとコチュをあわせたものに注いで、全体によく行き渡るように練り上げます。

料理教室レポート(その3)20130508-020
料理教室レポート(その3)20130508-021
↑ そして味見をしながら、適当量の塩を加えて混ぜたら~

料理教室レポート(その3)20130508-022
↑ マクジャンの出来上がり~。3~6ヶ月程常温で発酵させてください。

マクジャンはコチュジャンチゲ(고추장찌개)という味噌の代わりにコチュジャンを入れる鍋料理や、サンジャン(쌈장)のように肉に付けて食べると美味しいそうです。

ちなみに李先生お薦めはジャンポックム(장볶음:肉味噌炒め)といって、牛のひき肉とマクジャンをゴマ油などで炒めて作るミッパンチャン(밑반찬:作り置きのオカズ)だそうです。

幽も食べたことあるけど、熱々のご飯と食べると、ホント美味しいんですよね!!

料理教室レポート(その3)20130508-023
料理教室レポート(その3)20130508-024
料理教室レポート(その3)20130508-025
↑ さて…、次はご存知コチュジャンです~。途中まではマクジャンと全く一緒なんです。

料理教室レポート(その3)20130508-027
↑ マクジャンとコチュジャンの違いは単に砂糖などの甘味を加えるかどうかだけ…。

市販のコチュジャンは砂糖を使ったり、水飴を使ったりしますが、李先生は蜂蜜を使います。

これ、家庭用だから出来ることですよね!!市販じゃ採算合いません…。

料理教室レポート(その3)20130508-026
↑ 一本丸々全部使い切ってしまいました!!

結構コチュジャンって糖分が沢山入ってるんだなぁ~。

料理教室レポート(その3)20130508-028
↑ よぉぉ~っく混ぜ混ぜ…

料理教室レポート(その3)20130508-029
↑ コチュジャンの完成です~。こちらも同様に3~6ヶ月常温で発酵させてください。

皆さんご存知のように、コチュジャンはトッポッキに使われたり、ビビンパッを食べる時に添えられたりもしますネ。

他にも鶏の唐揚げに使えばヤンニョムチキンとなり、最近屋台で若い人に人気ですよねぇ~。

料理教室レポート(その3)20130508-030
↑ こうしてオジンオシッケ、マクジャン、コチュジャンの発酵保存食3種類の完成です!!

お疲れさまでしたぁ~。


↓  ↓  ↓  今日はいよいよ展示会初日です!!
↓  ↓  ↓  皆さん、お待ちしております!!

<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

料理教室レポート(その2)

延氏のランチ20130220-010
↑ お次は韓国の発酵食品、イカのシッケ(식해:食醢)!!

韓国のお米ジュース、シッケ(식혜:食醯)ではありません。日本語では違いを表現できないんですよねぇ~。

塩でしめた魚介類に米や粟などの穀物と唐辛子を合わせ、麦芽を加えて発酵させた食品です。

中国では2世紀頃から作られていたそうですが、韓国では17世紀作者未詳の調理書『チュバンムン(주방문:酒方文)』や『ヨロク(요록:要録)』に作り方が書かれているのが最初の記録だそうです。

主に朝鮮半島最北部になる咸鏡道の郷土料理であるため、南方のソウルではあまり見かけない保存食です。

料理教室レポート(その2)20130507-001
↑ 今回はイカのシッケを作るので、先ずはイカの処理から。

これは半乾燥させたイカです。

料理教室レポート(その2)20130507-002
料理教室レポート(その2)20130507-003
↑ イカの薄皮を丁寧に剥いていき~

料理教室レポート(その2)20130507-004
料理教室レポート(その2)20130507-005
↑ 食べやすい大きさに切っていきます。

料理教室レポート(その2)20130507-006
↑ 下処理した半乾燥のイカを一度綺麗に水洗いをし、軽く塩でしめた後…

料理教室レポート(その2)20130507-007
↑ 麦芽(엿기름)を加えていきます。これが麦芽。いわゆるモルツってやつですよねぇ~。

料理教室レポート(その2)20130507-008
料理教室レポート(その2)20130507-009
↑ 麦芽を篩にかけて~

料理教室レポート(その2)20130507-010
料理教室レポート(その2)20130507-011
↑ 下処理したイカにまぶします。

そして生姜や玉ねぎをすり潰したものを加えていきます。お好みによっては蜂蜜や水飴を少し加えても美味しいそうです。

料理教室レポート(その2)20130507-012
料理教室レポート(その2)20130507-013
↑ そこに粗引きの唐辛子を加えてよく混ぜ合わせ~

料理教室レポート(その2)20130507-014
料理教室レポート(その2)20130507-015
↑ 炊き上がったご飯を加えます。

料理教室レポート(その2)20130507-016
↑ 最後にダイナミックによく混ぜ合わせたら~

料理教室レポート(その2)20130507-017
↑ オジンオシッケの完成です!!

このまま常温で1~2週間、発酵させてください。

そして韓国のように乾燥した地域ならば、発酵後もずっとベランダなどの風通しの良い場所に保存しておけばいいそうです。

けれども日本のように湿気が多い地域だと、発酵後は冷蔵庫に入れたほうがいいとのこと。

ちなみに李先生宅では、現在6ヶ月以上前に作りベランダで常温保存しているシッケを食べているそうです。

ご飯を使って作っている保存食なんですが、発酵後はご飯が進む美味しい付け合せになりますよぉ~。(あとマッコリなどにも合うそうです。)


<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

料理教室レポート(その1)

料理教室レポート(その1)20130506-001
↑ 恒例の料理教室レポートです!!

今回の希望料理はコチュジャン2種類、韓国発酵食品イカのシッケ(식해:食醢)、そしてノクトゥジョン(녹두전:緑豆煎)。

料理教室レポート(その1)20130506-002
↑ ラインナップを見て頂ければ分かるように、非常に玄人チョイスですよねぇ~。

それもそのはず!!今回の生徒さんは下関にて料理サロン「Salon de LEE」を主催する下関L先生だからです!!

ちなみにこちらは下関銘菓だとのこと…。どうも有難うございます。

料理教室レポート(その1)20130506-003
↑ 下関L先生と李先生は宮中飲食研究院を通じて知っている間柄と言いますか…。

今年1月から李先生が宮中飲食研究院の総務を担当しているため、会員全員に告知したりするんです。

そのなかに下関L先生もいらっしゃった…という関係です。

料理教室レポート(その1)20130506-004
↑ なので宮中料理を初めとした基本韓国料理はほぼマスター済みなわけです。

けれども更なる研鑽を積むため、今回は李先生の料理教室を希望したとのこと。

折角久しぶりに韓国へ来ても、中々本格的な1日料理教室なんてありませんからネ!!(もちろん初歩者クラスなら探せばありますが…。)

さて…、料理教室レポに戻りますが、先ずはノクトゥジョンから行きます~。

料理教室レポート(その1)20130506-005
料理教室レポート(その1)20130506-006
料理教室レポート(その1)20130506-007
料理教室レポート(その1)20130506-008
↑ 以前の料理教室記事でもご紹介したことがあるので、簡単に説明しておきますね。

上からトラジ(韓国桔梗)、コサリ(韓国蕨)、スクチュナムル(もやし)、パマヌル(芽ニンニク)などの各種野菜を、食べやすい大きさでみじん切りにしていきます。

料理教室レポート(その1)20130506-009
料理教室レポート(その1)20130506-010
↑ そこに今回は切干大根を水で戻したものも入れます。

ここからも分かるようにジョン類は旬の野菜や、余った野菜など何でも入れてOKということです。

料理教室レポート(その1)20130506-011
↑ これらの具材に塩、黒胡椒、生姜、ニンニクなどで軽く味付けしていきます。

あまりしっかりと味付けしないのがポイントだそうです。

料理教室レポート(その1)20130506-012
↑ そして5~6時間水に浸しておいた緑豆の皮を綺麗に取り除きます。

けれども写真程度に少しくらい残っていてもOKだとのこと。

料理教室レポート(その1)20130506-013
↑ その緑豆をミキサーですりおろしたものを、先の野菜のみじん切りとあわせます。

料理教室レポート(その1)20130506-015
料理教室レポート(その1)20130506-014
↑ そして混ぜ合わせて、焼けばOKなのですが、今回はもち粉を少し入れます。

このもち粉はコチュジャンのために準備しているものですから、本来は入れなくてもいいのです。

ただジョンにもち粉を入れると、とっても柔らかい食感になるんだとか…。

料理教室レポート(その1)20130506-016
↑ そして彩りのため、糸唐辛子を入れて~

料理教室レポート(その1)20130506-017
料理教室レポート(その1)20130506-018
↑ フライパンで焼きます。

ちょっと豪華にしたいなら、写真のように豚肉のスライスを置いてもOKです!!

料理教室レポート(その1)20130506-019
↑ 焦んがり焼きあがったら、ノクトゥジョンの完成です!!

長くなってきたので、続きはまた明日~。


<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

キット製作中!!

キット製作中20130510-001
キット製作中20130510-002
↑ 最近の幽は私用で色々忙しく、久しぶりに工房へ行ってみると…。

李先生は何やら熱心にモシを図面にそって並べています。

何を作ってるんですか??と聞いてみると、去年とほぼ同じ時期に行っていた学期末に行われる女子中学校180名のキット製作中でした。

えええっっっ~!!!もうあれから1年経ってるの!?シンジラレマセン…。

キット製作中20130510-006
↑ ちなみに前回行われたワークショップでは、女子中学生がつなげたチョガッポの仕上げを延氏が担当していたのですが…

キット製作中20130510-007
↑ 見事完成デス!!こちらは2年仁組と淑組の合同作品。

キット製作中20130510-008
↑ そしてこちらは2年徳組と真組の合同作品です!!

綺麗に完成しましたネ!!今年の文化祭で展示する予定なんだそうです。

キット製作中20130510-003
キット製作中20130510-004
↑ そして今回はちょっと趣向を変えて…

キット製作中20130510-005
↑ 前回のような合同作品ではなく、個人で単品を仕上げてみよう!!との計画だとか…。

この完成作品の大きさは縦横20センチほどの大きさです。

何に使えるかなぁ~??花瓶敷き??壁掛け??

キット製作中20130510-009
キット製作中20130510-010
↑ 他にも同じパターンですが、大きさを色々変えたものも提案してみるそうです。

左から縦横20cm、18cm、10cmです。

今回の学生さんはどんな作品を作るのでしょうね???


<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/05/10 10:01 ] ポジャギ | TB(0) | CM(0)

4月知味斎月例会(会食編)

両親の日20130508-001
↑ 昨日5月8日(水)は韓国の「両親の日(어버이날)」!!

そのため大学路のあちこちにもカーネーションスタンドが出ていましたぁ~。

こちらは日本でいうサーティーワン(韓国ではバスキンロビンスと言いますが…)で、両親のためにアイスクリームケーキを購入したら…

両親の日20130508-001
↑ カーネーションを無料プレゼント!!という行事。

日本と違って、毎年5月8日に祝うけれど、公休日ってわけではありません。

なので両親と離れて暮らす多くの人は今週末に実家や嫁家の両親を訪問することが多いそうですよ??

4月知味斎月例会(会食編)20130509-001
↑ さて…、昨日の続きデス。講演後は長い列を作って昼食ブッフェに並びます。

そしてようやく幽の番も周ってきました。さ、どんな料理があるのかな??

4月知味斎月例会(会食編)20130509-002
↑ 自然食レストランだから、野菜が一杯ありますねぇ~。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-003
4月知味斎月例会(会食編)20130509-004
↑ オニギリも玄米と野菜ふりかけで作られていたり、菜っ葉で巻かれています。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-005
↑ これは生のエノキ茸のサラダ。エノキ茸ってあまり生食したことなかったけど、甘くて美味しいんですねぇ~。

今回幽のイチオシはこれかな??

4月知味斎月例会(会食編)20130509-006
↑ 海草サラダに…

4月知味斎月例会(会食編)20130509-007
↑ ペチュジョンとヨモギ饅頭。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-008
↑ ペチュジョンは李先生がよく作ってくれる出来立ての味を知ってるからか、冷めちゃうとイマイチだったな…。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-010
↑ 鶏肉とキノコなどを使った酢豚風な味付け…。ほとんど残っていなかったので、少ししか味見できなかったけどあまり韓国ではお目にかからない味だったような…。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-009
↑ こちらも鶏肉サラダ。やっぱり健康食となると、お肉はチキンとなるのカナ??

確かにベジタリアンでもない限り、宗教上の理由で鶏肉を禁止したりしてないしな…。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-011
↑ このカンジョンには先ほどの講演で配られた玄米ぬかが配合されているんですって。

素朴な味わいの菓子でしたねぇ~。健康食だから、こんなもんでしょ??って感じ??

4月知味斎月例会(会食編)20130509-013
↑ ジャーッッン!!これが幽の自然食ブッフェです。

いくら健康食と言っても、こんなに取ってたら完全にカロリーオーバーだよね…(苦笑)。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-012
↑ 食事中もミン氏は各テーブルを周り、会員たちの質問に色々答えていました。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-017
↑ ちなみに自然食レストラン「チョンミレ」の数あるメニューの中で一番こだわりを持っているのが、自家製で10年モノの醤油と味噌なんだそうな…。

防腐剤などを一切使わず伝統のやり方で細心の注意を払って作っているんだとか…。

そしてその自慢の醤油を使って作られたヤンニョムがコレ!!

4月知味斎月例会(会食編)20130509-018
↑ 何でも30種類の薬草や木の実をブレンドしてるらしい。

確かに他ではちょっと味わえない醤油でしたねぇ~。

4月知味斎月例会(会食編)20130509-019
↑ 食事が終わると、時間に余裕のある人は世界各国の食を主題にした映画鑑賞会もあります。

4月はドイツ映画でした。ちなみに3月は日本映画『かもめ食堂』だったそうです。

それなら観ても良かったけど、ドイツ語にハングル字幕は結構大変なので、今回はパス!!

4月知味斎月例会(会食編)20130509-020
↑ 帰り際、「イングンニムサルパッチプ」(임금님쌀밥집:王様のお米屋さん)のオーナーに声をかけられたのですが…(顔が切れてシマイマシタ!!スミマセン!!)。

皆面白がって、返却しなければならない名札を付けてるみたい…(笑)。

いつもすっごく気さくで面白いオーナーさんならでは…って感じ???

ラストスパート20130308-015
↑ こちらが利川にあるお店です!!こちらのお店も美味しいですよ!!

李先生たち幹部は後片付けがあるので、まだまだ仕事は続きマス。幽は折角北村マウルに来ているので、お散歩して帰ろうとお先に失礼させて頂きました!!

李先生たち幹部は行事があるごとに、早朝から夕刻まで1日仕事で大変そう!!お疲れさまです~。

以上が少し遅れましたが、4月の知味斎月例会でした!!

今月15日、16日は普段は中々奥にまで入れない宮中飲食研究院が一般開放されますので、関心のある方は是非お立ち寄り下さいネ!!


<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

4月知味斎月例会(講演編)

4月知味斎月例会(講演編)20130508-001
↑ 開始時間の10時を過ぎると満席になり、脇に補助席を設けるほどに…。

今回も盛況ですねぇ~。

4月知味斎月例会(講演編)20130508-002
↑ 開始時間が遅れること15分…、いよいよ会合が始まります。

密着取材のCCさんもスタンバッています!!ちなみに幽は隅っこで他の会員の邪魔にならないようにしているので近くへは寄れません…。

4月知味斎月例会(講演編)20130508-003
↑ 司会進行役は李先生です~。

4月知味斎月例会(講演編)20130508-004
↑ 先ずは恒例の新会員自己紹介。今回は7名ほど新しく入会しました。

4月知味斎月例会(講演編)20130508-005
↑ 韓福麗院長の挨拶に続いて…

4月知味斎月例会(講演編)20130508-006
↑ 今回の招聘講座が始まります。

今回の講師は松坡区三田洞(송파구삼전동)にて自然食ブッフェ『チョンミレ(청미래:清未来)』を経営しているミンヒョンギ(민형기)氏。

講演テーマは『山野草の酵素材料と糖度比率』。

4月知味斎月例会(講演編)20130508-008
↑ 各植物の種、花、葉、皮、根などなどの各部位から採取する酵素の中にどれ程糖度があるのか、砂糖などの化学物質と代替するにはどれくらいの量が必要となるのか…という話でした。

李先生も熱心に講義をメモしているみたい??それをしっかりとカメラにおさめるCCさんも見えます。

4月知味斎月例会(講演編)20130508-007
↑ 韓国では数年前からウェルビーンと言われ、健康ブームが根強く続いています。

参加者の中には実際の食堂経営者も多いので、新メニューのヒントにでもするのか、皆さん真剣に聞き入っていますね??

4月知味斎月例会(講演編)20130508-009
4月知味斎月例会(講演編)20130508-010
↑ そして今回はミン氏が数ある発酵酵素の中でも特にお薦めするという、玄米ぬか(쌀눈쌀겨)の粉末を全員に持って来てくれました。

講演の後半部では、この玄米ぬかの発酵酵素を活用したメニュー案などを幾つか提案されていました。

幽もちょっと味見してみましたが、確かにほんのりと甘みがありましたね…。

4月知味斎月例会(講演編)20130508-011
↑ こうして約1時間の講演が終わります。

今日の昼食はミン氏経営の「チョンミレ」(韓国語動画付き)で提供されているメニューを幾つか持参してもらい、即席ブッフェとなります。

差し入れにこの店人気のマッコリも提供!!

4月知味斎月例会(講演編)20130508-012
↑ 何しろ100人余りの参加者がいますから、行列も長くなります。

4月知味斎月例会(講演編)20130508-013
↑ 宮中飲食研究院の踊り場に急遽設置されたブッフェ会場。

長くなって来たので、また明日に続きます。

<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

4月知味斎月例会(準備編)

4月知味斎月例会(準備編)20130507-001
↑ 色々なことがあって書き忘れていた4月知味斎月例会の様子をレポートします。

この日も朝からぐずついた天気でしたね。

今思うとソウルって4月ごろからずっと天気が悪い日が続いているような??

4月知味斎月例会(準備編)20130507-002
↑ 会場はこのブログでもかなりお馴染みの場所になってきた宮中飲食研究院。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-004
↑ 4月中旬のことだったので、梅の花が咲いておりました。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-003
↑ この日は気温が低めだったので、韓福麗院長が飼っている猫ちゃんも少しでも暖かい場所を探して日向ぼっこ。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-006
4月知味斎月例会(準備編)20130507-005
4月知味斎月例会(準備編)20130507-007
↑ 今回は2階の料理教室スペースを使っての会合です。

こちらが受付と教室。こちらの授業を受講すると大抵の手続きはこちらで行われます。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-008
↑ 午前10時からの会合のため、朝8時に集合し打ち合わせをする幹部の方々です。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-009
4月知味斎月例会(準備編)20130507-010
↑ 今回も100名以上の会員たちが会合に出席とのこと。

毎回毎回、ホントに出席率が高い会合でオドロキです…。

参席者が多すぎるので、階下に受付を作ることにしました。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-011
↑ 慌しく会場設営の準備をしていると、見知った顔が…。

そうです…、この日は李先生を密着取材した2回目の撮影日でした!!

実は幽もまだ放映番組を見ていないのですが(爆)、視聴した李先生によると第1回目の放送内容はY氏の送別会と工房の様子、2回目は宮中飲食研究院の活動内容が中心だったそうな…。

早くCCさんが番組録画DVDくれないかなぁ~???

ちなみに今回はカメラマンさんと2人でしたが、カメラマンさんは雑誌記事の取材で来たそうな…。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-016
↑ 取材許可をしてくれた韓福麗院長と挨拶してから、撮影に入ります。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-012
↑ 李先生の声を拾うためにワイヤレスマイクの準備中。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-014
4月知味斎月例会(準備編)20130507-013
↑ 他の幹部と話している李先生を撮影してます。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-015
↑ 会合直前で慌しいなかでも、他の幹部に簡潔な質問を投げかけながら、軽快に撮影が続けられています。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-017
4月知味斎月例会(準備編)20130507-018
↑ 9時半を過ぎると続々と会合参加者が集まってきます。

4月知味斎月例会(準備編)20130507-019
↑ 10時には何時も通りに満席となり、補助椅子まで出すほど満員になりました。

さぁ~、4月知味斎月例会の始まりデス…。

長くなって来たので、続きはまた明日(←最近多いですね…汗)。


<お知らせ>

宮中飲食研究院~春期展示会~
お知らせ20130506-004

※開催日時
5月15日(水) 午前10時~午後17時
5月16日(木) 午前10時~午後17時

※九節板試食会(2日とも有り)
1回目:11時~/2回目:15時~

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

お知らせ

お知らせ20130506-001

宮中飲食研究院~春期展示会~

5月15日(水) 午前10時~午後17時
(午後19時~ オープニングレセプション有り)
※招待客のみ

お知らせ20130506-002

5月16日(木) 午前10時~午後17時

※2日ともに九節板試食もあります。
1回目:11時~/2回目:15時~


お知らせ20130506-004

宮中飲食研究院への行き方>

地下鉄3号線「安国駅(안국역)」2番出口を出ると、マウルバス乗り場があります。

2つの路線のうち「종로01번(鐘路01番)」バスに乗り、5つ目の停留所「빨래터(洗濯場)」で下車。

昌徳宮5道(창덕궁5길)を100m程北上したところにあります。

「北村八景」のうち、北村2景があるところと言えば分かりやすいでしょうか??


お知らせ20130506-003

毎年5月と10月に行われる定期展示会です。

去年は雲峴宮で行われましたが、今年は研究院内で行われることになりました。

ちなみに5月15日は宮中飲食研究院創立42年目の記念日となります(1971年創設)。

普段はこちらで料理教室を受講しないかぎり中々見学できませんが、この2日間は一般に無料開放されます。

素敵な韓屋ですので、この機会に是非一度ご覧になってみて下さい。(もちろん講師や会員が出品する料理も見応えありますよ!!)

李先生は北韓料理を出品するそうです。

この時期にこちら方面へ訪問可能な方は、一見の価値があるので、是非お立ち寄り下さい!!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/05/06 10:07 ] 告知関係 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。