ポジャギと伝統料理の文化散策

ソウルの大学路で伝統工芸工房・ダムル工房を経営し、韓国宮中飲食研究院の郷土料理講師でもある李賢淑先生が毎日の生活のなかで感じた徒然雑記を日本語で紹介します。(たまに…、いや最近は結構な頻度でゴーストライターのダムル工房日記になることも…苦笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お知らせ

今朝、幽のPCが完全なブラックアウト状態になりました。

仕事にも関わるため、すぐにでもASを呼び対処したいのですが、次の休日まで家にいないので呼ぶこともできません。

とりあえず職場や出先でメール確認をすることは出来ますが、自宅にPCがないため返事は多少遅くなるものと思います。

いつPCが復旧するのか分かりませんが、それまでブログ記事の掲載も休止となります。

李先生の記事を楽しみにされている皆様、本当に申し訳ありません。m(_ _)m
スポンサーサイト
[ 2012/10/25 01:00 ] 告知関係 | TB(0) | CM(0)

北韓料理セミナー2期3回目②

北韓料理セミナー2期3回目②20121023-016
↑ 3品目はチヂンシウムトッ(지진쉬움떡:焼き発酵餅)

北韓は平壌冷麺、咸興冷麺、ジャガイモ麺など韓国でも有名な冷麺が沢山あります。1990年に平壌で出版された『美味しい麺(맛좋은 국수)』(勤労団体出版社)という料理本の序文によると、麺料理は韓半島独特の民俗料理のひとつだと書かれています。

北韓料理セミナー2期3回目②20121023-011
↑ 材料は左側が白つるなしインゲン豆(흰당콩)を茹でてすり潰したものと、右側の米粉を発酵させたものです。

昔から料理膳(료리상)、大膳(큰상:宴会料理)、トル膳(돌상:1歳の誕生日の祝い膳)などでは必ず麺料理を出すという習慣があります。これは韓半島の人々が以前から麺料理を好んで食べていたことを伺わせる風習です。

北韓料理セミナー2期3回目②20121023-012
↑ 米粉を発酵させたものをフライパンで焼きます。

また韓半島の先祖たちは麺が細長い形態をしていることから、長寿の象徴として結婚式のお祝いや誕生日などの特別な日にもよく食べました。そのため麺を加工する技術も多様で色々な麺が作られました。

北韓料理セミナー2期3回目②20121023-013
↑ インゲン豆は濾して、砂糖を入れて餡をつくっておき、表面が乾いたら餡を載せます。

例えば材料の粉によって、メミルククス(매밀국수:蕎麦)、カムジャノンマククス(감자농마국수:じゃがいも澱粉麺)、ミルククス(밀국수:小麦麺)、カンネンイククス(강냉이국수:とうもろこし麺)などの麺類があります。

北韓料理セミナー2期3回目②20121023-014
↑ その上に焼いておいた皮をかぶせて

調理法によっても冷たい麺を食べる冷麺、温かい麺を食べる温麺、ヤンニョムを混ぜてたべるビビムククス、刺し身をのせて食べるフェククス、細長く切った沢山の野菜と混ぜて食べるチェンバンククス、韓国では昼食でよく食べられるカルククス、日本から入ってきたうどんもよく食べるのですよ。

北韓料理セミナー2期3回目②20121023-015
↑ 適当な焼き具合になったら完成です。

他にも麺の加工方法によっても幾つかに分類されます。ムルククス(물국수:水を入れて練った麺)、マルンククス(마른국수:乾燥麺)、チュルムククス(주름국수:ちぢれ麺)などがあります。

またこのような分類以外にも地域の名物料理である平壌麺(평양국수)、熱いすまし汁に入れた麺醤汁(국수장국)などもあります。

北韓料理セミナー2期3回目②20121023-017
↑ 2枚の皮で挟んでもいいですが、一枚を折りたたんで半月型にしてもいいです。

韓国でもほとんど食べられない北韓麺料理もありますよ。麺を入れたすまし汁ご飯(면장탕반:麺醤湯飯)、白飯に餅を入れて煮たスープに麺を混ぜるククスウォンパプスンイ(국수원밥숭이:麺圓飯房)という料理です。随分腹持ちがよさそうな麺料理ですね。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

北韓料理セミナー2期3回目①

北韓料理セミナー2期3回目20121023-003
↑ 今回の調理実習は3品。ひとつ目はナクチマルンククスビビム(낙지마른국수비빔:イカ混ぜ麺)

今日のソウルは久しぶりに大雨が降りました。これから雨が降るたびに一歩ずつ冬に近づいて行くのですね。ダムル工房にも多くの生徒さんがやって来てくださって、毎日忙しい日々を過ごしています。

そんななか工房の仕事の合間をぬって、北韓料理セミナーに久しぶりに参加して来ました。今回のセミナーテーマは『北韓の麺料理』でした。

北韓料理セミナー2期3回目20121023-001
↑ 面白いことに韓国ではナクチ(낙지)はタコを指し、イカはオジンオ(어진어)と言うのですが、北韓では全く逆になるのです。なのでこれは韓国式に言えばオジンオ、北韓式に言えばナクチとなるのです。

韓半島の人間にとって、麺料理は毎日朝食や夕食に食べるというより、お祝いの時にお客様に出す祝い膳、あるいは昼食として簡単に済ましたい時に多く食べる料理です。

北韓料理セミナー2期3回目20121023-004
↑ 混ぜ麺の材料

韓半島の麺料理の記録は7世紀後半の統一新羅時代に初めて出てきます。それまでは地形的に小麦が出来ず、小麦よりも蕎麦や葛・片栗などの澱粉を利用することが多かったようです。

北韓料理セミナー2期3回目20121023-002
↑ 二品目は北韓式に言えばナクチスンデ(낙지순대:イカの腸詰め)。でも韓国ではオジンオスンデと言わないと通じません。

『高麗史』には「祭礼には麺を使い、寺院で麺を作って売った」という記録があります。また中国・宗の使いであった徐兢が著した『高麗図経』(1123)にも「高麗には小麦が少ないため華北から入って来ている。そのため小麦の値段がとても高く、成礼の時ぐらいでないと食べられない」と書いてあるそうです。

北韓料理セミナー2期3回目20121023-007
↑ イカの腸詰めの材料

けれども 徐兢は「高麗では「10余種の食味」の中で麺食が最高だ」とも書いています。

他にも高麗語で書かれた中国語会話本である『老乞大』という本にも「高麗人は濕麺を食べる習慣がある」とあります。おそらくこの料理は熱いスープに小麦麺を入れた温麺のような料理ではないか…と言われているそうです。

北韓料理セミナー2期3回目20121023-006
↑ イカを仕入れすぎてしまった…とのことで

韓半島の人間はククス(국수)のことを漢字で麺と書きますが、この文字の本来の意味は小麦を指すのだそうです。ミル(밀:小麦)は中東で最初に栽培されたそうですが、中国に伝わったのが1世紀の漢代だと言われています。

北韓料理セミナー2期3回目20121023-005
↑ 予定になかったオジンオタンジャ(어진어단자:イカ団子)も作ってしまいました。北韓にこの料理があるのかどうかは不明ですが、あるとしたらナクチタンジャ(낙지단자)と呼ばれるのでしょうか??

小麦を練って切ったものを中国では麺といい、麺で作った料理を全てビョン(병:餅)と言ったそうなのです。

料理法によって焼餅、湯餅、蒸餅と呼んだそうですが、現在の麺料理に一番近い料理は水引餅と呼んだとのこと…。

やはり異文化を正確に伝えることがどれ程難しいのか、よく分かるエピソードですね。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

大学路の小劇場

大学路の小劇場20121022-007
↑ 先週は満員御礼状態のダムル工房でしたが、今週はちょっと小康状態のようです~。(あ、でも次週からまた慌しくなるのですが…)

ちょっと静けさを取り戻した工房では長期滞在組の2人が頑張っていましたぁ~。

大学路の小劇場20121022-003
↑ 来月新しく工房を立ち上げる韓国人のLY氏は、如意珠紋を完成させたので~

大学路の小劇場20121022-006
大学路の小劇場20121022-004
↑ お次はポソンを製作中のようです。

大学路の小劇場20121022-021
↑ KM氏も中級最後の作品、五方チョッポ(오방쪽보)を完成させたので~

大学路の小劇場20121022-005
大学路の小劇場20121022-010
↑ 上級クラスの如意珠紋を挑戦中でした。まだ修行始めて10日なのに早いですね!!

大学路の小劇場20121022-009
↑ 李先生も生徒さんがちょっと少なくなったこの合間をぬって新作を始めたとのこと…。

大学路の小劇場20121022-008
↑ 今回は高級モシで作るホッポ作品だそうです。こういうのってキリがないというか、飽くなき追求心が必要なんですね…。

ずっと同じ作業を繰り返すなんて、飽きっぽい幽にはちょっと難しいなぁ~(苦笑)。

大学路の小劇場20121022-001
↑ お昼ご飯の時間になったので、久しぶりに全州食堂へ…。珍しくプデチゲを頼んでみました!!

う~ん、ここは何食べても美味しい店なんですが、幽的にはプデチゲは今イチかな??

もちろん、美味しいは美味しいのですが、他のが絶品なぶん、どうしても平凡さが先に立ってしまいマシタ…。(生意気言ってすみません…)

大学路の小劇場20121022-012
大学路の小劇場20121022-011
↑ でも付け合せのおかずは絶品!!特にここのキムチは浅漬けシャキシャキで幽のお気に入りの一品です。これだけでも食べに来た甲斐があるというものです!!

大学路の小劇場20121022-013
↑ 2人ともモリモリ食べて、残りの修行期間も頑張って下さいね!!

大学路の小劇場20121022-002
↑ お腹一杯昼食を食べた後、幽とKM氏は散歩がてらちょっと大学路の繁華街の方へ行くことに~。

大学路の小劇場20121022-020
↑ 実は…!!長男が大学路小劇場の無料公演チケットをくれたんです!!うわぁ~っっい!!

大学路の小劇場20121022-014
↑ 韓国人に10年大学路に住んでいるというと、大抵「演劇が好きなの??」と言われるけれど…。

ところがどっこい!!幽は今まで大学路の小劇場には3回しか行ったことがありません(爆)!!

ついでに無料招待券なんてもらったことないので、大学路の公演センターに行って、どうやって予約するのか聞きに行きました。

大学路の小劇場20121022-022
大学路の小劇場20121022-023
↑ ここは無料で休憩できたり、インターネットもできる大学路の穴場待ち合わせスポットなんですよ!!

大学路の小劇場20121022-019
↑ 公演センターのお姉さんに聞いてみたところ、各劇場へ行って予約してください…というので、劇場に向かうことに…。

途中、外国のテレビ局が取材していました!!(…って、いちおう幽も外人だけど(爆)、いわゆる白人スタッフの取材でした。英語じゃなかったので、何処の国か分かりませんでしたが…。ヨーロッパのどっかみたい??)

大学路の小劇場20121022-015
↑ こちらが幽たちが観にいく小劇場です。来週の日曜日の夜公演で予約しましたぁ~。

らららぁ~、たっのしみぃ~!!長男よ、ありがとぉぉぉぉぉ~!!!

大学路の小劇場20121022-016
↑ 幽たちが観にいく劇場は成均館大学のすぐ近くだったので、ついでに大学も見学します。

大学路の小劇場20121022-017
↑ 日曜日なのに大学の門の前や構内も人がいっぱい!!

日曜日になっちゃうと、門を閉めてしまう日本の大学と随分違いますよねぇ~。韓国の大学は年中開放的なんです。

大学路の小劇場20121022-018
↑ 成均館大学の構内は沢山の史跡があるので、もし大学路にいらっしゃることがありましたら、ここまで足を伸ばしてもいいと思います。

特にもう少しするとキャンパスいっぱいの素晴らしい紅葉がみられますよ!!

来週日曜日の公演、楽しみだなぁ~。どんな演劇なのか下調べしておこっと!!(^0^)

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

工房満員御礼!!

満員御礼21021019-002
↑ 現在、ダムル工房は新顔さんのポジャギ修行ラッシュの真っ最中のようです~。

おぉ~っ!!教室に生徒さんが一杯ですねぇ~。

満員御礼21021019-003
↑ 左は1ヶ月ポジャギ修行中のKM氏で、その隣は2年ぶりに工房に訪問された韓国人生徒さんLY氏です~。お久しぶりです。

何でもこの度、韓国の地方都市・束草で手まりとポジャギの工房を新しく立ち上げる予定なんですって!!

教えるに当たって技術のブラッシュアップのため、3週間ほどソウルの友人宅に寝泊りしながら集中的に通っていらっしゃるそうです。

満員御礼21021019-007
↑ 高級技法である袈裟技法に挑戦中のharu氏の隣は5日間短期集中クラスの新顔生徒さん・埼玉県出身TK氏です。はじめまして~。

満員御礼21021019-006
↑ 2人とも埼玉出身のため、地元話で盛り上がっていました!!埼玉ってIKEAがあるんですって…、いいなぁ~。

ソウルも来年当たり出店されるらしいけど、多分車がないと行きにくい場所に出来るんだろうな…、きっと…。

満員御礼21021019-009
↑ TK氏は半日で針山1個完成です!!

満員御礼21021019-011
↑ あ、お土産のウサギの箱可愛い!!と思ったら、銀座・鳩居堂のものじゃないですか!!なつかしぃ~!!

学生時代は幽もここの文具のファンでした…。何かこういう些細なキッカケで一気に思い出が蘇るものなんですねぇ~。

満員御礼21021019-012
↑ 中身もてまりだぁ~!!李先生にぴったりと思って選ばれたのだと思います。どうも有難うございます。

満員御礼21021019-008
満員御礼21021019-010
↑ TK氏は続けて午後にタガッポ製作中でしたが…

満員御礼21021019-001
↑ 2日目には完成!!ハイスピードだなぁ~。

満員御礼21021019-005
↑ 10日間通い詰めだったKE氏も…

満員御礼21021019-004
↑ 最後のポソン、ほぼ完成ですね!!10日間、本当にお疲れさまでした。皆さん、お気をつけてお帰り下さいね!!

…というわけで、例年通りに常連の日本人生徒さんが帰国した後も、ダムル工房は相変わらず賑やかなようです。

<追伸>
満員御礼21021019-013
↑ 李先生「sono氏、とても軽くて手に馴染む素敵な作品ですね。早速使わせてもらっています。商品注文ごとに色々送ってくれますが、あまり気にしないで下さいね。」

満員御礼21021019-014
↑ 李先生「息子も喜んで、早速食べていましたよ。私も少し分けてもらいましたが、とても美味しかったです。そういえば福岡は明太子が有名なんだそうですね?」

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

天使再降臨!!

天使降臨!!20121018-006
↑ 今年の4月ダムル工房に春を運んで来てくれたHちゃんが半年ぶりに再降臨!!

うわぁ~、子どもって半年でこんなに成長するんですねぇ~。スゴイなぁ~。

天使降臨!!20121018-003
天使降臨!!20121018-001
↑ 幽の職場の同僚でもあり、ともに大学路に住む日本人の隣人でもある貴重な友人RE氏もお元気そうで何より!!

Hちゃん、半年前と比べると人間らしくなったというか…(失礼?)、骨格がしっかりしてますよねぇ~。

天使降臨!!20121018-002
↑ 半年前は軽々と抱いていた李先生も~

天使降臨!!20121018-007
↑ さすがに10キロ近くなると抱っこするのも大変そうです…。こりゃ、お母さんも大変だ…。

天使降臨!!20121018-004
↑ 活発に動き回るらしいので目が離せなかったり、離乳食の準備などで毎日大忙しなのだとか…。

それに何にでも興味を示す時期なので、危険な針などを近くに置くわけにもいかず、中々作品づくりが進まないのだそうです。やっぱり子育てって大変ですねぇ~。

天使降臨!!20121018-009
↑ haru氏と一緒に~。さすが職業柄と言うべきか…、子どもの扱いが無茶苦茶上手い!!

ベビーカーに乗っていたHちゃんに話しかけた途端に大泣きされた幽とは雲泥の差ですね…(苦笑)。

天使降臨!!20121018-008
↑ 短期ポジャギ留学のKE氏も経験者だけあってさすがに手馴れています!!安心しちゃってウトウトしてるよ??

天使降臨!!20121018-005
↑ 中々作品づくりが進まなかったこともあり、半年もご無沙汰することになってしまったけど、今の季節を過ぎればすぐに厳しい冬がやって来るので、Hちゃんを連れて外へ出ることが難しくなります。

なので好天が続いている今、作品の進展はないけど、思い切ってやって来た…とのこと。

李先生も「忙しい時は無理して作品を作らなくても、のんびりやればいい…。また時間の余裕が出来て作品が完成した時に、その作品とHちゃんの成長の思い出が蘇って、特別な作品になるよ。」と言ってました。

それにもう少ししたら、外に出たくても出られない季節になるんだから、別に作品が進んでなくても可能な時に茶でも飲みに来て…だって~。

もちろん幽も待ってますよぉ~。限られた季節なんだから、是非ちょくちょく遊びに来てください!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

ひさしぶりの…

ひさしぶりの…20121017-001
↑ 私用で仁寺洞へ朝から行ったところ、サムジキルはまだやってませんでした!!

ここって10時半からなんですねぇ~。こんなに朝早くから活動することが少ないもんで、全然知りませんでした…(爆)!!

ひさしぶりの…20121017-002
↑ 私用を済ませた後は、韓紙工芸のお店にもちょっとお使いに~

ひさしぶりの…20121017-003
↑ ま、ここはちょくちょく行くのですが、いつ見ても沢山の韓紙が沢山あって壮観ですねぇ~。

ひさしぶりの…20121017-004
↑ この中から気に入った色を選ぶのもひと苦労…。でも選択肢が多いショッピングはやっぱり楽しいですよねぇ~。

ひさしぶりの…20121017-006
↑ 仁寺洞の後には広蔵市場にもちょっと足をのばしました…。

ひさしぶりの…20121017-005
↑ 小腹がすいたので、麻薬キムパッでちょっと腹ごしらえし…。

ひさしぶりの…20121017-008
ひさしぶりの…20121017-007
↑ いつものノリゲ屋さんにももちろん行きましたが、今回は久しぶりに「ニューシンサ(뉴신사)」へ…。

ひさしぶりの…20121017-009
↑ やっぱり品揃えはソウル随一と言っていいですよね…。中々他の店では見られない珍しい品も沢山あります。

ひさしぶりの…20121017-010
↑ 初心者用??なのでしょうか…。それぞれのメドゥプ糸の名前も丁寧に書いてあるので、勉強になりますねぇ~。

ひさしぶりの…20121017-011
↑ 最近の物価高騰のあおりを受けてカラチメドゥプの値段もかなり高騰しています…。

数年前の価格を知っていると、ちょっとギョッとするほどの高騰ぶりですが、このインフレの中仕方がないんでしょうね…。はぁぁ~。

ひさしぶりの…20121017-012
↑ その中でもかなり頑張っていた値段設定の刺繍ハサミ~。

ソウルの狭い限られた範囲でしたが、珍しく徒歩でウロウロしたため、久しぶりにソウルの急激な変化を目の当たりに出来た1日でしたぁ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/10/17 10:30 ] ポジャギ 材料購入店 | TB(0) | CM(0)

いらっしゃぁ~っい!!

いらっしゃぁ~い20121016-003
↑ 雲ひとつないピーカンな青空の大学路~。マロニエ公園の改修工事はまだ続いてますね…。

いらっしゃぁ~い20121016-002
↑ 知らない間にランドマークのチケットセンターも化粧直しをしてる!!

いらっしゃぁ~い20121016-001
↑ マロニエ公園はずっと改修中でも、演劇の街・大学路ではこの爽やかな太陽の下、様々な文化行事が行われていて、散策するだけでも楽しい時期です~。

ちなみにこれは書籍市。本が定価の50~80%で売っています。やっぱり演劇関係の本が多くて、チョガッポ関係の本はありませんでしたが…。

いらっしゃぁ~い20121016-009
いらっしゃぁ~い20121016-010
↑ 大学路の名物!!路上ライブもしていて、沢山の人々が楽しんでいますね??

この人たちは歌も上手いけど、幕間の掛け合いが最高なんです!!忙しくて通り過ぎてしまいたいのに、ついつい聞き入ってしまいます~。

いらっしゃぁ~い20121016-007
↑ さて、こんなに誘惑が多い大学路ですが…、その誘惑をものともせず??ダムル工房にはポジャギ修行のためにわざわざ日本から新顔の生徒さんが続々とやって来ています~。

幽だったら近くても折角海外旅行に来たなら、絶対遊びまくりそうだけど(苦笑)、皆さんはとても真面目デス…。

いらっしゃぁ~い20121016-004
いらっしゃぁ~い20121016-005
↑ こちらは10日間の日程で先週の日曜日からソウルへいらしている福岡のKE氏~。もう後半戦だなんて、10日間って長いようですが、あっという間なんですね…。

本日はポソンに挑戦中です~。

いらっしゃぁ~い20121016-006
いらっしゃぁ~い20121016-008
↑ こちらは先週の水曜日から1ヶ月のポジャギ修行にいらした鹿児島のKM氏です~。

水曜日からわずか数日で、1作品を完成です!!これ作るの大変でしょうに、すごいなぁ~。

ちなみに2人はダムル工房の長期滞在組の方々が利用されるマイホームリビングテルに滞在中なんですよぉ~。2人が同時期に滞在することって初めてデス…。

いらっしゃぁ~い20121016-011
いらっしゃぁ~い20121016-012
↑ 朝早くからずっと工房で作業をしている2人ですから、お腹もすいているだろう…とのことで、ジュエリーシティの地下にあるブッフェに行きました!!

ここは色々な韓国家庭料理がとてもリーズナブルにいただける穴場です!!

いらっしゃぁ~い20121016-013
↑ 幽も日頃の野菜不足を解消しようと、つい食べ過ぎてしまいました…。ゲフッ!!

やっぱりブッフェはダイエットには向かないようです…(苦笑)。

いらっしゃぁ~い20121016-016
いらっしゃぁ~い20121016-014
↑ さて…しっかりすぎるほど、腹ごしらえをした後は後半戦に入ります!!KM氏は間髪入れず次の作品に挑戦です~。

つぎはオクサを使ったホッポのフィオリ(회오리:つむじ)作品に挑戦するそうです~。

いらっしゃぁ~い20121016-018
いらっしゃぁ~い20121016-017
↑ KE氏もここまで進みました!!

いらっしゃぁ~い20121016-019
↑ しばらくすると、「家では気が散って全く進まないので、やって来た…」という韓国人生徒さんS氏も合流です~。

いらっしゃぁ~い20121016-015
↑ 午後6時まで熱心に作業して外に出ると、もう薄暗くなっていました。ソウルって夏は午後8時くらいまで明るいので、こう早く暗くなるともうすぐ冬だなって感じますね…。

う~ん、今年はあんまり冷え込まないといいなぁ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

韓国文化体験教室③

韓国文化体験教室20121015-005
↑ 先週の日曜日に休日返上で李先生が作っていた韓国文化体験のキットを使って、先週末に文化体験教室が開かれましたぁ~。

幽は仕事で参加できなかったので、これらの写真はharu氏が撮影してくれました!!どうも有難う~m(_ _)m

韓国文化体験教室20121015-006
↑ いやはやスゴイ人数です!!今回の参加人数は建国大学の留学生が16名、ダムル工房関係者が8名で合計24名!!玄関が靴でいっぱいです!!

韓国文化体験教室20121015-009
↑ 先ずは留学生たちに美味しい韓国料理を味わってもらおうと、トッポッキやチャプチェなどを作って恒例のランチタイムです~。

幽も大学の語学堂に半年ほど通ったことがあるのですが、割と何処の語学堂でも体験クラスはあります。

でもランチまで食べさせてくれる体験クラスなんて聞いたことがないですよぉ~!!

韓国文化体験教室20121015-008韓国文化体験教室20121015-002
↑ 李先生たちが作ったランチを各自セルフで取り分けて食べてもらいます~

韓国文化体験教室20121015-003
韓国文化体験教室20121015-007
↑ ダムル工房関係者たちも一緒にお呼ばれしていたらしく、ご相伴に預かっているようです~。

韓国文化体験教室20121015-004
↑ いやぁ~、20名以上だと食事の光景だけでも壮観ですねぇ~。

韓国文化体験教室20121015-012
↑ さて腹ごしらえした後は、韓国文化体験教室を始めますよ!!

この文化体験教室ではお馴染み、引率の助教さんもいらっしゃいますね!!

韓国文化体験教室20121015-001
↑ 今回の課題は「トゥルチュモニ(두루주머니:絞り巾着)」です!!

韓国文化体験教室20121015-013
↑ 皆さん、熱心に巾着を作ってますね。

韓国文化体験教室20121015-014
↑ 今回は参加留学生15名のうち13名が中国人、残り2名は日本人がいたそうです!!

東方神起が好きで韓国語に興味を持ち、建国大学に留学したそうですよ??

韓国文化体験教室20121015-011
↑ 日本人留学生は大阪出身だったそうです~。でも写真からでは誰が日本人かなんて、やっぱり判別できませんね…(苦笑)。

韓国文化体験教室20121015-015韓国文化体験教室20121015-016
↑ 今回の紅一点ならぬ、白一点の男子学生さんです!!前回は男子が随分多かったですが、今回は少なかったんですね??李先生が「彼も手先が器用でとても上手だった…」と言っていました。

韓国文化体験教室20121015-018韓国文化体験教室20121015-017
↑ 左は一番最初に完成させた留学生さんだそうです。右の子も上手くできていますね!!

韓国文化体験教室20121015-019
↑ 大半の学生さんは韓国語を勉強し始めたばかりの1級クラスの生徒さんだったそうですが、この4名は上級クラスである5級の学生さんたちです。

5級になると日常生活にはほとんど困らない程度の語学力があります。だから1級クラスの生徒さんたちに李先生の言葉を積極的に通訳してあげたりして、大活躍だったそうですよぉ~。

韓国文化体験教室20121015-020
↑ それから前日にダムル工房1日体験クラスに参加されていた生徒さんも飛び入り参加されたそうです!!

中々できない体験だったと思いますが、いかがでしたでしょうか??最後はダムル工房チームで「キムチ」~!!

参加した全ての皆さん、お疲れさまでした!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/10/15 10:16 ] 韓国文化体験教室 | TB(0) | CM(0)

シレギ(시래기:干し野菜)

シレギナムル20121013-008
↑ 今日は急に雷が鳴り、強い雨が降りました!!雨は多分30分も続きませんでしたが、気温がかなり下がったみたい…。

もうそろそろ寒さの心配をしだすのかな??でも寒くなると温かい料理が美味しくなりますよね!!写真は李先生もお気に入りのカムジャタンです~。

シレギナムル20121013-003
↑ カムジャタンは店によって当たり外れが多いですが、ダムル工房に程近い「チョンジュ食堂:전주식당」は美味しいですよ!!

移り変わりが激しい大学路のお店の中で長く生き残っていることからも分かりますよね。

シレギナムル20121013-007
↑ ここは食事に出されるパンチャン(付け合せのおかず)も美味しいんですよ!!

近くの若い劇団員たちも沢山やってくる、地元民に愛される店なんです。

今年の夏は暑すぎてダムル工房も出前ばかりが多くなり、最近ご無沙汰してますけどね…。でもまた寒くなると温かいスープ料理が恋しくなるので、そろそろ復活ですかねぇ~。

シレギナムル20121013-004
↑ 李先生が以前Ima氏が送ってくれた新潟の青大豆で~

シレギナムル20121013-005
↑ 豆ご飯を作ったそうです。とても美味しかったそうですよ!!幽も食べたかったなぁ~。

シレギナムル20121013-006
↑ 李先生の旦那さまが度々遊びに行く江原道(강원도)の平昌(평창)で作ったシレギ(시래기:干し野菜)だそうです。

昔は何時でも野菜が食べられるわけではなかったので、冬はこのようなシレギを食べて春までのビタミン補給をしたそうです。

旦那さんが作ったシレギだったので、ちょっと色合いが悪いそうですが…。

シレギナムル20121013-002
↑ でも工房ランチで食べさせてもらったところ、充分に美味しかったです。シレギは一番下の野菜です。

シレギナムル20121013-001
↑ 韓国料理は本当に野菜が豊富ですよねぇ~。ちなみにシレギは水でもどした後、ごま油で炒めてしょう油や塩で味付けるだけのシンプルな料理です。

でも乾燥したことで、葉野菜の部分が弾力を持ち、味も独特の深みが加わるので、これはこれでとても美味しいのです。

雨が降るごとに秋が深まるソウルからでした…。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/10/12 10:24 ] 韓国料理 韓国グルメ | TB(0) | CM(2)

青葡萄(청포도)のてまり

青葡萄20121011-007
↑ 今日も青空快晴です!!気持ちいいよね!!

青葡萄20121011-006
↑ ちなみにすぐ近所に韓国でとても人気のある『殺してくれる話(죽여주는 이야기)』の上演劇場があります~。

休日になると劇場の前にズラァ~ッと観客が並ぶんですよ。よろしかったら是非観にいって下さい。

さて、久しぶりに李先生のブログ記事です~。お待たせしました…。すみません。

↓  ↓  ↓ 以下、李先生のブログ記事です~。

青葡萄20121011-003
↑ ダムル工房の生徒さんが作って来てくれました。

青葡萄20121011-004
↑ 8等分6面の葡萄粒を模した手まりです。

青葡萄20121011-002
↑ 彼女の手まりをつなげて葡萄を作りました。

青葡萄20121011-001
↑ これはモシで作った『亜字窓』です。上のオクサとはまた違った雰囲気です。

青葡萄20121011-005
↑ しばらくは工房に飾ってあるので是非見に来てくださいね。

そしてこの葡萄を作りながら李陸史の『青葡萄』という詩を思い出したので、皆さんにご紹介します。彼は第二次世界大戦終了直前に若くして死亡した詩人でした。

この詩は韓国ではとても有名な詩で、内容は希望を象徴する青い空に葡萄が光っている…、つまり未来に対して肯定的な姿勢を描いた抒情詩です。

青葡萄の香りで客を迎える喜びにずっとひたっていたいという望みを表現していると言われています。
(ちなみに日本語訳はただの直訳です。参考程度にお願いします。幽に詩心はありません。あしからず…苦笑)

『青葡萄(청포도)』 李陸史(이육사:1904~1944)

私の故郷の7月は 青葡萄が熟れていく季節
(내 고장 칠월은 청포도가 익어가는 시절)
この村の伝説が鈴なりに開いて
(이 마을 전설이 주저리 주저리 열리고)
遠くで空が夢見 葡萄の粒がびっしりと映える
(먼데 하늘이 꿈꾸며 알알이 들어와 박혀)
空の下 青い海が心を開き
(하늘밑 푸른 바다가 가슴을 열고)
白い帆を付けた船が 整然と並んでやってくれば
(흰 돛 단 배가 곱게 밀려서 오면)
私が待っていた来訪者は 疲れた体で
(내가 바라는 손님은 고달픈 몸으로)
青布を着て訪ねてきたという
(청포를 입고 찿아 온다고 했으니)
私は彼と向き合って葡萄を食べるが
(내 그를 맞아 이 포도를 따 먹으면)
2人の手がびっしょりと濡れてもいいように
(두 손은 함뿍 적셔도 좋으련)
そうだ 我々の食卓には銀盆に
(아이야 우리 식탁엔 은쟁반에)
白い荢麻の手ぬぐいを準備しておこう
(하이얀 모시 수건을 마련해 두렴)


※どなたか「この部分はこう訳す方がいいよ!」という方がいらしたら是非ご助言を!!m(_ _)m
詩は本当に難しい…、難しすぎます!!文学専門のプロなら絶対にこうは訳さないよなぁ~。


↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/10/11 10:08 ] 手まり | TB(0) | CM(0)

秋、真っ盛り!!

秋、真っ盛り20121010-001
↑ このところ本当に真っ青な青空が広がり、最高の観光シーズンに入っているソウルです~。

ダムル工房の空も「天高く…」をまさに地でいく爽やかな青です!!

秋、真っ盛り20121010-002
↑ そんな中、ブログの読書さまの一人、今回ダムル工房訪問が初めての福岡在住K氏です~。

秋、真っ盛り20121010-004
↑ 10日間の休暇を何とか捻出してチョガッポ修行にいらしたとのこと…。こんなにいい天気なのですが、室内で黙々と作品づくりに励んでいらっしゃいます。

秋、真っ盛り20121010-005
↑ 挑戦中の作品は「亜字窓(아자창)」のホッポ作品です~。K氏はモシで挑戦です~。

秋、真っ盛り20121010-013
↑ ちなみにこれが完成形。李先生はオクサで作っています。

秋、真っ盛り20121010-012
↑ 思ったより手間隙かかって大変だけど、とても楽しい!!とおっしゃってました。

秋、真っ盛り20121010-007
↑ おおっ~!!1日でここまで完成です!!お疲れさまです~。まだ10日間もあるので、詰め込みすぎずにノンビリ行きましょう!!

秋、真っ盛り20121010-003
↑ しばらくすると韓国在住組のM氏もやって来ました。如意珠紋に挑戦中です!!時間がかかって大変なんだとか…。

秋、真っ盛り20121010-006
↑ 皆でセッセと作品を作っていたら、77歳でチャムシルからお一人でナクサン公園の壁画マウルへいらした妙齢のご婦人が偶然ダムル工房を見つけ、さらにM氏の如意珠紋を見て「私も作りたい!」と興味深々でした。

実は最近新聞で報道された「ソウルで散歩に最適な地域」ベスト10のうち、ダムル工房のあるナクソン公園壁画マウルが1位に選ばれたんです!!これからこういう飛び込みの韓国人の方が増えるかもしれませんねぇ~。

何でもご婦人はヘイリの「国際ポジャギフォーラム2012年」に行って来たとのことで、あの不便な場所にひとりで高速バス乗って行ってくるなんて…と驚きました。元気の秘密は好奇心の旺盛さなのでしょうか…。あ、写真撮り忘れた…。

秋、真っ盛り20121010-008
↑ 帰り際、M氏が布の切れ端を購入したいとのことで…

秋、真っ盛り20121010-010
↑ ダムル工房の端切れセットから色を選びますが、圧倒的にピンクが占める割合が高い…。

秋、真っ盛り20121010-009
↑ この端切れセットは李先生がご友人の韓服屋さんから分けてもらっているものなんです。チマチョゴリを作った後、捨てられてしまうような布を仕分けしてアイロンかけし、ビニールに詰め込む作業をするのは、最近お祖母さまのお仕事になっています~。

本当に韓服の端切れなので、色合いがどうしてもピンク中心になってしまうんですよねぇ~。

秋、真っ盛り20121010-011
↑ さて本当のチョガク(조각:端切れ)で作られるチョガッポ(조각포:端切褓)!!一体どんな作品に生まれ変わるのでしょうね!!

実は今日から11月中旬まで、ブログ読者さんで今回初めて工房に修行に来られる予定の人が続々といらっしゃいます!!

日本のチョガッポブーム、本当にスゴイんですねぇ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

すごい強運!!

すごい強運20121009-004
↑ 今週の土曜日に約3ヶ月ごとに行われている建国大学韓国文化体験教室のキット準備で日曜出勤の李先生~。

すごい強運20121009-002
↑ 今まではてまりを作ることが多かったけれど、今回はトゥルチュモニ(두루주머니:絞り巾着)を作るそうです。これはオクサで作ってます。

針と糸なぞ持ったこともないという初心者の外国人留学生たちでも簡単に作れる作品だそうですが、さすがに大勢の人数のキットを作ると大変そうだなぁ~。

すごい強運20121009-003
↑ ヤンダンのトゥルチュモニもあります~。

ちなみにこのトゥルチュモニはソルナルやチュソクなどの名節の日に親から新しい韓服と一緒にプレゼントされる巾着なんだそうです。中にはお年玉やお菓子を入れるんだとか…。

すごい強運20121009-001
↑ トゥルチュモニの型紙

韓国では名節日に送られる新しい服、これをテテオッ(때때옷)、あるいはコカオッ(꼬까옷)と呼ぶそうなのですが、日本語に訳すと何が一番適当なんでしょうか??

一番近いのは「晴れ着」のような気がしますが、「晴れ着」はそれこそ晴れの日に着る特別な衣装ですよね??テテオッは名節の日に新しくプレゼントされた後、名節後もずっと着る服なんです…。

どなたかぴったりの日本語をご存知でしたら、是非ご一報下さい!!m(_ _)m

すごい強運20121009-005

そうそう…、李先生のお母様が少女だった時代は名節の日が近づいてくると、母親を見て「まだトゥルチュモニを作ってないみたい…。今年はもらえないのかしら?」とヤキモキして夜も寝られなかったのだとか。

すごい強運20121009-006

この時期の子どもたちは1日の仕事が終わった夜に針仕事をする母親の姿を見て、中々トゥルチュモニが作られてないと分かると、急に一生懸命お手伝いをしたり、いい子になったりしたそうです。

古きよき微笑ましいエピソードですねぇ~。

すごい強運20121009-009
すごい強運20121009-008
すごい強運20121009-013
↑ おおっ~、さすがに20名分となると結構な分量です。

すごい強運20121009-010
↑ 袋詰め作業

すごい強運20121009-007
↑ 完成です!!この文化教室は意外と男子も多いので緑もありますね。

すごい強運20121009-014
↑ ちゃんと人数分あるか数えてます。

今回は何処の国の学生が多いかなぁ~。今までだとダントツ中国人が多かったのですが、義務でもないのに手芸を選択する男子…。うん、格好いいと思うなぁ~。

すごい強運20121009-015
↑ 留学生活の楽しい思い出になるといいですね!!

すごい強運20121009-012
↑ あ…、そういえば本日ブログの読者さんが工房見学のため訪問されました。埼玉県のN氏です。

ちなみに仕事でソウルへいらしていたため、工房に行けるかどうか分からずアポなしで一か八かでいらっしゃったとのこと…。

ここ数週間、李先生は日曜日には工房へ来ていなかったので、N氏はスゴイ強運の持ち主ですよねぇ~。

今回は仕事の都合でトンボ帰りだったため、次回ゆっくり工房へいらっしゃるとのこと…。また会えるといいですね??

あ、でもやはり事前のアポがないと土日はいない場合が多いので、こういうことはそうそう起こらないと思います。なので皆さんの場合はできればアポ取ったほうがいいと思いますよ??

すごい強運20121009-011
↑ 一緒に久しぶりにチャヂャン麺を食べました!!久しぶりだと美味しいです!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

読者さまへのお知らせとお願い

<読者さまへのお知らせとお願い>

どうにもこのブログと「docomo.ne.jp」の相性が合わないようです。

ドコモからのメールはきちんと読めますが、こちらからそのメルアドに送信すると全て返信されて来てしまうのです。

そのため申し訳ありませんが、こちらにお問い合わせのメールを送られる時は「docomo.ne.jp」のアドレスではなく、他のメルアドで送信して頂けると有難いです。

どうぞご協力宜しくお願いします。m(_ _)m
[ 2012/10/08 10:48 ] 告知関係 | TB(0) | CM(1)

メドゥプ材料

メドゥプ材料の店1005-003
↑ 先週の広蔵市場の買出しレポートの続きです~。

麻薬キンパッを食べて腹ごしらえをした後は、メドゥプ材料の買出しです。この店はキュバン工芸のアクセントに使う刺繍が沢山ありますよぉ~。

メドゥプ材料の店1005-020
↑ こちらもダムル工房ではお馴染みのメドゥプ材料のお店です。双子の姉妹が店員さんをやっています。

メドゥプ材料の店1005-002
↑ 定番の携帯ストラップやキーホルダーなども格安で売っている店なんです。半分くらいの商品を双子の姉妹がセッセと作品を作っています。

ここ1ヶ月間に福岡ぱらんまだんのkana氏のお使いや大宰府のK氏のお使いなどなど、立て続けに通って結構沢山買っていったことから、部外者の幽がちょっとした常連客になってしまっています…(苦笑)。

メドゥプ材料の店1005-004
↑ 日本人ポジャギクラスの生徒さんに頼まれて、この蝶の刺繍パーツをよく買うんですが…。

そしたら、双子の姉妹が日本人はこういう刺繍パーツが好きらしい…と思ったらしく、私の顔を見るや「新しい刺繍パーツを入荷してみたよ!!」と…。

こうなると中々買わないわけにはいかないので(苦笑)、お土産用に幾つか新しい刺繍パーツを購入してみました。

このお店は近くにあるメドゥプ専門店の半額以下の値段で買えるんですよぉ~。

メドゥプ材料の店1005-005
↑ こちらもデザインの違う蝶々のパーツ

メドゥプ材料の店1005-006
↑ これも蝶々。日本人は余程蝶々が好きだと誤解されているのかな??(笑)

メドゥプ材料の店1005-007
↑ これはお花。

メドゥプ材料の店1005-008
↑ 金魚は初めて見ました!!haru氏も「可愛い!」と購入です~。

メドゥプ材料の店1005-009
↑ これは韓国凧ですね。名節には韓国でも凧揚げをしました。最近のソウルでは中々開けた場所が少なくてあまり見ませんけどね。

メドゥプ材料の店1005-010
↑ 福チュモニもあります。

メドゥプ材料の店1005-014
↑ この福チュモニは携帯ストラップなどでよく見るパーツですよね…。

門外漢の幽にはこれらの刺繍パーツをどう使おう…とか考える楽しさは全くないのですが(苦笑)、でもこういう小さくて可愛いパーツって眺めているだけでも癒されますよねぇ~。

ここ数年で急に手造り好きな人に囲まれることになったので、そういう人にプレゼントしたらどんな作品に生まれ変わるのか…と考えると、とっても楽しみデス!!

メドゥプ材料の店1005-013
↑ 広蔵市場はポジャギ材料だけがあるのではなく、とても安い値段設定の八百屋さんもあります。

メドゥプ材料の店1005-012
↑ 果物もちょっと見ない間に随分秋のものに変わりましたねぇ~。

ただこういうモノはひとり暮らしには量が多すぎたり、市場では重たくて持ち歩けないことから、「わ、安い!!」と思っても買えないことの方が圧倒的に多いです。

メドゥプ材料の店1005-011
↑ けれども今回ばかりはすっごく美味しそうなコグマ(고구마:薩摩芋)が5,000ウォン(今のレートなら350円くらい)で売っていたので思わず買ってしまいました!!

薩摩芋は蒸かすだけで、簡単なお弁当にもなるので結構有難い食材です。こういう野菜を見ると秋の到来を強く感じますね!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/10/05 10:07 ] ポジャギ 材料購入店 | TB(0) | CM(2)

秋夕連休最終日

秋夕最終日20121004-001
↑ 秋夕当日の次の日も真っ青な青空が広がります!!暑くもなく寒くもなく本当に行楽日和のソウルですねぇ~。

秋夕最終日20121004-002
↑ 前日の秋夕当日にもしっかりご馳走になりましたが、今日は続けてランチにお呼ばれしています~。あ、定番の開城餃子が復活してる!!

でも昼食の後は連休中の長男が突然服を買いたい!!と言い出し、昨年出来たパジュアウトレットモールへ行くと言い出します…。

例え連休で生徒さんがいなくても、現在製作中の作品があるとかで午後から工房に出勤予定だった李先生ですが、「じゃ、行くか~??幽も一緒に行く??」とのこと…。李先生のフットワークの軽さにはいつも驚かされます。

ちなみに幽は一瞬〆切間近の緊急案件がチラリと頭をよぎりましたが…、「なるようになるさ!!」と付いて行ってしまいました(爆)!!あぁぁ~、こうしてやっぱり〆切間近の地獄を味わうことになるのネ…。

でも行くとなったら仕事なんか忘れて楽しまなくっちゃ!!

秋夕最終日20121004-003
↑ そしてソウルを北上し、38度軍事境界線の方角に向かって40分ほどドライブです!!

韓国と北韓を分ける臨津江(임진강)を渡ります~。38度線に近づくにつれ道路や川岸の鉄条網や警備兵が増えてきて、国境線が随分近いんだなぁ~っと感じます。

秋夕最終日20121004-022
↑ そしてほどなくして坡州のアウトレットモールに到着です!!

多くの人がショッピングに来ているため駐車スペースを探すのに少々てこずりましたが、それ以外は快適なドライブでした。いつもこれくらいの交通量ならいいのにねぇ~(苦笑)。

秋夕最終日20121004-007
秋夕最終日20121004-004
↑ 何か雰囲気が韓国というよりもヨーロッパのようでとても素敵です。

パジュ プレミアムアウトレットの紹介

秋夕最終日20121004-005
秋夕最終日20121004-006
↑ 秋夕連休中の家族やカップルでいっぱいでした!!

秋夕最終日20121004-010
秋夕最終日20121004-013
秋夕最終日20121004-009
↑ モール内には回転木馬や汽車も走っていて、ちょっとした遊園地のようになっています!!これなら子どもも楽しいですね!!

秋夕最終日20121004-008
↑ 秋夕連休らしく広場の一角には名節遊びの会場も設けられていましたよ!!

秋夕最終日20121004-012
↑ こちらはトゥホ(토호:投壷)に挑戦中のおじさん…。何でも7本中5本が入ったら1万ウォンのモール内商品券が当たるとかで、真剣にやっています。

秋夕最終日20121004-014
↑ チェギチャギ(제기차기:羽根蹴り)に挑戦中の子もいます。こちらも20回以上続いたら、商品券がゲットできるんですってぇ~。

秋夕最終日20121004-020
秋夕最終日20121004-015
↑ 山のようにあるブランドから何処を見るのか、選ぶだけでも大変です!!あ、李先生がイッセイミヤケの店に…。そういえば、李先生ってここの服、よく着ているよね…。

秋夕最終日20121004-016
秋夕最終日20121004-018
↑ 次は他店と比べてもひと際人でいっぱいのラルフローレンへ~。どうもここは長男が好きなブランドのようですが…。

秋夕最終日20121004-021
秋夕最終日20121004-017
↑ ラルフローレンのロゴを象徴するスポーツ、ポロ関係のモニュメントなんかも…。

長男だけでなく、李先生も好きなブランドということで、50~80%オフでズボンやジャケット、トレーナーなどなどを色々買っていたようです~。

秋夕最終日20121004-024
秋夕最終日20121004-023
↑ 次はビーンポールへ~。ここもちょっとラルフローレンとかぶるデザインの店だよねぇ~。やっぱりこんなに山ほど店があるのに、好きな系統ってのがあって、どうしても行く店が限定されちゃいますよね…。

ところで幽もこの機会に今の時期ちょうど着られるジャケットを40%オフで1枚買いました!!

実は秋夕連休初めの土曜日に、職場へ行く道すがらバスの中にジャケットを置いて来ちゃったんですよね…。(爆)

予想外に早く到着したこともあり、降りるバス停で慌てて起きて飛び降りた結果、こういうウッカリなことをしでかしました…。これからはバスの中であんまり寝こけないように気をつけないと…。

秋夕最終日20121004-025
↑ 楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね…。アウトレットの帰り道はもう夕日が沈みはじめていました…。今年の秋夕の連休もこれで終わりですねぇ~。

あぁ~、明日からはまたいつもの日常の始まりです!!

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

秋夕の日(その3)

秋夕その320121003-002
↑ 秋夕当日の仁寺洞ミッションを無事クリアした後は、李先生のお宅に名節料理をご馳走になりに行きました!!

いつもご馳走さまで~っっす!!

こちらは名節料理の代表格ともいえる、ご存知ノクトゥジョン(녹두전:緑豆煎)をはじめとしたジョン料理です~。

秋夕その320121003-003
↑ これは今回幽のイチ押し!!慶尚北道の郷土料理、ペチュジョン(배추전:白菜煎)!!白菜に小麦粉と玉子をつけて焼くだけのシンプルな料理なのですが、白菜が美味しいからか、野菜の優しい甘さが引き立ち美味しいんです!!

現在、ソウルは台風の被害もあったことから、白菜の値段が高騰しているのでこれも高級料理になっちゃうよね…。

秋夕その320121003-005
↑ これも名節料理定番のチャプチェ(잡채:雑菜)。韓国風はるさめ料理ですね!!

秋夕その320121003-009
↑ トラジ(도라지:韓国桔梗)とコサリ(고사리:韓国わらび)の和え物。

秋夕その320121003-001
↑ 汁物は李先生の家では開城饅頭が定番ですが、今回はクルリンマンドゥ(굴린만두:転がし饅頭)をお祖母さんが作ってくれました!!お祖母さんのご友人たちが秋夕前日にいらっしゃったそうで、そのご友人の好物料理なんだとか…。

クルリンマンドゥは豚肉のひき肉に生姜やネギなどの野菜をたっぷり入れて、小麦粉と玉子をつけてユクス(육수:肉スープ)で煮る料理だそうです~。

秋夕その320121003-008
↑ 色々名節料理があるので、これで充分なような気もするけど、肉好きの幽がいるからなのか、名節料理ではありませんが、オギョプサルの炒め物まで出てきます!!

秋夕その320121003-007
↑ さらに李先生、お得意のポテトサラダまで!!うわぁ~、スッゴイご馳走だぁ~。

秋夕その320121003-004
秋夕その320121003-006
秋夕その320121003-010
↑ ずらぁ~っと並べられた名節料理の数々~

秋夕その320121003-013
↑ つい美味しくて沢山食べすぎてしまいましたぁ~(苦笑)。秋は美味しいものが多くて困りますねぇ~。

秋夕その320121003-015
↑ デザートもしっかり頂きました!!梨茶です~。

秋夕その320121003-012
↑ 梨茶は梨に黒胡椒を差し込んで~

秋夕その320121003-011
↑ 生の生姜を煮出した生姜汁に梨を入れていきます。

秋夕その320121003-014
↑ 何でもこの黒胡椒は食べてもいいんだそうです。この黒胡椒と合わせて食べることでスパイシーな味わいがプラスされて、普通の梨ジュースとはちょっと違う味でしたぁ~。

何か中東っぽい雰囲気??かな??これも簡単にできるデザートなので梨が余っている人は試してみてもいいと思います。

こうしてお腹いっぱいになって、秋夕連休の1日目は過ぎて行きましたぁ~。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村

秋夕の日(その2)

秋夕その220121002-003
↑ とうもろこし菓子を買う…という仁寺洞ミッション1をクリアした後は、続いてミッション2のステージへ~。

ミッション2は李先生のご友人の展示会へ行くことです!!仁寺洞の入口近くにある韓国美術館で本日10月2日(火)が最終日だった『朴春花~寿衣展~』があったのです。

秋夕その220121002-009
↑ 入口には大きな花が送られていましたぁ~。

秋夕その220121002-007
秋夕その220121002-004
↑ 展示会の解説板

秋夕その220121002-005
↑ 李先生のお友達で、工房にもたびたび顔を出される朴春花先生は韓国無形文化財「針線匠11号」履修者という何気に素晴らしい肩書きをお持ちの韓服の先生です。

あ、ちなみに10月30日(火)から行われる一般財団法人日本手工芸指導協会『平成24年公募展 手工芸作品展』に、朴春花先生もまだ未発表の韓国伝統婚礼衣装を出品しているので、是非お時間がある方はお立ち寄りください!!

素晴らしい刺繍が施された韓国伝統婚礼衣装が見られますよぉ~。(^^)

秋夕その220121002-006
秋夕その220121002-008
↑ 秋夕当日ということもあり、会場はほとんど人気がなくとても静かでしたが、その分作品をじっくり時間をかけて観賞することができました。

秋夕その220121002-013
↑ 男性の「寿衣(수의)」

秋夕その220121002-011
↑ 女性の「寿衣」

秋夕その220121002-020
秋夕その220121002-015
↑ 子どものものまであるんですねぇ~。

ちなみに「寿衣」とはお亡くなりになった方に着せる衣服のことです。韓国では少し前までは土葬が基本でしたので、死後はこの寿衣をまとい棺に納められました。

秋夕その220121002-014
秋夕その220121002-016
↑ 奥のほうにはチョガッポ作品もありますね??やはり死出の旅路を供にする作品だからか、普段見慣れているチョガッポとは全く違う趣があります…。

秋夕その220121002-017
↑ 李先生もチョガッポ作品を随分熱心に見ています~。やっぱり普段作り慣れているチョガッポ作品とは全く違う目的で作られている作品だから興味深い…とのことでした。

秋夕その220121002-018
↑「深衣(심의)」も展示されていました。

「深衣」とは全ての公職から辞退した官吏が、引退後に着る衣服のことです。時代が下ると徳が高い儒学者たちが着るようにもなったそうですが…。

秋夕その220121002-012
秋夕その220121002-019
↑ テーマが人の死にまつわる神聖な衣服だったことと、展示会場が李先生と幽の貸切状態だったこともあり、まるで別世界にいるような幽玄の世界が広がっていました。

本当にご先祖を迎えてもてなすための秋夕当日にふさわしい展示会でしたね…。

秋夕その220121002-001
↑ けれども別世界のように静寂だった美術館を一歩外に出ると、相変わらずの仁寺洞の喧騒です~。こちらは文化体験広場の会場です。

秋夕その220121002-002
↑ 子どもたちが太鼓を鳴らしたり、それに合わせてサムルノリの踊りをしたり~

秋夕その220121002-010
↑ 人形が着る韓服をつくる体験教室もありました!!

このように秋夕当日の仁寺洞ミッションをこなした後、次は李先生のご自宅へ行きますよ!!秋夕のお祝い料理が準備されているんですってぇ~。

…ということで、明日は秋夕名節料理をご紹介します(秋夕編、まだまだ続きます~笑)。

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
[ 2012/10/02 10:14 ] ポジャギ 展示会報告 | TB(0) | CM(0)

秋夕の日

秋夕の日02121001-011
↑ 一週間くらい前の秋夕の予報では旧暦8月15日にあたる本日、秋夕当日は雨が降る…、そして雨が止んだ後はぐっと気温が下がる…との予報が出ておりましたが、嬉しいことにピーカンの青空が広がりました!!

秋夕の日02121001-009
↑ 秋夕のソウルは多くの人が故郷に帰省するため、人が少なくとても静かなのです。毎日江南まで1時間ちょっとかかるバスの道のりがたった30分で到着するほど車の量も少ないのですが…。

この景福宮周辺は違うようです。李先生が仁寺洞に用事があり、ここまで来たら本日無料開放の景福宮へ行ってみようか…ということになったのですが、本当にスゴイ人です!!

秋夕の日02121001-002
秋夕の日02121001-005
秋夕の日02121001-007
秋夕の日02121001-008
↑ 人波に押されるようにして、興礼門をくぐって勤政殿までやってきます!!いやぁ~、ソウル全体が静かなぶん、まるでここに全員集まったような錯覚を覚えます。

秋夕の日02121001-006
↑ しかしさすが2大名節の日だけあって、見学者の中には沢山韓服を来た子どもたちがいましたぁ~。

秋夕の日02121001-010
↑ 兄妹とお父さんかなぁ~??

秋夕の日02121001-001
↑ お祖母ちゃんが構えるカメラに向かって家族で「キムチ~」

秋夕の日02121001-003
↑ お父さんの肩車は見晴らしが良さそうだね??

秋夕の日02121001-012
↑ 圧倒的に子どもの韓服率が高いのですが、ちょっとお姉さん世代の人もチラホラ見かけます~。

秋夕の日02121001-004
↑ この韓服の男の子たちは刀みたいなものも持ってますね??ちょっとコスプレっぽい…(笑)

秋夕の日02121001-013
秋夕の日02121001-014
↑ コスプレっぽい…と言えば、景福宮の門番の人たちもそうですよね…。観光客が次々と隣に行って写真を撮っても表情ひとつ変えないのですよぉ~。ご苦労さまです。 

秋夕の日02121001-016
↑ 景福宮の外ではサムルノリの準備も…。これから公演が始まるのかな~。

秋夕の日02121001-015
↑ あまりの人波に驚いて、早々に仁寺洞の用事を済ませて帰ろう…ということになりました。道すがらも韓服の子どもがあちこちにいますねぇ~。

秋夕の日02121001-023
↑ 仁寺洞もすごい人です!!いやぁ~、何処かの縁日みたいな人ごみですねぇ~。

秋夕の日02121001-021
秋夕の日02121001-022
↑ あ、仁寺洞にも韓服の子どもがいっぱい~。この子みたいにサングラスをかけている子どもが多かったのが意外といえば意外…。今年の流行なのかな??

秋夕の日02121001-028
↑ アイスクリームは美味しそうだけど、新品の韓服にこぼさないでねぇ~(笑)。

秋夕の日02121001-024
秋夕の日02121001-025
↑ さて金曜日、土曜日と親戚やお祖母さんの友人がひっきりなしに来て、ようやく本日ほっ…とひと息つけたという李先生~。名節の時期の主婦は何処も大変ですよねぇ~。

今年は数年ぶりに秋夕当日がちょっと暇になったとかで、趣味の古道具も用事ついでに物色です~。

秋夕の日02121001-026
↑ 本日、仁寺洞まで来たひとつ目の目的、とうもろこしのお菓子です~。カールに似ているけどもうちょっと硬くて味がないお菓子を買いに来ました。

秋夕の日02121001-027
↑ 何でもドイツ在住の妹さんにどうしても食べたいから送ってくれ…と頼まれたそうなんです。ちょっと前までは市場の何処にでも売っていたお菓子なんだそうですが、最近ではマートなどでは全然売っていないので、わざわざ仁寺洞まで買いに来たとのこと…。ご苦労さまです~。

無事、ひとつ目のミッション終了です!!明日はふたつ目のミッションをご紹介します~。(続く)

↓ ブログ村のポジャギカテゴリーに参加しました。クリックして頂けると李先生のモチベーションが上がるようです(笑)!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ポジャギへ
にほんブログ村
プロフィール

ダムル工房

Author:ダムル工房
日本人ゴーストライターが書く李賢淑先生の徒然雑記。

問い合わせメール先
damurukobo.pojagi0309@gmail.com
※「docome.ne.jp」のメールアドレスでは、何故かこちらから返信ができません。申し訳ありませんが他のメルアドから問い合わせして下さい。ご協力宜しくお願いします。
ブログ訪問者さま
最新記事
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。