ポジャギと伝統料理の文化散策

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

料理教室レポート(その2)

料理教室レポート(その2)20130228-001
↑ カルビチムを煮込んでいる間に、次は九節板です。

普段の日常生活では滅多に食べない料理ですが、何故かこの料理教室ではリクエストされる方が多い…。

料理教室レポート(その2)20130228-002
料理教室レポート(その2)20130228-003
↑ 味よりも見た目重視のオードブル料理の定番です。キュウリだって、皮しか使いませんからね。

中身はサラダなど、他の料理に利用するんだとか…。

料理教室レポート(その2)20130228-005
↑ 五方色になるように様々な野菜や肉をひたすら細く切っていきます。

ちなみに九節板をリクエストする生徒さんがとても多いので、今回の参加者2人にもこの料理を選んだ理由を聞いてみました。

すると「日本で韓国家庭料理の本などは沢山出版されていて、大体作れてしまうんです。だから作ったことない料理にしようかな…と思って。」

な、なるほど…。よく分かりました。

確かに九節板は、ひたすら手がかかる料理なので、韓国人でも何か特別なことでもないと中々作りませんもんねぇ~。

料理教室レポート(その2)20130228-004
料理教室レポート(その2)20130228-006
↑ お次は錦糸玉子をつくります。卵白はよくかき混ぜて、必ず網で漉してくださいね。

こうすると不純物が取り除けて、綺麗な白い玉子焼きができるんだそうです。

料理教室レポート(その2)20130228-007
↑ それから今回は卵黄、卵白ともに薄焼き玉子を破れにくくするために、ジャガイモ澱粉を入れます。

ない時はサラダ油を入れても破れにくくなりますよ。

料理教室レポート(その2)20130228-009
料理教室レポート(その2)20130228-010
↑ 薄焼き玉子が焼けたら、竹串でひっくり返します。

料理教室レポート(その2)20130228-008
↑ お次はジャガイモ澱粉入りの黄味も同様に作ります。

料理教室レポート(その2)20130228-011
料理教室レポート(その2)20130228-013
↑ 薄焼き玉子を焼いたら、千切り野菜を次々と軽く炒めます。

キュウリ、人参、豆もやしなどの野菜は塩と胡椒で味付けし、牛肉、木耳、シイタケ、岩茸などの黒っぽい食材はしょう油で味付けします。

錦糸玉子は冷ましたら、同様に細長い千切りに…。

料理教室レポート(その2)20130228-012
↑ お次は九節板の真ん中のクレープ作りです。

小麦粉1の割合に水を1.5の割合で溶かします。味付けする必要はありません。

また水との割合は、好みによって1:1から1:2までOKなので、色々試してみてください。

料理教室レポート(その2)20130228-014
↑ 次々にクレープを焼いていったら、九節板の容器に並べます。

料理教室レポート(その2)20130228-015
↑ 最後に炒めた千切り野菜を彩りよく、対角線上に同じ色になるように調節しながら盛り付ければ…

料理教室レポート(その2)20130228-016
↑ 九節板の完成です!!今回は料理大好きな2人だったからなのか、盛り付けが料理本みたいに美しい!!

食べるときのソースの定番は芥子としょうゆを合わせたものですが、本日は李先生がお土産でもらった大分のしょう油に、ゆず胡椒と芥子を入れたものにしました。

またゆず胡椒が九節板に合うんです!!是非、おもてなし料理をされる時にでもお試しください。

本日も長くなったので、明日に続きます。何だか最近連載が多いような…(汗)。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

料理教室レポート(その1)

料理教室レポート(その1)20130227-001
↑ 久々の料理教室がありました!!

今回のメニューは九節板、カルビチム、ポッサムキムチという韓国人でも日常生活ではほとんど食べないハレの日料理3連発となりましたぁ~。

料理教室レポート(その1)20130227-002
↑ 今回は東京からいらしたキャリアウーマン2人組!!

2人とも食べることが大好きで、韓国料理を食べると体の調子が良くなることから、たまに韓国へ来ては食べ歩きを楽しんでいるんだとか…。

今回は帰国日直前の時間を割いて、料理教室に参加です。

先ずは簡単に料理の説明から入ります~。

料理教室レポート(その1)20130227-004
料理教室レポート(その1)20130227-003
↑ いよいよ、実習。最初はカルビチムから!!(もちろん他の料理も並行してつくってますけど…)

5時間ほど水に浸して血抜きをした牛肉のカルビです。

でも李先生はカルビ100%だと油くどくなるので、2割程度サテと呼ばれる牛の膝裏肉を入れることをお勧めするそうです。

料理教室レポート(その1)20130227-006
↑ 肉がちょうど浸される程度の水を入れて、強火で肉を煮ます。

料理教室レポート(その1)20130227-005
料理教室レポート(その1)20130227-007
料理教室レポート(その1)20130227-008
↑ その間にカルビチムに入れる大根、人参、シイタケ、栗、棗、そして今回はポッサムキムチがあったため、特別にアワビも入れる豪華版の材料を一口大に切っていきます。

大根と人参は面取りを忘れずに…。理由は型崩れして見栄えが悪くなるからなんだとか。

料理教室レポート(その1)20130227-010
料理教室レポート(その1)20130227-011
↑ 次はカルビチムのヤンニョムを作っていきます。

李先生はできるだけ砂糖を使いたくないとのことから、砂糖の代わりに梨と玉ねぎをミキサーしたものに、おろしたニンニクを加えます。

料理教室レポート(その1)20130227-009
↑ 肉がこの写真程度に大体煮えてきたら~

料理教室レポート(その1)20130227-013
↑ 先ほどの梨、玉ねぎ、ニンニクのヤンニョムと醤油を入れます。

料理教室レポート(その1)20130227-012
↑ カルビチムにはこの501番のしょう油が一番合うとのこと。

料理教室レポート(その1)20130227-014
↑ 一度強火で煮立たせたら、乾燥唐辛子を2~3本、肉の臭みを消すために入れてください。

料理教室レポート(その1)20130227-015
↑ 丸ごと乾燥唐辛子がない場合は、清酒などを入れてくれれば良いそうです。

料理教室レポート(その1)20130227-016
↑ 先ほど準備した一口大の野菜を入れて行きますが、先ずは火の通りにくい材料から入れていってください。

シイタケ、アワビを入れて、少したったら大根や人参を入れます。

料理教室レポート(その1)20130227-017
↑ 最後に栗と棗を入れて10分ほど煮込んだら~

料理教室レポート(その1)20130227-018
↑ カルビチムの完成です!!もう煮ている時からカルビの匂いが食欲をそそる、そそる…。

料理教室レポート(その1)20130227-019
↑ お好みの器に盛り付け、上にネギなどを振りかけて彩りよくしたら、出来上がり!!

長くなって来たので、他のメニューは明日に続きます。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

春が近づいた??

春が近づいて20131226-008
↑ 寒い寒いと言っていたソウルもソルナルが終わる頃から少しずつ春めいて来ました。

この日も抜けるような青空!!もう最近は日中ならマイナスじゃなくなったしね!!

春が近づいて20131226-007
↑ ま、でもこの前降った大雪の名残もまだあるし、朝晩はマイナスなんですケドネ…(苦笑)。

春が近づいて20131226-009
↑ そんな少しずつ春めいて来たとはいえ、まだまだ寒いソウルのダムル工房に新しい生徒さんがやって来てくれました!!

大阪から11泊12日の日程でいらしたH氏です~。

春が近づいて20131226-001
↑ アメリカンキルト歴10年以上、ポジャギ歴も3年近くある大ベテランさんです。

それなのに韓国で本格的な技法を学びたいと、今回思い切って有給休暇消化を兼ね大型連休を申請したんですってぇ~。

春が近づいて20131226-006
↑ 李先生も手つきや縫い目の美しさから、もうほとんどプロですね…と感心するほどです~。

春が近づいて20131226-005
↑ ところで余談ですが、飲み水を隣の部屋に取りに行った李先生の手に1通の封筒が…。

「これ幽のだったんだけど、渡すの忘れてた…。ごめん…。」と言われ、封筒を開いてみると何とクリスマスカード!!!

埼玉T氏が去年のクリスマスに合わせて、李先生だけでなく幽にまで送っていてくれたそうなんですが、ついウッカリ渡し忘れていたんだとか(爆)!!

埼玉T氏とはその後、今年に入ってからダムル工房でお会いしているわけですが、以上のような理由でお礼も何も言えず…。

本当に申し訳ありませんでした!!!!m(_ _)m

ちょっと季節ハズレではありますが、愉快なクリスマスサウンドで癒されていまぁ~っっす!!

春が近づいて20131226-003
↑ ちなみにこの日のお昼は、久々に超高カロリーの酢豚&チャーハンのコンビ丼…。

あぁ~、体に悪いと思いつつ、たまに食べたくなるんですよねぇ~(苦笑)。

春が近づいて20131226-004
春が近づいて20131226-002
↑ 李先生と大阪H氏は初日ということもあり、チャヂャン麺を注文です~。

しっかり食べて、午後からも頑張って下さいネ!!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

桂皮(シナモン:계피)

桂皮20130225-006
↑ 桂皮(ケピ:계피)

韓国では桂皮(シナモン:계피)は水正果(スジョンガ:수정과)の材料として使われることが多いです。

桂皮(ケピ:계피)と言われることから、桂の木の皮と思われる方も多いようですが、実際は異種であるクスノキ科の常緑樹の樹皮を剥がして煮詰め、乾燥させたものです。

桂皮20130225-007
↑ 肉桂(ユッケ:육계)を刻んだもの

他にも肉桂(ユッケ:육계)と呼ばれることもありますが、これは桂皮の中でも内側の樹皮になります。

いわゆるよく知られているシナモンより若干甘い香りが強いという特徴があり、色も赤色に近くなります。

桂皮20130225-009
↑ 水正果(スジョンガ:수정과)

水正果は韓国の食後のデザートとして定番ですが、作り方も簡単です。

我家の水正果は肉桂と同量の生姜を一緒に煮込んだ後、冷まして飲む時に干柿と松の実を入れるだけです。

桂皮20130225-010
↑ 生姜を刻んだもの

干柿だけでも爽やかな甘みがあって美味しいのですが、甘みが足りない人は蜂蜜などを足しても構いません。

桂皮20130225-008
↑ 干柿(韓国の干柿は日本のものより若干大きいようです。)

水正果は韓国では下半身を温めてくれる補薬効果があるといわれています。

桂皮20130225-001
↑ 水正果は冷たくして飲んでも温かくして飲んでも美味しいです。

他にも冷え性、腹痛、下痢、嘔吐、生理不順、生理通、産後瘀血(出産後皮膚の下に出来る痣)、アトピー症状にも良いといわれているので、女性は積極的に飲むといいかもしれませんね。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

「コバンザメ日記」ようやく終了~!!

コバンザメ日記終了20130222-002
↑ いやぁ~、思ったより「コバンザメ日記」長かったなぁ~(苦笑)。

それだけsono氏に付いてまわって写真撮りまくってたってことデスヨネ??いや、申し訳ない…。

モデル料、請求されても文句言えないカモ!?

さて午後の買出しは布類だけではなく、刺繍なんかも買いに行きました。

コバンザメ日記終了20130222-001
↑ この刺繍屋さんは商品が店頭に並んでいるわけではないので、初心者にはちょっと敷居が高そうだ…。

韓国語が分からないと、商品にたどり着くことが不可能ですもんねぇ~。

コバンザメ日記終了20130222-003
↑ haru氏~、カメラ目線、感謝!!

コバンザメ日記終了20130222-005
コバンザメ日記終了20130222-006
コバンザメ日記終了20130222-007
↑ 刺繍やワッペンなども購入し、最後に双子のメドゥプ屋さんでもガッツリ糸を購入すると、相当な荷物に膨れ上がります!!

さすがにsono氏も「一旦買出しはこれで充分かな??」ということになり…。

大荷物を降ろすためにも李先生の家に帰ります。これだけ思いっきり買い物できるのも、李先生の家が近いっていう安心感があるからかも??

でも結構買ったよね~。送料だけでも大変そうダナ…。

コバンザメ日記終了20130222-008
コバンザメ日記終了20130222-009
↑ さて李先生の家に帰ってくると…、お二人は各自作業中~。

李先生、もう着替えてるね??(笑)

コバンザメ日記終了20130222-010
コバンザメ日記終了20130222-011
↑ 最近の延氏はヌビから安東指ぬきに興味が移ったようで、ここんとこずっと作っているみたい??

コバンザメ日記終了20130222-012
↑ あんまり沢山あるので、「いくつ作るんですか??」と聞くと、「うん??100個くらい??」ですって!!

えぇ~っ、指貫100個もどうするの??何処かに売るの??

もしかして何処かから注文でも入ったのかなぁ~??個人じゃ100個は作らないよね??でもやっぱり本業となると、何でも大変そう…。

コバンザメ日記終了20130222-014
↑ あちこち広蔵市場を歩き回って疲れたでしょうに、haru氏は早速ヌビを始めます。

sono氏は買った商品の荷造り中~。幽は何もしないで、コーヒーをすすっておりました(爆)。

コバンザメ日記終了20130222-013
↑ haru氏のヌビも見るたびに少しずつ進んでますね!!

コバンザメ日記終了20130222-015
↑ 荷物の整理が終わったsono氏は、幽がコーヒーすすっているテーブルに来て、延氏から安東指貫作りのコツなんかを聞いてます。

コバンザメ日記終了20130222-016
↑ やっぱりこんなに沢山指貫があると、どうしてもこれをしたくなるよね??(笑)

コバンザメ日記終了20130222-017
↑ すると李先生が思い出したように「あ、そうだ!!これみて~」と…。

コバンザメ日記終了20130222-019
コバンザメ日記終了20130222-018
↑ 何でもこの前修行に来てた埼玉T氏にノルウェーのハータンガー刺繍を教えてもらって作ったんだそうです。

埼玉T氏の修行中、何かの弾みでハータンガー刺繍の話になったそうな…。

それで教えてもらえることになり、埼玉T氏が帰国後もコツコツ作っていたんだとか…。

コバンザメ日記終了20130222-020
↑ かなり前から「一度作ってみたい…」と言ってはいたけど、中々ソウルでは難しかったんですよねぇ~。

それが何の偶然か、埼玉T氏から方法を教えてもらいご満悦…。

「見て見て!!大分進んだでしょう??埼玉T氏に頼んで、材料送ってもらうことになってるの。次にまた埼玉T氏が来たら教えてもらう約束もしてるのよ~」

李先生、本当に好奇心が多方面に向かっていますよねぇ~。

コバンザメ日記終了20130222-021
↑ さて、そんな話をまったりしていたら、あっという間に幽はお暇しなければならない時間に!!

今回はsono氏の買出し日程と幽の休日がピッタリ重なる奇跡のスケジュールだったんですが(←正直自分でも信じられなかった!!)、前夜インフルエンザにかかってしまった同僚の代行授業を急遽引き受けることとなり、ここでsono氏とお別れ~だったんデス!!

「それじゃ、そろそろ仕事行きます~」と言うと、sono氏が「私も大雪で注文していた海苔を配達してもらえないから、直接買いに行くよ!!」となり、いったん一緒に外に出ます…。

今回幽が撮影したsono氏最後の1枚は、李先生宅の前に誰かが作った雪だるまと~。

こうして幽の「コバンザメ日記」は終了です!!

ちなみにsono氏その後の行動は、sono氏ブログ(その9)(その10)に続きマス!!

sono氏、この日の夜も帰国直前も色々あったんだね??(笑)

ところでかなりダラダラと続いた「sono氏買出し紀行~コバンザメ日記~」。

本当はもう少し簡潔にまとめようと思えばできるのに、「折角写真撮ったんだから…」という理由だけで長くなってしまったなぁ~。ちょっと反省…。

本当に脈絡のない話に長い間お付き合い下さった読者さまにお礼を申し上げます。m(_ _)m

来週は久々に李先生の文章が復活ですよ!!お楽しみに!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/02/22 10:27 ] ポジャギ 材料購入店 | TB(0) | CM(0)

大雪後の買出し本番!!(その2)

大雪後の買出し(その2)20130221-001
↑ さぁ~、「sono氏買出し紀行~コバンザメ日記~」もいよいよ佳境に!!今日でいよいよ最終回??

延氏のランチ終了後、午後の買出しに向かいます~。ちなみにもちろんこの日のこともsono氏ブログ(その8)にも書いてありますケド…。なにか??(笑)

大雪後の買出し(その2)20130221-002
↑ 先ずはサンベとムミョンを物色中~。

サンベってあんまり色のバリエーションもないし、ザラザラした感触の粗い布なんで素人の幽にはあまり質の良さとか種類とかよく分かりません。

大雪後の買出し(その2)20130221-003
↑ それでもそれなりに種類はあるし、ムミョンもあれこれ質感や色合いを見てお気に入りを探します…。

大雪後の買出し(その2)20130221-005
大雪後の買出し(その2)20130221-004
↑ でも結局ここではサンベだけを購入することにしたようです…。

大雪後の買出し(その2)20130221-006
↑ お次はもう1軒、李先生がムミョンを買う時によく利用するという店に移動します~。

大雪後の買出し(その2)20130221-007
↑ あれ??ここ…、布屋さんというより布団屋さん??

大雪後の買出し(その2)20130221-008
↑ 寝具店なので、いつも見ている布よりかなり大きめの布がズラッ~っと揃っています。

大雪後の買出し(その2)20130221-009
↑ その中にムミョンもあるんですねぇ~。

李先生やsono氏たちは、もちろんヌビ作品にムミョンを使うわけですが、寝具店では何に使うのかな??と思って、お店の叔父さんに「このムミョン、何に使うんですか??」と聞いてみました。

大雪後の買出し(その2)20130221-011
↑ そしたら「ムミョンのシーツは肌触りが良くて気持ちいいんだよ。日本人もリピーターが多いよ。」とのこと…。

確かにムミョンのふんわりとした触感はシーツに丁度いいかも…。来冬にシーツとして一度試してみようかな??

大雪後の買出し(その2)20130221-010
↑ 何しろ本来は寝具用の大きな布ですから、数マ買っただけでもかなり重い!!

韓紙も重いと思ったけど、布も結構な重量があるんだなぁ~。

大雪後の買出し(その2)20130221-012
↑ お次はお馴染み、黄海商会のモシ!!

大雪後の買出し(その2)20130221-013
↑ 何色にしようかなぁ~っと、皆で相談中のよう…。

そしてモシを購入すると、李先生は「先に帰ってるね!!」とここでお別れします。本当に広蔵市場が近くてうらやましい~!!!

大雪後の買出し(その2)20130221-014
大雪後の買出し(その2)20130221-015
↑ まだまだ買出し途中のsono氏とコバンザメ隊の幽とharu氏は、いつもはあまり行ったことないけど外からモシが見えた店に入ってみます。あ、店名忘れた…。

大雪後の買出し(その2)20130221-017
↑ すると大荷物のsono氏たちを見て、お店の人が「チョガッポ作るの??それならうちは端切れも売ってるよ!!」とダンボールを出して来てくれます。

大雪後の買出し(その2)20130221-019
大雪後の買出し(その2)20130221-018
↑ 広蔵市場で端切れを扱う店はあまり多くないうえに、結構質や色合いも良い…、さらにかなりお得な価格設定だったため、sono氏だけでなくharu氏まで「私も買おう!!」ということに…。

大雪後の買出し(その2)20130221-021
大雪後の買出し(その2)20130221-020
大雪後の買出し(その2)20130221-022
↑ 「まだ何作るかもなんにも決まってないのに、買っちゃったよ~」と苦笑してましたが、大丈夫、大丈夫!!買い物なんて、皆、そんなものさ!!

大雪後の買出し(その2)20130221-023
大雪後の買出し(その2)20130221-024
↑ まだまだ買出しは続きます!!お次はセクトンのお店へ~。

すっかり顔見知りの幽たちを見ると、ここの叔父さんは「このセクトンどう??新作だよ??」と勧めてきます。

大雪後の買出し(その2)20130221-025
大雪後の買出し(その2)20130221-027
↑ でもここのセクトン、ほぼ全種類を持っているsono氏は「今回はセクトンはいいです」と、ヒャンナンチュモニの布を物色中です~。

ホント、綺麗な色合いの布が一杯で迷っちゃうよねぇ~。

大雪後の買出し(その2)20130221-026
↑ 叔父さん、いつもお疲れサマ~!!

大雪後の買出し(その2)20130221-028
大雪後の買出し(その2)20130221-029
↑ 近くにある双子の布屋さんにも行きましたが、今回は欲しいのが見つからなかったそうです。

あれ??今日で終わる予定だったんだけどな??

まだ終わらない!!明日こそ最終回のはず…、ダヨネ!?(苦笑)

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/02/21 10:02 ] ポジャギ 材料購入店 | TB(0) | CM(3)

延氏のランチ in 李先生宅!!

延氏のランチ20130220-001
↑ 本日の話題もsono氏ブログ(その7)、さらにここのブログにも記事がありますが…。ま、写真消化しないとね!!

李先生からの電話で、ランチの時間に間に合うように東大門市場からせっせと歩いた甲斐があったのか、途中にあるメドゥプ紐の店「ニューシンサ」をちょっと覗くくらいはできそう??ということになり…。

ランチ後に行く予定を急遽変更、ちょっと寄り道~。

延氏のランチ20130220-002
延氏のランチ20130220-004
↑ やっぱりここの品揃えの豊富さと見易いディスプレイはピカイチ!!

延氏のランチ20130220-003
↑ でもお値段もステキなので、sono氏も慎重に物色中~。

延氏のランチ20130220-005
延氏のランチ20130220-006
↑ ポジャギ教室で使うメドゥプ紐を選んでいます。こんなに色があると、選ぶだけでも結構大変!!

でも買い物の醍醐味として選択肢は多いほうが嬉しいんですよねぇ~。

延氏のランチ20130220-007
↑ なのでやっぱりここでもちょっとだけ…のつもりが、意外に時間がかかってしまい、慌ててお会計。

李先生の自宅はもう目の前です!!

延氏のランチ20130220-008
↑ 李先生のご自宅に到着すると、いつも延氏がお弁当箱に入れて持って来てくれるランチがお皿に綺麗に盛られています!!

李先生のパンチャンも加わって、相当なご馳走になってますよ!!

延氏のランチ20130220-009
↑ ランチに招待されていたharu氏も合流して「いただきまぁ~っっす!!」

延氏のランチ20130220-010
↑ ちなみに今回、幽が初めて口にしたのはイカのシッケ(식해:食醢)。

シッケと言っても、よく知られているお米ジュースのシッケとは違いますよ~(笑)。

以前、李先生の料理記事でご紹介したことがあるヨンアンシッケ(연안식해:沿岸食醢)があったんですが、あれと同じ種類の料理です。

あの時は貝やカレイなどのお魚が入っていたし、唐辛子が入っていなかったから鮒寿司に近い感じでしたが、これはイカの燻製で作られているので、また風味が全然違ってオイシイ!!

朝鮮半島では1600年代から食べられているという記録があり、作り方は魚や貝、イカなどと粟飯や米、唐辛子、さらに発酵させるために麦芽を加えて作る貯蔵食品なんだそうです。

これだけでご飯が何杯もイケそうな、ちょっと危険な(笑)保存食品です~。

延氏のランチ20130220-011
延氏のランチ20130220-012
延氏のランチ20130220-013
↑ ありゃ…、今回のランチの立役者である延氏はharu氏と幽の真ん中に座っているのですが、写真に写ってません!!す、すみません…(汗)。

延氏のランチ20130220-015
↑ さらに延氏はsono氏のためにシッケ(식혜:食醯)まで作って来てくれました!!(容器は梅ジュースのペットボトルですが…)

数々のおかずにご飯、シッケ(식혜:食醯)まで、この大雪後に運んで来てくれるなんて、どれだけ大変だったことでしょう…。本当にいつもいつもご馳走さまデス!!m(_ _)m

延氏のランチ20130220-014
↑ ちなみにこちらが皆さん、よくご存知のシッケ(식혜:食醯)!!

韓国語では全く発音が違うのだそうですが、日本人にはこの違いを表すことができません…(苦笑)。

こっちも炊いたお米に麦芽を入れて発酵させるという点では仲間といえば仲間ですかね??

延氏のランチ20130220-016
↑ 韓国では食後のデザートとしてポピュラーな飲み物ですが、やはり手作りは甘すぎなくて美味しい!!

ついでに幽は半解凍させ、シャリシャリの頭がキーン!!となるシャーベット状のシッケが一番好きです~。

延氏のランチ20130220-017
↑ 楽しい食事が終わると、次の日が帰国のsono氏は買ってきた韓紙が濡れないように荷造り中~。

延氏のランチ20130220-018
↑ 途中、電線から落ちてくる雪で濡れないようにしっかりと傘袋などを使ってビニールコーティング!!

延氏のランチ20130220-019
↑ さてお次は…、眼下に広がる広蔵市場で布類の買出しへGO!!

李先生も買いたいものがあるらしく一緒に行くことになります。

そしてharu氏も幽も後に続き、「残って作業するわ…」という延氏に留守番を頼んでお出かけデス!!

やっぱり本日も長くなりました…。明日も続くことになりそうです。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

大雪後の買出し本番!!(その1)

大雪後の買出し(その1)20130219-001
大雪後の買出し(その1)20130219-002
↑ 昨日の午後から降り出した大雪は、たった一晩で積もりに積もることに!!

大雪後の買出し(その1)20130219-003
↑ 大通りは何とか除雪車により雪が駆除されていたため、バスは平常どおりに運行中~。

この日にほとんどの買出しを集中させていたsono氏もホッ!!

ちなみにもちろん、この日のこともsono氏ブログ(その6)(その7)にもありますよ!!こちらも、ヨ・ロ・シ・ク!!

先ずは韓紙材料を買いに、仁寺洞へ向かいます。仁寺洞メインストリートはお店の方たちが皆で雪掻きをされておりました。

(ちなみにリアル時間における、昨日の「仁寺洞火災事件」の件では心配して下さった読者さまもいらして、どうも有難うございました。m(_ _)m

火災の次日に仁寺洞へ行く用事があったharu氏情報によると、火災は鐘閣エリアの方らしく、いわゆる皆さまが考える仁寺洞近辺は何の変化もなく、無事だったそうです…。

本当にあまり大変な事件にならずにヨカッタ…と思っています。)


大雪後の買出し(その1)20130219-004
大雪後の買出し(その1)20130219-005
↑ 素敵なアートグッズが一杯ある「通仁カゲ」も、一晩で雪に埋もれてしまいました!!

上の写真は前日午後4時ごろ、下の写真は午前10時ごろ…。どれだけ積もったか分かりますか??

大雪後の買出し(その1)20130219-006
大雪後の買出し(その1)20130219-007
↑ 買出しの最初は、前日にお手洗いを借りた時、偶然見つけた韓紙工芸の店「ハンジイヤギ(한지이야기)」

数年前はこういう店がメインストリートにズラッ~ッと軒を連ねていたのに、なくなってしまったなぁ??って思ってたら、ビルの2階などに移転してたのかぁ~。

大雪後の買出し(その1)20130219-008
大雪後の買出し(その1)20130219-009
大雪後の買出し(その1)20130219-010
↑ 結構、規模が大きな店でsono氏も喜んで色々物色しているようです…。

大雪後の買出し(その1)20130219-011
大雪後の買出し(その1)20130219-012
↑ ここの特徴は李先生がよく行く韓紙の店とは違い、作品の金具とか模様、道具などがすごく豊富なことですね??

韓紙工芸好きの方にはたまらない魅力がある店だと思います!!

大雪後の買出し(その1)20130219-013
↑ お次は李先生がお得意さんの「全州韓紙工場直営店(전주 한지공장직영점)」。

大雪後の買出し(その1)20130219-014
大雪後の買出し(その1)20130219-015
↑ ここは工場直営店だけあって、価格はとってもリーズナブル!!

その分ちょっと雑然と商品が並べられていますケドネ…。でも欲しい物がハッキリしていて沢山買うならやっぱりここかな??

大雪後の買出し(その1)20130219-016
↑ 店舗に並べられていない商品は奥にあるらしい倉庫にいちいち取りにいかなければなりません。

店番が見知っているご夫婦ではなく、若夫婦の時に来たのは初めてでした。若旦那さんが倉庫に商品を探しに行っている間に、また欲しい物を見つけてしまい、何度も往復させてしまいました…。ス、スミマセン…(汗)。

大雪後の買出し(その1)20130219-017
↑ あれこれ買いこんでしまい、あっという間に大荷物に!!

やっぱり紙類って結構重いよね??

大雪後の買出し(その1)20130219-019
↑ 仁寺洞で韓紙工芸関係の買い物をしていると、李先生から電話が…。

「sono氏のために延氏がランチを作って来てくれたんだけど、大雪で車が上り坂を登れないから、ウチで食べることになった。昼時間になったらウチにいらっしゃい!!」とのこと…。あらら…。

何故なら糸を買った後にでも東大門市場「焼き魚通り」でランチしようか??って話してたから…。

でも延氏のランチも野菜たっぷりで美味しいから、これはこれでヨシ!!

大雪後の買出し(その1)20130219-018
↑ ランチの時間までそんなにないから、慌てて仁寺洞~東大門市場までバスで移動します!!

東大門のあちこちでも男性総出で雪掻き中のよう…。お疲れサマ!!

大雪後の買出し(その1)20130219-020
↑ さて次は東大門市場の地下にある糸問屋密集エリアへ!!

大雪後の買出し(その1)20130219-021
↑ 迷路のように複雑な地下を通って、糸屋さんに到着~。

大雪後の買出し(その1)20130219-023
大雪後の買出し(その1)20130219-022
↑ 今回は在庫が少なかったようで、わざわざ出向いたのに買いたい数に足りなかったんですって…。う~ん、残念!!

大雪後の買出し(その1)20130219-024
↑ 久しぶりに糸屋に来てみたら、ちょっと頼りないお兄ちゃんに店員さんが代わっていて…(笑)。

次からは在庫、充実させてくれると嬉しいデス…。

さ、東大門市場から李先生の自宅まではバスに乗るほどの距離じゃないから、滑って転ばないように気をつけながら急いで向かいます!!

長くなったので、今日はここまで…。まだまだ「コバンザメ日記」続くみたいデス…。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/02/19 10:25 ] ポジャギ 材料購入店 | TB(0) | CM(0)

突然の大雪!!

突然の大雪が!!20130218-001
↑ 続く~♪続く~♪「sono氏買出し紀行~コバンザメ日記~」~~♪♪♪(懐かしの名曲「爆風スランプの『Runner』」風で…笑)。

もちろん、この日のことはsono氏のブログにも載っていますが…、気にしない…、気にしない…。

四角針山を完成させたsono氏と幽は、一旦李先生とYちゃんにお別れして仁寺洞へ…。

もしかしたら、「耕仁美術館」で、チョガッポの個人展なんかやってないかなぁ~っと行ってみましたが、今回は何もナシ…。

突然の大雪が!!20130218-004
↑ 先日、南大門市場にはなかったLEDキャンドルライトを買いに、「ソウルアートセンター」にも行ってみたけど、在庫ナシ…。

仕方なく常設展示されている李先生の作品をみ~て~る~だ~け~。

以前、李先生のプレゼントをsono氏と一緒に買った時はあったんだけどなぁ~???

突然の大雪が!!20130218-003
↑ sono氏が観たかったというチョガッポ常設展示も間違いなく開館している日時なんですが、展示会が終わった直後だからか閉館!!(爆)sono氏、今回はこういうの多かったヨネ…。

でも、もうひとつ観たかった「ボラ装身具博物館」は開館してました!!

それでも…、確かにドアは開くし、「開館中」との看板はあるけど、階段も展示場も真っ暗…。もしかしてここも閉館??と思ったところに、奥から職員の人が飛んで来て電気を付けて応対してくれました(苦笑)。

ま、お客がいない時は展示場を節電することは大事なことですよね??

ソウルの博物館の中ではかなり割高感がある博物館ですが、日本の個人博物館の入場料を考えれば、観るだけの価値はあると思います。

なので入り口のドアが開いたら、例え真っ暗でも気にせず階段を上がって行きましょう!!(笑)

突然の大雪が!!20130218-002
↑ 博物館見学後、メインストリートに戻って来ると天気予報どおりに、ちらほら雪が降り始めます…。

それでも辻バイオリン弾きさんは、寒い中演奏を続けます…。指、痛くないのかな??あとバイオリンって湿気が大敵なんですよね??大丈夫なんだろうか??

彼の頑張りを見て、お母さんからチップを持たされた男の子が「コマプスムニダ!!」とケースに入れます。君は若いのにとってもイイ子だね??

突然の大雪が!!20130218-005
↑ 幽にとって鬼門になりつつある「サムジキル」にも行って来ました。

普段あまり物欲は強い方ではありませんが、ここはたまに幽のツボにはまる店があるから要注意なんですヨネ…。

今回もあれこれ買ってしまい、あっという間に大荷物に…(苦笑)。

聡明湯(총명탕)20130129-005
↑ 今回、ツボにはまったお店は天然漢方系コスメ『ハヌルホス』!!

李先生のブログ記事「ツルドクダミの玉子煮」でも紹介した「ハスオ」が丸ごと入ったシャンプーなど等、ガッツリ買い物してしまいました…。

突然の大雪が!!20130218-006
↑ ちょっとだけ…のつもりが、かなりサムジキルで時間を費やしてしまい、外に出た頃にはかなり本格的に雪が降り出しています…。

突然の大雪が!!20130218-007
↑ バス停で待つsono氏も雪まみれ…。フード付きコートでホント、良かったよねぇ~。

再ヌビについて20130211-010
↑ 次にやって来たのは、ミアサンゴリにあるEマート。何故ここか…というと、夕食を李先生一家と一緒にお馴染み「イェンナルノンジャン-ミアサンゴリ店-」で一緒に食べよう!!と約束していたから…。

そのため夕食時間まで、Eマートでお菓子類を買出しして待つことに…。

しかし、買い物途中に李先生から「今、ミアリコゲの辺りで大雪のため立ち往生している。30分程遅れるから、ゆっくり買い物してて…」という電話が入ります…。

突然の大雪が!!20130218-010
↑ 「え??そんなに??」と驚いて、外に出ると辺り一面真っ白な雪景色!!

Eマートで買い物中にさらに大雪になったようです。

突然の大雪が!!20130218-008
突然の大雪が!!20130218-009
↑ けれどもEマートでの買い物も終わり、ミアサンゴリのEマートは休憩場所がなかったので、とりあえずイェンナルノンジャンの待合室で李先生一家を待つことに~。

しかし、約束の時間を30分を過ぎても1時間を過ぎても李先生たちが到着する気配がない…。

1時間程過ぎた頃に、再度李先生から「今回は申し訳ないけど、そっちへ行けそうにない。2人で食べて来て!!」との電話が!!

突然の大雪が!!20130218-011
↑ 後日聞いたところによると、雪のため帰宅が幽たちよりもずっと遅くなるまで立ち往生していた李先生一家には申し訳なかったですけど、sono氏と2人だけで食事をすることに~。

突然の大雪が!!20130218-012
↑ 李先生一家、お気に入りの多様なパンチャン(おかず)も健在!!

突然の大雪が!!20130218-013
突然の大雪が!!20130218-016
↑ サムギョプサルもいい具合に焼けて~

突然の大雪が!!20130218-017
↑ 「いただきまぁ~っっす!!」

突然の大雪が!!20130218-015
↑ ちなみに食事は…、sono氏は李先生もよく注文する「アルパッ」にしたのですが…(写真失敗!!)

突然の大雪が!!20130218-014
↑ 幽は大雪の寒さもものともせず、つい「冷麺」なんぞを注文し…、あとで後悔しました…。

でも美味しかったので、ヨシとします!!

李先生一家がまさか長時間道路で立ち往生していたとは、夢にも思わずしっかりがっつり夕食を食べてしまい、ちょっと申し訳ないような…。

やはり突然の大雪に自家用車は中々弱いのかもしれません…。

ついでに帰りバス乗車中に電話がかかって来たので、李先生から電話か??と思って出てみると、「誰??」と思うほど声変わりした職場の同僚からでした…。

何でもインフルエンザにかかってしまい、高熱で一歩も動けない!!明日の授業を代行してもらえないか??という要請電話でした…。

今年はソウルもインフルエンザが大流行しているようです…。

こうして奇跡のスケジュールで、sono氏買出し弾丸ツアーを完全追跡する予定でしたが、次の日の午後であえなく中断~!!

でもでも!!次の日の午後まではコバンザメ続行するから、ヨロシクね!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2013/02/18 10:01 ] 韓国料理 韓国グルメ | TB(0) | CM(0)

四角針山作りました!!

四角針山作りました!!21030215-003
↑ 本日の記事も既にここのブログでsono氏がアップしてくれてますが…。まだまだ続く、何時まで続く「sono氏買出し紀行~コバンザメ日記~」!!

いつもどおりの重役出勤タイムにダムル工房へ出かけようとすると、李先生から電話が…。

「午後からYが来るから、もうお昼に行くよ!!」

四角針山作りました!!21030215-001
↑ そして午前中から工房に来ている李先生とsono氏、3人でやって来たのは大学路のカルククスの店~。

四角針山作りました!!21030215-002
↑ ここのキムチは浅漬けなので、日本人好みで美味しいんだよねぇ~。

韓国は炭水化物だけで食べることは、先ずないところがイイ!!そういえば韓国人が日本に行くと、スパゲティとかドンブリにキムチみたいな野菜類が付かないのが辛いんだとか…。

昔、李先生も東京でイタリア料理店に行った時「ピクルス、付けてくれればいいのに…」ってボヤイテたっけ…。

四角針山作りました!!21030215-004
↑ 昼食後はダムル工房に帰って来て、修行の続きをします~。昨日、ヒャンナンチュモニを完成させたsono氏。

お次は四角針山ですって…。

四角針山作りました!!21030215-005
↑ すると予告どおりに、ダムル工房の末娘、Yちゃんがやって来ます~。

四角針山作りました!!21030215-006
↑ 初めてYちゃんに会った時は小学校5年生だったのに、もう今年の3月から高校3年生ですって!!

身長もどんどん伸びて、すっかりお姉さんになってしまって見違えるよう…。

う~ん…、子供の成長を見ると、改めて自分が歳とったことを実感させられるなぁ~(苦笑)。

四角針山作りました!!21030215-007
↑ Yちゃんは年齢的にはダムル工房の末娘とは言え、キャリアは相当長い!!

子供の頃から手仕事が大好きだったため、お母さんがその特性を生かしてあげようと小学生から工房に通って来てますからね!!

今年はもう日本手工芸指導協会の手まり講師資格も取得するくらいの腕前で、チョガッポだって高度な技法を駆使して素敵な作品を作るんですよぉ~。

さらに李先生が小中学校で手まり講義をする時は、立派にアシスタントを務めるし、通っている高校では手まりやチョガッポに興味がある学生たちと同好会を作って教えたりもしてるんです…。

若いうちから、好きなこと見付けてそれを継続させているなんて…、行く末楽しみな末娘さんデスネ!!

四角針山作りました!!21030215-008
四角針山作りました!!21030215-009
↑ ちなみに李先生は、今ヌビ作品を作成中のようです。

四角針山作りました!!21030215-010
↑ その横ではsono氏が四角針山に綿を詰め終えたヨウデス…。(カメラ目線、ご協力感謝!!)

四角針山作りました!!21030215-012
↑ あとは糸で形を整えて…。作業途中をジッと見てたけど、本当にsono氏は上達したよねぇ~。

元々の能力もあるんだろうけど、それ以上にどれだけ努力したんだろう~ってタメ息が出るよ…。

四角針山作りました!!21030215-011
↑ こうして完成したのが四角針山です!!もちろん、写真はsono氏提供デス!!

かっわいいぃぃぃ~!!家に帰ってから、色違いや多きさ等、アレンジを加えて色々作ったんだそうです…。

本当に頑張ってるんだなぁ~。

Yちゃんやsono氏を見て、本当に幽も心を入れ替えて頑張らねば!!っと、心底思いました…。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

久しぶりの北村・三清洞

北村・三清洞探訪20130214-001
↑ 本日の記事も既にsono氏のブログ①その②で既にアップされてはおりますが…(だって、写真が余ってるんですよねぇ~苦笑)。

全州食堂でスンドゥブチゲを食べた後は、すぐに工房をあとにして、sono氏のリクエストで北村・三清洞の博物館巡りへGo!!

何でも日本の女性誌の韓国特集号にも紹介されているという窓枠工房へ行ってみることに…。

途中、この辺りの韓屋ゲストハウスではピカイチなお値段の『楽古斎』があったので、1枚パチリ…。

ここ…、お値段も中々なこともあり、中庭とかかなり綺麗らしいけど、外からみる分にはその良さあまり分からず、ちょっと残念…。

北村・三清洞探訪20130214-004
↑ そしてお目当ての窓枠工房『清円山房』に到着!!

北村・三清洞探訪20130214-002
↑ でも…、あれ??手元の女性誌では間違いなく営業しているはずなのに、門は堅く閉ざされていて…。

一応呼び鈴を押しても、何の返答もなく…。

北村・三清洞探訪20130214-003
↑ おっかしいなぁ~っと思って、入り口の掲示板を見てみると「2013年から予約制になりました。」ですって…。

ええっ~???何それ??って感じでした…。

でも韓国観光公社のHPでは金曜日のみ10時~17時まで開放ってあるんですよねぇ~。もし読者さまの中でここへ行きたい人がいたら、一度確認してから行ったほうがいいと思います。

北村・三清洞探訪20130214-006
北村・三清洞探訪20130214-005
↑ 久しぶりの北村は、出鼻からちょっとくじかれてしまいましたが、街全体が雰囲気あるから散策するだけでも面白いですよねぇ~。

小学校の正門のとぼけた顔もなかなか可愛い!!

北村・三清洞探訪20130214-010
↑ さてお次は…、これもsono氏が一度行ってみたかったという『ソウル無形文化財教育展示場』

ここも女性誌にも観光公社のHPにも間違いなく営業時間となっているはずなのに、またしても閉館??

ここもインターホンを押してみたけど、やっぱり応答なし??でも韓屋の横からオンドルの煙が出ているから、絶対無人じゃないんだけどな??

よく分からないけど、事情は刻々と変わっているようで、ガイドブック情報はあまり当てにならないのかもしれません…。

北村・三清洞探訪20130214-009
↑ 昔はあちこちでよく見かけたこういう横道…。最近は本当になくなっちゃいましたよねぇ~。

どこもかしこも再開発の嵐でこういう懐かしいような風景、減っていくのはちょっと淋しいな…。

北村・三清洞探訪20130214-008
↑ この辺り一帯は大きなスーパーがないので、街を歩いていると色々なトラックが物を売りに来るんです。

今回見かけたのは干柿を売るトラック。

その他にも、野菜、肉、魚、果物、雑貨、衣服…などなど、結構何でも売りに来てくれます。スーパーなんかよりずっとお得な値段でいいんですけど、買いたい時に買いたい商品のトラックに出会えるわけではないのが玉にキズ…。

北村・三清洞探訪20130214-007
↑ でも前回行った時、休みで見られなかった『世界装飾具博物館』はやってました!!

建物がとても開放的な作りとはいえないため、てっきり最初は「ここも休み??」って思っちゃったよ…。

巨大な琥珀に昆虫が閉じ込められているのなんか、映画『ジュラシックパーク』を思い出させて、面白かったな。

ここは拷問みたいに大きな装身具も見ものだけど、展示の仕方がなかなか個性的なのが印象に残りました…。

北村・三清洞探訪20130214-011
↑ 途中韓紙やチョガッポなどの韓国伝統民芸品を扱うお店に行った時に、李先生にプレゼントしたことがあるLEDライトキャンドルを利用した素敵な作品を見付けました…。

北村・三清洞探訪20130214-012
↑ それなら、もしかしたら南大門市場のおもちゃ屋にあるかも??ということで、バスに乗って移動します。

そういえば、もう少しで火災にあって焼失していた南大門工事も終わるみたいですよ??

ソウルで一番品揃え豊富な文房具店に行ったりしていたら、あっという間に日が暮れます…。

北村・三清洞探訪20130214-013
↑ 明洞に向かう途中、トイレ休憩を兼ねて現代百貨店の地下食堂街へ行った時、sono氏いわくソウルで最近流行しているらしいドイツ菓子「シュニーバレン(schneeballen)」を教えてもらいます。

何でも木槌で砕いて食べる伝統菓子らしく、近ごろ職場がある2号線江南駅の地下街でも売店を見つけました。

帰りに何時も買うか買うまいか…を悩んでいるお菓子なんです。美味しいのかな??

しっかし…、いつものことながらソウル在住の幽より、日本にいる人たちの方がソウルの情報通って一体どういうこと??(苦笑)

北村・三清洞探訪20130214-014
↑ その後、明洞にも久々に行きますが、人が溢れているのと、明洞に慣れていないこともあり早々に大学路へ退散…。だって、何処へ行ったらいいのか分からないんですもん…(爆)。

北村・三清洞探訪20130214-015
↑ おなじみ大学路に帰って来た後は、李先生といると先ず食べることのないコプチャン料理の店に行きます。

確かに店に入る前に「少し時間がかかりますが、いいですか??」とは言われていたけど、ほぼ1時間くらい待たされた!!

さすがに途中でホールの店員が気を使って「スープ、もう一度温めましょうか??」と言ってくれたけど、これほど待たせるとはどんだけ??って感じ…。

もちろん客も若い人ばっかり、どんどん来て満員なんだけどさ…。

北村・三清洞探訪20130214-016
↑ そしてやって来たコプチャンも写真の盛りとは全く違う可愛らしいもので…。

決して不味くはなかったけど、これだけ待たされ+見本写真とあまりにも違う盛り…ってことで、多分この店には二度と行きません…。

北村・三清洞探訪20130214-017
↑ sono氏~、店の選択をしくって本当にごめんなさい!!

一応「こんなこともあるさ…」と慰めてもらいましたが、次は絶対大学路でいいとこ、紹介するからね!!

しっかし…、こんな店なのに客が後から後からやってくるって…。韓国の若者はそんなにコプチャン好きなのか…、あるいは酒の当てってことで、酒さえ運ばれて来ればあとは料理が何時来ても関係ないとか??

う~ん…、よく分からん…。久々に失敗してシマイマシタ…。

その後は、この夕食に待ち時間も含めてかなり長居したので、かなりの深い時間になり本日はここで解散…。

幽の「sono氏買出し紀行~コバンザメ日記~」、まだまだ続きマス!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

香囊巾着作成中

香囊巾着作成中20130213-001
香囊巾着作成中20130213-002
↑ 昨日に引き続き、本日の記事もsono氏のブログだけでなく、ここのブログでも書かれていますが、幽も写真が沢山あるので、しつこくアップします…(苦笑)。

前日の日本人同窓会みたいな食事会の次の日…。

この日も奇跡的なスケジュール編成により、休日だった幽がダムル工房に重役出勤してくると、工房では既にシスターマルガレーテとsono氏が朝から作業中でした!!

う~ん…、皆さん、朝から熱心で幽も心を入れなおして早起きせないかんなぁ~。反省…。

香囊巾着作成中20130213-003
↑ お久しぶりのシスターマルガレーテは如意珠紋のチョガッポを作成中…。

香囊巾着作成中20130213-004
↑ しばらくご無沙汰だった理由は、何と修道会でイスラエルやトルコなどの巡礼ツアーに12泊14日で行っていたからなんですって!!

うっわぁ~!!!羨ましい!!ちなみに写真はトルコで購入した腕輪と手染めのスカーフです!!

ひとしきりイスラエルやトルコの見聞話で盛り上がりました!!しっかし、何気に教会関係者って世界のあちこちに行ってますよねぇ~。いいなぁ~、こういう時だけ修道会に入りたい…(←罰当たり!!)。

香囊巾着作成中20130213-005
↑ ちなみに隣のsono氏は香囊巾着(향낭주머니:香り巾着)を作成中~。

弾丸買出しツアー中の忙しいなかでも、まだまだ研究に余念がないとは!!幽も見習わないとなぁ~。

香囊巾着作成中20130213-006
香囊巾着作成中20130213-007
↑ 李先生から色々教わりながら、一生懸命メモしています…。幽の通訳なんか全く必要なし!!

sono氏、日本にいるのにいつの間にこんなに韓国語が上達したんだろ????

すっかり通訳も必要なくなっちゃって、これといってやることもない幽は(←オイオイ…)、sono氏が買ってきたキンパッと李先生がsono氏のために作ってきた朝食をモグモグしながら、シスターマルガレーテの中東話を聞いていました…。

次は必ず中東の旅行写真を持って来てくれるんですって!!たっのしみぃ~!!

香囊巾着作成中20130213-008
香囊巾着作成中20130213-009
↑ 幽が朝食だか昼食だか分からない時間の食事を終える頃には、sono氏は香囊巾着をほぼ完成~。は、はやっ!!

香囊巾着作成中20130213-010
↑ お次は巾着につける飾り紐を選びます。こんなにあると迷っちゃうよね??

香囊巾着作成中20130213-013
↑ シスターが帰るのと入れ替わりにお次は城北洞に住むY氏が新作の絵画をもって訪問です!!

香囊巾着作成中20130213-014
↑ この布に描かれている絵画は岩絵具を使っているんですって…。岩絵具って確か粉から自分で色を作るんですよね??間近でみると本当に色の重ね具合が絶妙なんですよ!!

本当にダムル工房の皆さんは、色々多才でうらやましい~。何か芸術方面で才能があると、人生の彩りになりそう…ですよね??無芸の幽はタメ息をつくばかり…。はぁぁ~。

香囊巾着作成中20130213-015
↑ 最近のY氏はつまみ縫いで作る蓮の葉の覆い??をよく作っています。

結構頻繁に作っているように見えたので、「何に使うんですか??」って聞いてみると、「食卓に普段使いとしてね…」なんだとか…。

そういえば…、Y氏は李先生同様に料理も講師の腕前を持つプロでしたっけ…。

香囊巾着作成中20130213-011
香囊巾着作成中20130213-012
↑ その横ではsono氏が香囊巾着を完成させます!!メドゥプと布の組み合わせも素敵ですね!!

香囊巾着作成中20130213-016
↑ sono氏の香囊巾着が完成したところで、Y氏も誘って皆で久しぶりに全州食堂へ行きます。

時間的にはお昼というより、もうお茶の時間だったので、いつも昼時には満員の食堂も客は幽たち4名だけ…。

4名全員がスンドゥブチゲを注文~。ここのスンドゥブチゲは女主人が作って下さっている限り、とっても美味しいんです!!(ちなみに一度従業員の叔父さんが作った時は、残念なお味だったこともありますが…苦笑)

香囊巾着作成中20130213-017
↑ 「いただきまぁ~っっす!!」

夕刻にはsono氏と幽で博物館めぐりの予定だから、しっかり食べとかなきゃね!!

それでは、長くなって来たので続きはまた明日…。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

久々の日本人大集合!!

久々の日本人集合20130212-001
↑ 帰る直前に記念撮影を忘れて、帰り支度をする皆で写真を…。ご迷惑かけましたぁ~。

さてさて…。韓国で年2回しかない大型連休ソルナルがもう終わってしまいましたね…。

あぁ~あ…、今日からもう通常業務か…。

ところでかなりの事後報告+sono氏ブログ記事でも、すでに報告されていますが…、幽の会食会レポートです~。

久々の日本人集合20130212-003
久々の日本人集合20130212-004
↑ 当日は1週間修行の最終日だった埼玉T氏は朝から最後のラストスパート!!

久々の日本人集合20130212-002
↑ 李先生は埼玉T氏の送別会と、午後「ソウル弾丸買出しツアー」で到着のsono氏の歓迎会を兼ねて、会食会を開こう!!となり、久しぶりに日本人が集結デス!!

そのためharu氏も午後過ぎに工房へ…。

ちなみに重役出勤の幽がダムル工房に顔を出した時は、既に李先生は夕食準備のためご自宅に帰られていました。

その後は3人で作業しながらお喋りしていると、荷解きもまだのsono氏が工房に現れます。お久しぶりでしたぁ~(変な日本語…)。

久々の日本人集合20130212-006
久々の日本人集合20130212-005
↑ sono氏を加えたダムル工房4名は、一緒に李先生のご自宅へGo!!

そして現地集合の韓国在住組M氏とY氏も無事に合流し、直ぐに会食会が始まります!!

ちなみに幽たちが到着した時は食事が全部出来てました…。李先生の手際は相変わらずスゴイ!!

久々の日本人集合20130212-007
久々の日本人集合20130212-008
久々の日本人集合20130212-009
↑ 皆、久々に集まったこともあり、李先生の手料理に舌鼓を打ちながら、談笑です。

久々の日本人集合20130212-010
↑ デザートは李先生お手製の水正果!!砂糖とか一切使わず干柿の甘味だけなので、店で飲んだり缶で売られているものと全く違ってさっぱりして美味しいんデス!!

このパガジ(ひょうたん)型の器もお洒落!!

久々の日本人集合20130212-011
↑ 食事が終わると、sono氏が李先生に報告も兼ねて持参して来た新作チョガッポを見せてもらいます。

皆、プロの作品に思わずウットリ、感嘆の声が…。ド素人の幽が見ても配色が本当に素敵なんですよねぇ~。

久々の日本人集合20130212-012
久々の日本人集合20130212-013
↑ どの作品もすごく素敵で、皆「ここはどうしたの??」「この作品ならどれくらいかかるの??」と興味深々デス…。

久々の日本人集合20130212-014
久々の日本人集合20130212-015
↑ 素晴らしい作品ばかりで、李先生も「スゴイね!!」としきりに褒めていました!!やっぱりプロの作品は間近でみると、迫力が違います!!

ちなみにブログ上では、新作の披露は今年も予定されている個人展までオ・ア・ズ・ケ!!!

是非2013年sono氏個人展を期待してて下さいね!!

幽も今年の個人展には是非観に行けるといいなぁ~。

久々の日本人集合20130212-016
久々の日本人集合20130212-017
↑ ひとしきりsono氏の作品を堪能した後は、長男が開発にかかわった新商品『T・BASS殺菌器』のモニターを兼ねて、一人一個ずつのプレゼントまで!!

何でもミスト状のアルコール消毒スプレーで歯ブラシを雑菌から守ってくれる商品なんですって!!

歯ブラシに雑菌が繁殖していると、歯磨きをしても効果が薄いそうで、それを改善してくれるんだとか…。

久しぶりに日本人集合だけでも楽しかったのに、思わぬプレゼントまでもらってホクホク気分の1日でした!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

ヌビについて(再録)

再ヌビについて20130211-010
↑ 現在、絶賛ソルナル連休中の韓国です~。

韓国に嫁いだお嫁さんたちはきっと大変な思いをしている最中でしょうが、幽には全く関係もなく…(苦笑)。

ソルナル名物の冷え込みを口実に絶賛ひきこもり中!!なのでsono氏には悪いけど、これといったソルナルのニュースは皆無なんですよねぇ~。申し訳ない…。

ところで、このブログの真の持ち主である李先生から「再度ヌビについての記事をアップしてくれ…」と言われたので、ゴーストライターの幽には拒否権はありません。

文章自体は2012年3月1日『ヌビについて』と全く同じですが、写真は李先生の新作作品が送られてきましたので、お楽しみ頂ければ幸いデス…。m(_ _)m

ソルナル中の主婦はそれはそれは忙しいらしいので、どうぞお察し頂ければ…と思います。

それでは以下はヌビについて(再)の記事です~。

再ヌビについて20130211-003
↑ ヌビ作品いろいろ~

ヌビ(누비;刺し子)はとても時間がかかる作業です。現代は簡単で速いことが良いという価値観が横行しているなかで、愚直なまでに時間がかかるヌビ作業は、人生の余裕について改めて考えさせてくれる作業だと思います。

再ヌビについて20130211-007
↑ 現在李先生が作成中のヌビ作品

ヌビとは布の表と裏の間に、綿や中布をいれ、糸でひと針ひと針を模様のように縫っていく技法です。とても根気がいる作業になり、作品が大きくなると気の遠くなるような時間がかかります。

再ヌビについて20130211-002
↑ ヌビの縫い目拡大

韓国で防寒の必要性から、布の間に綿を入れるようになったのは高麗時代末期からといいます。遺物として残されている甲冑に、布を何枚も重ね合わせてヌビをしたものがあります。また文献によると中綿として入れるものには、ガチョウの羽根や真綿などがありましたが、それだけでなく、紙を入れていたという記録も残されているとのこと。

再ヌビについて20130211-001
↑ ヌビの縫い目拡大

朝鮮王朝後期の実学者である李瀷(이익)という人物が書き残した『星湖僿説;성호사설』という著書には、紙で甲冑を作ったという記述が残されています。紙で甲冑などとは驚かれるかもしれませんが、とても丈夫で放たれた矢が貫通できなかったといわれるほどです。

再ヌビについて20130211-008
↑ これは何だろう…

他にも朝鮮王朝第9代の王であった成宗の息子に燕山君という息子がいたのですが、この人にもヌビにまつわる逸話が残されています。彼の母親は廃妃尹氏と呼ばれていますが、彼女は王宮の針線尚宮(침선상궁)という王の衣服を担当する役職にあり、特にヌビが上手いという評判の女性でした。

再ヌビについて20130211-009
↑ ヌビの鍋つかみ???

その後、燕山君が10代目の王になった時、母である彼女に尚宮時代、何が一番苦しかったのかを聞くと、彼女はヌビの仕事が一番つらかったと答えたそうです。その話を聞いた燕山君は死ぬまでヌビを使った衣服を着ることはなかったという話です。

再ヌビについて20130211-004
↑ ヌビのテーブルクロス

ヌビには色々な種類があります。ポルロクヌビ(볼록누비)と呼ばれるふっくらと仕上げるヌビは、中に綿を置いてぐし縫いをして作ります。オモクヌビ(오목누비)というへこませるように作る技法は、深く広く糸を縫いこむことでその凹みを出します。ナプチャクヌビ(납작누비)という技法は布と布をピッタリと合わせて、くまなく刺し子を施す技法です。

再ヌビについて20130211-006
↑ ヌビの針入れ

目の細かさによっても細かいヌビになると幅が0.5cm 以内で作られ、その精巧な針仕事は縫い目を数え切れないほど、気の遠くなるような作業を繰り返します。中くらいのものでも幅3cm程度、ヌビが少ないものでも幅3cmを若干超える程度なので、僧侶の衲衣(僧侶が着る灰色の服:납의)や寝具類など、大きな作品を作るときは本当に大変だったと思います。他にもヌビの話は色々あり、技法も沢山あります。またいつか機会があったら話したいと思います。

再ヌビについて20130211-005
↑ ヌビの鏡入れ

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

ソウル滞在お世話になりました by sono

오늘도 제(sono)가 쓰고 있습니다.
すいません、今日も私(sono)がお邪魔しております。

先生宅のポジャギ 2013.2.8

しかし、今日までとなります。
お付き合いありがとうございました。

今回
安い航空券を見つけ、急遽ソウルに行きましたが
こんなに雪が積もるとは思わず
土曜日まで市場が休みとは思わず
下調べの重要性を痛感した旅となりました。
みなさんは気をつけてくださいませ。

先生宅のポジャギ 2013.2.8

今はちょっと円安だし
韓国国内はインフレで物価上昇中ではありますが
ソウル・釜山であればどうにか日本語通じるし
ポジャギに興味のある方であれば
ぜひとも本場韓国で目にしてくださいませ。

先生宅のポジャギ 2013.2.8

韓国はお店の入れ換わりが非常に激しいのもあって
私の書いた内容が参考になるとは限りません。

先生宅の手まり 2013.2.8

最近ネットでも品切れ続出のポジャギの本なども、
私が偶然立ち寄ったソウルの本屋さんには何冊かありました。
(以前は全くなかったんですが!)

工房の中 2013.2.8

ダムル工房の中は、ポジャギ作品が所狭しと飾られています。
実は、私の作品も何点かあります、この中に。

ダムル工房に興味のある方、訪問予定の方は
必ず左のメールアドレス宛てに連絡してくださいませ。
最近では先生も忙しく、
いつも工房オープンしているとは限りませんので要注意です。

工房の中 2013.2.8

先生もスタバのタンブラーにポジャギをいれてます!
ステキ~
でも、これもどうやら水漏れするらしい。。
漏れない、良いやつないですか~?

雪だるま 2013.2.8

なんだかいつになく散文的になってしまいましたが
これにて 私(sono) のソウル滞在記は終了です。
お付き合いありがとうございました。

감사합니다!!

선셍님,여러가지로 신세를 많이 졌습니다!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
  クリックして頂けると
  李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

[ 2013/02/08 11:19 ] 雑談(その他) | TB(0) | CM(0)

工房ランチ、ならぬ、先生宅ランチ by sono

blog쓰기가 늦어서 죄송합니다.
다시 제(sono)가 쓰고 있습니다.

今日はブログ更新遅くなりました。
また、私(sono)が書いております。
しばしお付き合いよろしくです。

先生宅ランチ 2013.2.7

通常であれば
工房でポジャギしながらランチ・・
なんですが、
ソウルは豪雪!
工房前の坂が登れないとのことで
急遽先生宅へgo!

いつもお弁当を作ってくれる延氏が
これまた大食いの私のために(苦笑)
沢山おかずを作ってくれております。
どれもおいしかったわ~
잘 먹었습니다!!!

先生宅ランチ 2013.2.7

この日も自宅にいらっしゃった
先生の御主人と延氏とharu氏も一緒です。
みなさん控えめに食べてたようですが
私はご飯までおかわりしました。。

先生宅ランチ 2013.2.7

写真上手く撮れてなくて残念ですた
手作りのシッケまで!
甘くなくて本当においしかった。
今まで飲んだ中で一番かも!

先生宅ランチ 2013.2.7

延氏は
「私は家に残って、作りかけの指ぬきをやるわ」
と、言って残りました。

家と行っても、先生の家なんですがね(笑)
先生御主人と延氏を残し
私達はクァンジャン市場へgo!

(先生の顔が切れてます・・すいません)
クァンジャン市場へ  2013.2.7

今回のメインイベント!
ポジャギの材料買い出しへ。
途中先生が何件か新しいお店を
紹介してくれました。
途中からは自分たちだけでウロウロ

今回の目的は果たせました!
しかし重いっ

カフェなどにも立ち寄らず
そのまま先生宅へ直行。

先生宅でポジャギ修行 2013.2.7

戻ってみると
行った時と同じ場所で
延氏はキョンサンドコルム(指ぬき)を
作っておりました。

高度な指ぬきなんですが
本人いわく、
「100個作る!」そうです・・・

私は死ぬまでに100個も
作らないでしょう・・・(笑)

先生宅でポジャギ修行 2013.2.7

haru氏も戻ってすぐに
ヌビ(刺し子)を早速教えてもらってます。
先生はすでにノースリーブです(笑)

先生宅でポジャギ修行 2013.2.7

私はコーヒーを飲みつつまったりと
買ったものを再確認したりしとりました。

先生宅でポジャギ修行 2013.2.7

先生もヌビを取り出し
作品づくりしております。
ホント、今ヌビがはやってるみたいですね~
時間かかるんですが、楽しいですよね。
私もやらねば!


今日も長文になりましたが、
お付き合いありがとうございます。
買い出しの方は、sonoブログの方に近日中にupします。
しばしお待ちを。

今週末は、旧正月なので
来週からは幽さんが旧正月ネタを
届けてくれると思いますので
期待しましょう!

감사합니다!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
  クリックして頂けると
  李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

雪の大学路 by sono

またまたまたまたsonoです。
今しばらくおじゃまします。

綺麗なシルク糸

寒い日は
工房に引き籠りで
ポジャギ修行に限ります。

実のところ、
おしゃべりばっかりで
あまり進んでいませんが(笑)

きれいなヌビ

先生の作品です。
いつ見てもステキだな~

カルグクス

腹が減っては・・・
ということで、
寒い日には体の中から温まる
カルグクス(韓国式うどん)

ここは以前も行ったことのある
フェファ駅近くのお店

カルグクスのおいしいお店は
キムチがおいしいとよく言いますが
ここもおしいです(おかわりしました)

カルグクス

満腹になったら
また工房引き籠りです。

私がポジャギをしている横では
手まりをやっております。
先生忙しいですね~

手まりを教える先生

息子さん二人の影響もあって
先生は完全にiPadも
ギャラクシーも使いこなしてます。
すごいな~

i-pad使いこなす先生

この日の天気予報では
夕方から雪!!!

韓国の天気予報は
あまりあてにならないのが定石ですが
最近は精度が上がってるようですね。

雪の大学路

九州人の私はあまり経験したことのない
スキー場で見るような
サラサラの雪が段々と積もりだしました。

雪の大学路

大通りはかろうじて雪が溶けてるけど
そのほかは歩道も道路も
あっという間に真っ白です!
さむいよ~

雪の大学路

まだ肌が切れるような寒さではないですが
かなり寒いです・・・
こちらの人たちは意外と薄着。

私はフード付きのダウンだったので
助かりました。ほっ

雪の大学路

私の定宿の近くの坂道も
スリップしそうで怖かった~

こっちの若者は
それでもハイヒールでカツカツ歩く!
一人目の前でスリップしてたけどね(笑)

この時期のソウルに来る方は
滑らない靴必須です。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
  クリックして頂けると
  李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

大学路now! by sono

またまたsonoです。

今日はダムル工房のある
大学路のプチご紹介

マロニエ公園前のチケット売り場

以前は大きな仮面の形でしたが
いつの間にか変わっていた
大学路の演劇チケット売り場

地下鉄フェファ駅出てすぐです。

マロニエ公園前で歌うおじさん

只今
マロニエ公園が工事中なのが残念。
かなり長いよ、ここの工事。

で、
建物の前では
パフォーマンスしている人多数

ギターの弾き語りのおじさん
(でも私より若いかもしれん・・)

マロニエ公園前で踊る若者

チケット売り場の前で
踊る若者

これが完全に素人チックな踊りで
しかも普通の格好で
特別かっこよくなかったな~
(あくまでも個人的嗜好ですが)
すまん、若者よ。がんばれ。

中国式ホットク屋台

その前には
中国式ホットクのお店
これ、食べ損ねてるな~
ソウルに居ると
お腹すいている時がないのでね・・・

劇場とカフェ

いつ来てもそうですが
大学路はどんどん
建物やらお店が変わります。
作っては壊し作っては壊し・・

新しい劇場とカフェも!
カフェベネ、
2ブロック位先にもあるのに!!

カフェ

女の子が好きそうなカフェ
(私は興味がない)

大学路は劇場がたくさんで
若者の集まる街なので
カフェがものすごく沢山あります。

一人で入りやすい反面
落ち着いた店ってのは少ないかな?
こじゃれたパスタやらも多いし。

韓国で洋食や日本食は
高いですよ~
サンドイッチも日本より高い。

キムパプのお店

一番お勧めなのは
キンパプ(海苔巻)のお店

工房に行く途中にあります。
(坂の手前)
sonoブログ 買い出し旅(2)
この時食べたキムパプは
ここのです。

以前来た時は、
1巻き2000ウォン≒169円
それでも平均的な店より安い!

しかし今回は
1巻き1500ウォン≒127円
値下がりしていた!!
(ちなみに、今日のレート1180)

白ご飯から赤飯に
バージョンアップしていたのに?!

店員が
おねえさんではなく
おじさんにかわったから?
経営者が変わったのかな?
(よくある話)

大学路のチムタッの店

私の大好きチムタッのお店もあります。
(鶏肉と野菜と春雨を甘辛く煮たもの)
辛いのがダメな人はご遠慮ください。
サイドメニュー皆無。
このお店はこれしかないです。

チムタッ

その斜め前には
その名も「なんでもしゃぶしゃぶ」
という韓国式しゃぶしゃぶのお店も。

ダムル工房

歩いている人達の格好を見てもわかるとおり
この時期のソウルは寒いのが普通です。

旅行に来る方は暖かい格好で来てくださいね~

ではでは~

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
  クリックして頂けると
  李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

ヒャンナンチュモニ(향낭 주머니) by sono

アンニョンハセヨ!
只今弾丸ソウル滞在中の
sonoです。
ちょっとお邪魔しております。

今回は
材料買い出しもありますが
ポジャギ修行もしております。

ヒャンナンチュモニ 20130202-04

韓国には多種多様な巾着がありますが
その中の
ヒャンナンチュモニ(향낭 주머니)
なるものを今回作りました。

ヒャンナンチュモニ 20130202-03

この巾着は
柄のある生地などを使うと
ステキです。
ああ~この生地も買って帰らなきゃっ!

李賢淑先生ヌビ製作中 20130202-01

私やシスターに教える傍ら
先生はヌビの大作製作中。
あ、ここでもヌビが流行中?

メドゥプ紐いろいろ 20130202-02

この巾着や
キィチュモニなどにも使う
ちょっと複雑な連続技の組み紐
「あなた作れるでしょ?」って
言われましたが
今回はパスして
出来たものを購入させていただきました。
だって
早いしきれいだし安いんだもーん。

キィチュモニ 20130202-06

ちょうど
チュモニが完成した頃、

城北洞だっけ?に住んでいる
絵を描くオンニが
ポジャギの生地に
すてきな絵を描いて
持ってきました!
すごー!!

アジュンマの作品 20130202-07

先生はこの絵入りの生地をつかって
何かポジャギを作るそうです。
楽しみ~すてきだろうな~

そのアジュンマ本人も
セレブっぽい、すてきな方でした。

で、
管理人さんと先生とオンニと4人で
ちょっと遅めのランチにgo!

絵を描いたアジュンマ 20130202-08

工房近くの
チョンジュシクタンです。
ここは外れがない
メインもおかずもキムチもおいしい
先生御用達のお店。

今日はスンドゥプチゲ(豆腐鍋?)です。
キムチもエゴマのキムチもおでんも
もやしの和え物もおいしくて
全ておかわりしましたね、そういえば。

チョンジュシクタンのスンドゥプチゲ

ここは地味なお店ですが
本当においしいです。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。
  クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

ヌビ、流行中??

ヌビ、流行中?20120201-007
↑ 昨日は日中10度まで上がり、この時期のソウルでは珍しい程の暖かさでした。

いつも通りの服装だと汗だくになるくらい!!いやぁ~、驚きましたねぇ~。

さて…、昨日の記事の続きです。工房ランチ終了後は皆で作業開始します。

ヌビ、流行中?20120201-002
ヌビ、流行中?20120201-001
ヌビ、流行中?20120201-003
↑ 韓国伝統紋様30種を完成させたharu氏は、次はヌビに挑戦です~。

ヌビ、流行中?20120201-005
ヌビ、流行中?20120201-004
↑ 見ると、神奈川M氏もヌビの眼鏡入れを製作中ですね??

ヌビ、流行中?20120201-006
ヌビ、流行中?20120201-008
↑ 埼玉T氏は高級技法の袈裟、Y氏は如意球紋…

ヌビ、流行中?20120201-011
ヌビ、流行中?20120201-010
↑ 延氏が作っているのは安東指ぬきデスネ!!

ヌビ、流行中?20120201-009
↑ 装飾用なのでちょっと大き目に作っているとかで、実際に使うにはちょっと大きいようです。

ヌビ、流行中?20120201-012
↑ 実際に指ぬきとして使えるのは、これくらいの大きさにしないといけないんだとか…。

ちなみに木の棒は指ぬきの型を作る道具だそうです。

この日のダムル工房は、李先生含めると6分の4の割合でヌビ作品を作っていましたね~。

もしかしてダムル工房でもヌビが密かに流行中なんでしょうか??

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。